2012年09月29日

ボチボチ釣れてるよぉ〜ですが

暗くなるのが早くなりましたねぇ〜。

夕方5時半くらいになると、薄暗くなり、今日も一日終わったぁ〜感で

屋外に居るのが寂しくなってきます。

ついこの間までは、7時ごろまで明るくて、まだまだ遊び足らんでぇ〜だったのに。

夜が長くなる=夜遊びが増える

ボチボチ夜釣りで、大型にチャレンジしましょうかねぇ?


水曜日に神崎へ行ってきました。

5時過ぎに起きたけど、なんかフニャフニャしてたら、出発は6時になっていた。

西舞鶴の富永釣具でエサを買って、神崎の浜へ。

舞鶴の端から端への横断で、着いたのは6時半を回ってました。

雨が降った後なので、浜の東側へ。

車を止めて、海の様子を見に行きました。


ふっふふ・・・今日は心騒ぐぜぇ〜!

12092601.jpg.JPG

良いぃ〜波が来てるぜぇ〜

12092602.jpg.JPG

さっそくボードを降ろして・・・

って、ちゃうがな。

ボクはサーファーでも、ウィンドサーファーでもない、ただの釣りに来たオッサンやがな。

この波の中から、キスを引きづり出す腕も気力もおません。

今日は北風が吹いて、沖からキスが寄って来ると睨んでの釣行ですが

これはちょっとヤリ過ぎちゃうの・・・

宮津湾か小浜湾への転進を考えましたが、せっかく来たし由良川河口でやってみる事に。

12092603.jpg.JPG

前回来た時と同じで、まだ中州が大きく張り出しています。

あれから結構、強い雨も降ったのですが、

河口の様子を変えるほどまでは無かったようです。

これじゃ〜キスも、川を上って来れないな・・・

あきらめながらも、第1投。

12092604.jpg.JPG

すぐにコンコンと、嫌なアタリ。

アイツやな。

リールを巻いてくると、オモリの後ろに、水面をすべるように付いています。

ヒイラギです。

あっちへ投げても、こっちへ投げても、コイツです。

30分ほどでギブアップです。


由良川鉄橋を渡るタンゴブルーのKTR700型

12092605.jpg.JPG

ボク、サーファーを目指そうかなぁ〜♪

あっ、腹が邪魔でパドリングでけんかも・・・泣
posted by maiduru at 21:46| Comment(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

秋ぃ〜♪

昨晩、というか深夜12時ごろから、カミナリを伴うスゴイ雨が3時ごろまで降り続き、

洪水警報でも出るんじゃないか?と、思いながらも半分夢の中でした。

週明けに、舞鶴の神崎の知人から「浜では、キスが釣れ出しましたよぉ〜」と、

25cm前後を3匹頂きまして、こりゃ〜行かないと!と思っていましたが

雨の勢いにあきらめて、今朝はゆっくり起きたのですが・・・

晴れぇ〜♪

まぁ〜あれだけの雨量でしたから、行っても濁りでダメだっただろうと強制納得です。

晴れてる割に涼しく、過ごしやすい一日でした。

さすがに、もう秋ですね。


昨晩9時ごろに、コンビニが隣にある本屋さんに寄って、買い物を済ませ出てくると

入り口付近で中学生らしき子供が2人、自転車に乗ったところでした。

「じゃぁ〜、お疲れぇ〜」

「お疲れさん〜」

と、挨拶を交わして去っていきました。

塾の帰りだったんでしょうか?

去っていく2人を見て、ジワリと思いました。

『お疲れぇ〜』って・・・

なんか、人生に疲れているように聞こえませんか?

自分の大昔を思い起こしてみて、たぶん「じゃぁ〜また明日〜♪」が、

友達との別れの挨拶だったような気がします。

中学生が「疲れていて良いのか?」と思ってしまいました。

子供を育てた経験が無いので、あくまでも自分の思い込みですが、

中学〜高校って、いろんな事を目標に出来る、キラキラ光る年頃じゃないのかな?

それが、仕事に疲れた勤め人のような言葉に、ビックリでした。

考え過ぎなんでしょうか?


明日は晴れて、北の風も吹くようですので、秋ギスでもシバキに行ってきます。

では、お疲れぇ〜。




posted by maiduru at 22:18| Comment(2) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

秋キス調査

舞鶴では、このところ夜になって霧が出ています。

濃霧とまではいかないけど、車のフロントガラスを曇らす程度に。

10年ほど前の今頃、夜中に若狭湾の釣姫に向かって上中から抜けていたとき、

すごい濃霧で前が見えず、道の真ん中に立っていた鹿を直前で見つけ

急ブレーキをかけて止まった事がありました。

スピードを出していなかったので止まれましたが、問題のシカさんは

何事も無かったように、悠々と仲間が待ってる田んぼの中へ、去っていきました。

まぁ、シカで良かったのですが、これがゾンビなら釣りを止めてたでしょうね。

夜中の濃霧は、あらゆる意味で「怖い」のです。

ちなみに、大阪から川西市を抜けてR173で日本海を目指すと、

ちょうど明け方に篠山を通る頃になると、まるで雲海のように

低い場所に霧が立ち込め、幻想的な風景を見せてくれます。

今年も、そんな季節になりました。



キスが釣れてないようで、良い話がありません。

小浜湾の岡津にある渡船屋さんの釣果速報で、船釣りの28cmまでの数釣りを

紹介しているぐらいで、他はサッパリです。

それならボクが、ひと足早く「落ちギス」情報を・・・

というワケで、水曜日の早朝に行ってきました。

6時!が早朝かどうかはおいといて、ちょっと肌寒い中、エサを買いに黒鯛釣具へ。


じゃぁ〜ん!

12091901.jpg.JPG

賞品を受け取りました。

釣り大会のスタート直後の6月に出した記録が、結局、更新も出来ず終了し

5位とはいえ、複雑な心境です。

店員さんにお礼を言って、出発です。

本日は、釣り大会で成績の良かった「内浦湾」を探索してみます。

前回、竿を出さなかった「日引」へ。

12082906.jpg.JPG

水深もあって、キスが隠れそうなシモリも点在して、ちょっと期待します。

1投。

2等。

3党。

ケッ!ここは見かけ倒しじゃ〜!

早々に道具を仕舞って移動します。

ふむ。まだ太陽も低いし、ここは浅場の砂浜を攻めてみるか・・・。

12091902.jpg.JPG

宮尾です。すすむ、は居ません。

いつもなら、浜の中央にある川沿いから入るのですが、久しぶりに手前の坂道を降りて

磯場から探る事にしました。

キスが潜んで居そうな岩場の際へ・・・ガキッ。

ふむふむ、近づき過ぎたのね。

仕掛けを作り直すと、

なら、もうちょっと離して・・・ガキッ。

ふむふむ。まだ近い・・・ん〜、って!オラァ〜、歳取って丸なった思とったら

痛い目に合わすぞぉ〜!ボケッ〜!

泣きながら、浜の中央へ移動。

仕掛けも作り直して、ボク的の遠投をかます。

ズル、ズリ、グリッ、ググッ。

なんじゃ、この感触は?

さびいてみると、重いだけの感触に、わずかに魚らしきタリも混じります。

上げてみると、大量のゴミ(落ち葉?切れ藻?)に混じって、

20cmほどのガッチョが付いてました。

場所をズラして投げますが、底はゴミでいっぱいのようです。

かつて山口百恵も言ってましたが「やってられないわ」

移動。

しかし、坂道を降りる時に思い出しておくべきだった。

帰りは、登りになる事を。

これがイヤで、ちょっと離れた場所から浜へ出ていたのに。

もぅ〜、ゼェ〜ゼェ〜、ハァ〜ハァ〜。

安物のアダルト・・・言わせねぇ〜よ。(下ネタ監視委員会)

ようやく車に戻り、冷たい水で顔と手足を洗うと、ホッと一息。

さて、さて。

12061608.jpg

今夏、調子の良かった「ヒロセオートキャンプ場」へ。

8時半ごろでしたが、管理棟に車が止まっていて、どうやら管理人さんが居るようです。

まぁここまで来たし、500円は払っておくか・・・で、受け付けへ行くと

こ「駐車代です」

管「なに狙いの釣りですか?」と、領収書を差し出しながら聞かれました。

こ「キスなんだけど」

管「えぇ〜っ。キスはアカンでぇ〜。お盆を過ぎてからサッパリやわ。

  それまでは良く釣れたんやけど、今はアカンわぁ〜。今日は止めとき。」

  と言って、領収書を破いてしまった。

こ「せっかく来たのになぁ・・・釣れませんか・・・でも、やってみますわ!」

  500円を受け付けに置くと

管「釣れんのに、駐車代はもらえんなぁ・・・そんなら、一応釣ってみて

  釣れたら駐車代をもらうわ」

こ「釣れるかどうか、やってみますわ。」

こ(悪)『おっちゃん、悪いけどウデが違うねん!』

管「まぁ〜やってみて」



1時間後。


管理人さんに、

こ「ボクの人生と一緒で、他人の忠告は素直に聞かなアカンね」

管「ほぉ〜、エライ話になってきたなぁ・・・ワシも10年近く、ここの管理を

  してるけど、今年はよぉ〜釣れたなぁ。」

こ「舞鶴の釣具屋さんでも、ここを薦めてたみたいやし」

管「よく来るお客さんで、沼田さんって言うお婆さんが居ってなぁ〜

  投げ釣りで30cmのキスを釣ったんやけど、キスに引っ張られてヨロけて

  海へ入りそうになったのが何回もある、言うくらい釣れたんやけどなぁ」

 (釣り大会で2位なった人や・・・お婆さんだったのね)

管「すぐそこの、テトラの内側で釣れたんやでぇ〜」

こ「今まで、内浦湾って、あまり聞かなかったのにねぇ〜」

管「どうもなぁ・・・高浜原発の影響みたいやな。原発の温排水が出なくなって、

  日引の養殖場ではカンパチやシマアジが死んで、神野浦では和歌山から取り寄せた

  ヒオウギ貝が全滅した言うし、水温が下がったんやろなぁ〜」

どうやら、キスは戻ってきたけど、養殖は大打撃。

でも、苦情を言って行くところも無いし、漁師は泣いてるという話でした。

原発が止まると、電力不足で困るだけじゃなく、いろいろ影響があるものですね。

無事に駐車代も払う事もなく、五色山公園を後にしました。

ついでに、隣の神野浦へ。

12091903.jpg.JPG

白く丸い建屋が高浜原発で、すぐ目の前に見えます。

内浦湾の一番奥にあるのが神野浦です。

漁港に車を止めましたが、戦意喪失で、エサを撒いて帰りました。

若狭湾沖では、表層10m付近の海水温が、いまだに25度を越えているそうで

これが下がらないとダメなんでしょう。

また今度。



帰り道に、難波江を通ってみました。

12091905.jpg.JPG

12091907.jpg.JPG

久しぶりの難波江ですが、舞鶴へ帰って来てから初めてです。

これには理由があるのですが、

遠浅の砂浜で、車で乗り入れ出来る数少ない浜で、ボクの想いでの渚です。

この話も、また今度。

posted by maiduru at 09:21| Comment(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

結果発表

黒鯛釣具店の「キス釣り大会」の最終結果が出ました。

結果から言いますと、

5位でした。

わぁ〜い♪わぁ〜い♪

って、結構喜んでるじゃん!だから進歩がねぇ〜んだ!

お言葉ですが・・・郵政公社の保険なら入ってますが?

そりゃ〜カンポだろぉー!

あぁ〜、それだったら、大きくはないんですけど、ボクも男ですから・・・

言わせねぇ〜よ!

(アカン、また下ネタに逃げてしまった・・・泣)

そんなこんなは置いといて、

途中、3位だったボート師が、締め切り前日に『尺』を釣って逆転して1位に。

上位が繰り上がっただけなので、ボクには順位の変動も無く

途中経過の5位のままで、最終順位の決定となりました。

もっとも、賞品の方は5位も6位も同じ内容なので、まぁ〜それくらいの価値かと。

投げ釣りが上位を占めていたのですが、最後でボート釣りに負けてしまい

ちょっと残念です。

それから、今年の大会の賞品が前年と違っており、5位は「パイプ椅子」でした。

個人的にはステッカーのメジャーは欲しかったのですが・・・

せっかく頂けるモノですから、喜んでありがたく頂戴して来ようと思います。


それにしても、参加者が少ない割りに、尺ギスが3匹出ました。

他にも、尺ギスの釣れた話は、あちこちで聞きますし

今年は尺ギスを狙える可能性が、一番高い年じゃないかなぁ〜。

落ちのシーズン・インが楽しみです。


posted by maiduru at 06:36| Comment(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

ゲゲッ!その5

先日、黒鯛釣具店へエサを買いに寄ったとき、

店「まだ2日ありますし、頑張って逆転して下さいよぉ〜♪」と言われ、

こ「そのつもりだけどねぇ・・・ちなみに、最終日の金曜日は何時まで?」

店「えぇ〜っと、午後11時まで開いてます。」

まぁ〜、念のため聞いておいた。

しかし、水曜日があまりにも不甲斐ない結果で、これは行くしかないかなぁ・・・


で、金曜日早朝、現場へ直行を口実に走りました。

12083101.jpg.JPG

朝4時過ぎに家を出て、5時半ごろに「田烏」に到着。

この風景を画像に収めるのは、いったい何枚目になるんだろう?

双眼鏡を出して確認しますが、釣姫の大波止には釣り人が居ますが、

田烏側のポイントには誰も居ません。

え?双眼鏡ですか?

別に浜辺に居る、水着姿のおねぇ〜ちゃんを見る為に持っているんじゃなくて、

仕事で使うからですよ。念のため。

田烏の駐車場に止めて、道具を持って出発です。

が、白灯台から始めて、護岸沿いを探りながら移動しますが、アタリません。

場所の選択を間違えたかな?と思いながら、朝まづめの良い時間を

移動に費やすより、もう少し探ってみる事に。

釣姫との間の岩場へ降りて、ようやく15cmほどのキスが来ました。

12083102.jpg.JPG

エサ取りの豆チャリに邪魔をされますが、一応、キスは居るようなので

粘って投げ続けますが、やはり15cmが限界です。

ここに来るとよく入るポイントの岩場には、朝も早いのに(8時前)

若い子達が泳いでいて入れません。

12083103.jpg.JPG

8時半ごろに、ようやく泳ぐのを止めたようなので移動。

すでに太陽は、元気にサンサンと照り付けますが、ここは日陰になっていて

まだ我慢できます。

12083104.jpg.JPG

まだ、タコ漁の網も入っていないので、イケス周りを探れますが

良い時の、ガァガァ〜ンというような強烈なアタリは出ません。

20cm弱と15cmほどのキスが、ダブルで釣れたのが唯一

『おぉー!』でした。

9時半ごろまで粘って、ようやくあきらめました。

すでに海水浴客は来ないのか、駐車場の料金徴収も無く、

来る途中の小浜の「雲城水」で汲んできた水で、手と顔を洗って(気持ちイィ〜)

少し休んで帰りました。



いつもなら終わるトコですが・・・


湾外がダメなら湾内は?という事で、堅海を覗いてみました。

12083105.jpg.JPG

対岸には大飯原電が見えますが、別に、ゴジラが放射能を浴びて大きくなった・・・

ホンマ「原発銀座」とは、よく言ったもんです。

波止には、サビキ釣りをする人が2名だけ。

釣れているアジも、まだ5cmほどでした。

先端、中間と移動して投げますが、当たるのは豆チャリだけ。

11時前になって、あまりの暑さにギブアップ。

小浜湾内もダメか。



いつもなら終わるトコですが・・・



夜を待って、宮津湾へ最後の攻撃を仕掛けるつもり


12083106.jpg.jpg

だったのですが、

夕方から、ゴロゴロと雷が鳴り出し、突然のドシャ降り。

アカンなぁ〜。

雨はともかく、カミナリはダメです。

この夏のボクのイベントだった「キス釣り大会」も終了しました。

6月から3ヶ月間、楽しませてもらいました。

結果には不満足ですが、たくさん有ったチャンスをモノに出来なかったも

ボクの実力なんでしょう。


いつもなら終わるトコですが・・・


夜、黒鯛釣具のブログ更新を見てみると



ゲゲッ!


30日に小浜湾で30.8cmが出てました。

と、いう事は・・・

またまた降格して『 6位 』?

posted by maiduru at 06:11| Comment(9) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

追い込み

29日の水曜日、早朝からの釣りを予定しましたが、起きれたのが6時過ぎ。

計画では、干潮の05:30から、満潮の11:30で

大ギスを確保する予定だったのですが、現場着は午前7時ごろ。

12082901.jpg.JPG

内浦湾が好調な様なので、湾の入り口にあたる「上瀬」で、

湾内に出入りする大ギスを、一網打尽!計画です。

11時の終了予定まで、4時間もあります。

今回は大波止から狙うつもりだったのですが、あいにく「イカ様」が6人ほど。

おいおい、平日やと言うのに・・・と、自分は棚に置いて愚痴ります。

先端部も、付け根部分も空いてないので、中間部から、定番のイケス周りを狙います。

結構、水深があります。

1投目から10cmほどのキスが当たってきました。

へぇ〜、居るやん。と、安心して竿数を増やすほど若くはありません。

さらにイケスへ近づけて投げます。

クゥィ〜ン、クゥィ〜ンと嫌な感触。

しっかり、イケスの固定ロープを越えたようです。

高速回収の指令を出しましたが、あと一歩のところでガチッと錘が捕まったようで

竿をあおると、仕掛けまで絡まったみたい。

しょうがないなぁ〜、イケスを岸まで引っ張り寄せて取るしかないなぁ・・・

ヨイショ。ブチッ。

錘ごと獲られました。(漁師さんスミマセンです)

さて、こうなると投げれる範囲が限られてきます。


帰ろう・・・。


と、いつもなら帰る状況ですが、さすがに締め切り間近(キス釣り大会申請)だけに

場所を移動しました。

12082902.jpg.JPG

いつものボート出船場です。

気を取り直して、突堤から港内を探ります。

ククンと小さな当たりで、やっぱり10cmほどのキス。

その後も、豆チャリコが混じって同型を3匹。

沖向きに投げてみると、15cmほどのキスがダブルで付いてきました。

やっぱり沖の方が、型が良さそうです。

もっと遠くへ。

技術的にも、体力的にも、遠山金四郎景元的にも、遠投は嫌なので

12082903.jpg.JPG

地磯の前に出て、高浜原電の方向へ投げます。

12082904.jpg.JPG

別に、ゴジラと同じように放射線の影響で大きくなったキスを狙う為・・・ではナイ。

ちなみに、ボクは原子力政策は抑止派です。

釣り場や観光地、公共の場のゴミの始末も出来ない日本人に核エネルギーのA〜Zは

出来ないと思ってるから。

移動して投げますが、10cm程度にキスにガッチョやチャリコが釣れるだけ。

8時を回って、日差しも勢いを増してきたので、もっと水深のある所へ移動を決定。

移動といっても、隣の日引ですが。

12082905.jpg.JPG

港の北側は、イケスが目の前にビッシリと入ってます。

養殖のフグが盛んですが、そのエサのカスが底に溜まって、ヘドロ化してるとか。

12082906.jpg.JPG

南側は、港外から続く地磯もあって、雰囲気も良さそうです。

さっそく降りて行きます。

昔の護岸から、イカ様が2人ほど竿を出していましたが、埋立地のコーナーからなら

邪魔にならず竿を出せそうです。

12082907.jpg.JPG

画像に収めていると、後ろの方で車が止まりました。

軽トラに乗ったお爺さんが

爺「釣りするんかなぁ〜」と声をかけて来た。

一瞬、? と思ったが、直ぐに駐車料金の徴収に来たのだと判った。

なぁ〜んか、遠くで見ていて『ヨシヨシ、カモが来たぁ〜』と、

駆けつけて来たようで、プチっと切れた。

こ「なんでこんなトコで釣りせなアカンねん。ここは釣れんって聞いてるわ!」

と、大人気ない言葉。

無言のお爺さんを残して、車で走り出しました。

暑いなぁ〜・・・帰ろ・・・。


まだ締め切りまで、2日もある。いや、2日しかナイのか?


《 番外編 》

自宅から内浦湾へ向かうには、青葉山の麓に沿って行くのだが、その途中に

舞鶴カントリークラブが在る。

山岳コースだと聞いているので、渚のシンドバッドなみにアチラコチラと

飛び回るボクには不向きなコースだと思って、今まで一度もラウンドした事が無い。

ちなみに、30年ほど前に、初めてコースに出た時に110をちょっと出るくらいの

スコアで回り「キミには才能があるのかも知れない」と言われ、

30年たった今では、110をちょっと切るくらいのスコアで回り

「キミには才能がないのかも知れない」と言われる腕前です。

冬場はクローズしているコースという事と、7,8年前にリニューアルしているので

思ったよりキレイなコースでした。

帰り道に、若狭富士と呼ばれる青葉山が綺麗に見えたので、車を止めて

眺めていると、山の中腹あたりに集落が見えた。

あんな高いトコで暮らすなんて、厳しいだろうな・・・そうか!

あれが杉山地区ちゃうんかな?

12082908.jpg.JPG

舞鶴の地酒で『大杉』という純米酒があるのですが、値段の高いお酒で、

生産量も少なく、話に聞くだけのお酒で、飲んだ事はありません。

そのお酒を造っているのが「大杉地区」です。

さっそく山を下って、途中の脇道から大杉を目指しますが、急な坂道を

クネクネと細い道を登って行きました。

この道は、西国第二十九番札所・松尾寺へ続いているようです。

12082909.jpg.JPG

10分ほど登ると、ありました。

平成の名水百選「大杉の清水」です。

小浜の雲城水と同じですね。

12082910.jpg.JPG

ちょうど2Lのペットボトルの空きがあったので、分けて頂きました。

ついでにゴクリ。

軟水の美味しい水でした。

振り返ると、遠くに舞鶴湾が見えます。

この山の麓の地区は、同じ舞鶴でも2〜3度は気温が低いと言われてます。

ましてや、青葉山にはよく雲がかかっているワケですから、住環境としては

厳しい所なんでしょうが、その厳しさが自然を残すんでしょうね。

棚田には、まだ青い穂が、風になびいていました。


posted by maiduru at 04:06| Comment(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする