2012年12月31日

賀正

2013newyear.jpg


あけまして おめでとう ございます。

今年も よろしくお願いします。

自己記録の更新を目指して 頑張ります!!

元旦 こ〜じ
posted by maiduru at 23:56| Comment(8) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

年の瀬

今年も、あと数日を残すところとなりました。

舞鶴では、昨日から雨が降っていて、クリスマスに降った雪を溶かしています。



明日の29日は、最低気温も7度と高めで、雨も風も心配ないという天気予報に、

年内での釣行のラストチャンスと思っていたのですが、予定が入ってしまい

行けそうにありません。

どうやら、このまま年を越しそうです。


今年は、春からキス釣りに全力投球で、

大キスの当たり年と重なって、秋までキスを追いかけていました。

残念ながら、自己記録の更新はなりませんでしたが、

たくさんの方と知り合う事もできましたし、

当ブログにも、多くの方に訪問して頂く幸運もありました。

相変わらずの「魚の出て来ない釣りブログ」ではありますが、

来年も、ネットの片隅で、細々と続けていけたらと思っています。

釣り場でご一緒させて頂いた皆さま、ブログをご覧頂いた皆さま、

全ボのメンバーの皆さま、

今年もありがとうございました

良いお年をお迎え下さい。

2012ariga.jpg
posted by maiduru at 14:18| Comment(6) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

たまには

玉には・・・と書くと、意味が違ってくるのですが、正しくは「偶には」です。

今日の昼、空は曇ってますが、雨の心配は無さそうなので「偶には地元で竿を出してみるか」

と言う事で、舞鶴・野原漁港まで行って来ました。

本来は、早朝に家を出て、但馬・竹野へ行くつもりをしていたのですが、なんと、

目が覚めたのが午前9時でした。

夕まずめだけを狙って、片道100kmを走るのは、ちょっと心が折れてしまい

せっかく用意をしていたのですが止めました。

来週からは「雪」の予報ですし、年内の釣行は終わりと思っていたのですが

釣果はともかく、投げるだけ投げて来ようと出かけました。

野原までは、山を越えなければいけないのですが、峠の道は路肩に雪が残り、冬の道です。

舞鶴市内より2〜3度気温も低いようです。

路面凍結注意が出ていましたが、長い坂道の連続ですので、充分な注意が必要です。

ちなみに、今の時期、一番冷え込みがキツイのは夜明け前と思われるかも知れませんが、

天候によっては、夜より昼間が最低気温の場合がありますので、油断出来ません。

野原港・大波止
12122101.jpg.JPG

野原港・水揚げ場
12122102.jpg.JPG

曇り空ですが、微風で、釣り易い日です。

先端より、港内を狙って中間部から竿を出しました。

12122103.jpg.jpg

3時から4時半まで粘って?、キス23cmのみ。

情熱と釣果が比例するとしたなら、まぁ、こんなモンでしょう。


posted by maiduru at 00:10| Comment(4) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

惨敗

先週の金曜日に釣行するハズだったのに、急用で中止となり、

さて、今度はいつ行けるかなぁ〜と考えていたら、運良く?京丹後市での打ち合わせが入り

「出来たら月曜日に・・・」と、天気予報を見て誘導しました。

そんなワケで、ちょこっと網野町で竿を出してきました。

用事を済ませて、釣り場へ着いたのは午後2時頃でした。

12121701.jpg.JPG

思ったより波は高く、浜では数人のサーファーが楽しんでいました。

さて、目指す釣り場の状況は?

12121702.jpg.JPG

大丈夫のようです。

ポイント近くに車を止めると、アレ?雨が降ってきた・・・

『おかしいなぁ〜、天気予報では、雨は持ちそうだったのに』

西の空は、雨雲ではナイようだったので、そのうち止むだろうと希望的観測です。

「夕日ヶ浦・つなぎ鼻」

12121703.jpg.JPG

海が荒れた後は、大型チヌが狙える場所です。

もちろんカレイの実績場でもありますが、今回は、

もう少し先にある夕日港の新大波止へ来ました。

12121704.jpg.JPG

『およ?』

なんと、波止の中間部にフェンスが出来ています。

安全管理の為の、立ち入り禁止処置だそうです。

割と幅の広い波止だったのですがねぇ〜。

中間のコーナーから、波止先端の航路筋へ投げると、大きなホウボウが釣れたんですが・・・

愚痴を言ってても仕方ないので、道具を持って、つなぎへ入りました。

12121706.jpg.JPG

とりあえず、一番高い場所から投げてみました。

ホンマ、久しぶりの30号のオモリで、足場も狭いし、大丈夫やろか?

なんとか2本の竿を出して、様子見です。

2〜3投目に、浜に平行に出していた竿が、ゴンッと竿先が入りました。

慌てて手持ちに代えて、少し道糸にテンションをかけてみるとゴン、ゴンと2度のアタリです。

いつものクセで、即アワセ!

ジャッー!

キャハハハ〜♪自分でも笑いましたが、ドラグをフリーにしていたのをコロッと忘れていて

見事なバックラッシュです。

ベールを起こして、絡んだ道糸を落としてからリールを巻き直すと、すでに魚の気配はナシ。

ざ、残念・・・。

その後、小雨とそよ風と高い釣り座に危険を感じて、手前に移動しました。

12121705.jpg.JPG

12121707.jpg.JPG

フグのアタリみたいなのばっかりです。

ハリも2本取られました。

結局は、そのまま4時過ぎまで、海を眺めていただけでした。

12121708.jpg.JPG

どっかの選挙結果と同じで「惨敗」でした。

帰ろうと車へ戻ると、若いキャスターが道具を背負って、ボクと入れ違いに「つなぎ鼻」へ

入られてました。

なんでも、半夜で真鯛とカレイを狙うとか・・・

頑張ってるなぁ〜♪
posted by maiduru at 00:15| Comment(4) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

曇時々晴たまにミサイル

来週13日木曜、14日金曜あたりが晴れるようですが、冬場は案外、晴れると風が出ます。

たぶん、土曜日あたりがベストになりそうですね。

翌日の総選挙を控えて、のんきに釣りへ行くのもなぁ〜。(非国民と呼ばれるか?)

おまけに、日本政府は北朝鮮による長距離弾道ミサイルの迎撃準備が完了したと言ってるし、

破片が降ってきたらイヤやし・・・

まぁ〜、釣りへ行かない口実は沢山有りますが、そろそろビシッと決めないとねぇ〜♪

日本海新聞、山陰中央新報、神戸新聞、かめや釣具、ポイント釣具その他、いろいろ情報を

検索しましたが、但馬あたりまでは釣れている様子なんで、ちょっと期待できるカモ。

カモだけに、ネギを背負って鍋に入るかもしれませんが、

一応、14日釣行で予定を立てましたが・・・さて?

心配なのは、釣果でもなく、天候でもなく、1年半ぶりに27号や30号のオモリを投げる事です。

大リーグボール養成ギプスを外して行かんとアカンなぁ・・・
12120801.jpg

飛べ!4色ぅ〜!

posted by maiduru at 22:47| Comment(4) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

暴風雪の予報ですが

日本には、現在6隻の「イージス艦」が就航しているのだが、その内の2艦が

舞鶴に配備されています。

Aegis.jpg

12月という年の暮れに、クリスマス前というのに、悪天候だというのに、

2艦とも警戒警備で出航しました。

ご苦労なことです。

北朝鮮のミサイル発射準備に対応しての配備でしょうが、

新年もクリスマスも無い国への対応ですから、しかたない事ですが、ホントご苦労様です。


舞鶴という土地柄、海上自衛隊隊員の親戚、知人が多く、

中には相当パンチの効いた輩も居ます。

数年前には、舞鶴港に停泊中に、砲艦をぶっ放したヤツが居まして、

隊員総出で、着弾した訓練用の砲弾を探していた事もありました。

でも、概ね、住民との関係は良好です。

また、舞鶴には、海上保安庁の第八管区海上保安本部と、保安学校があって

やっぱり親戚、知人が多く居ます。

海上自衛隊と保安庁とが、お互いに意識するのか、住み分けが出来ていて

街は微妙なバランスで成り立っています。



(以下は、個人的感想なので読み飛ばして下さい)

この、日本海側の国防の拠点である舞鶴の隣にある小浜市で、不幸にも
「拉致事件」が起こった事は、無念でなりません。
私の親父は、小浜海上保安署に1961年から67年までの6年間勤務していましたが
当時の巡視艇は、船足の速い漁船に追いつけないと、愚痴をこぼしていました。
1978年の事件が、北朝鮮による拉致と判明した時に、親父は随分怒っていました。
事件当時の親父は、舞鶴海上保安学校で生徒に教えていたので、直接の責任は
感じて居なかったようですが、海上保安官として恥じていたのでしょう。
拉致にあった地村さんとは、1歳違いですので、私がアホな学生生活を送っていた時に
悲惨な体験をされていたのかと思うと、恥ずかしいばかりです。
そんな話があって、
今では、真珠浜海岸として夕日の観光スポットになってる、小浜の青井の浜ですが、
ボクは竿を出す気になれないのです。


posted by maiduru at 00:01| Comment(2) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

雪マーク

本日は、丹後方面の予想風力が「西の風・11」となっていて、恐れをなして釣行は断念。

波も4mの予想でしたし、無理と思っていたのですが。

明日は、波は落ちるものの雨振りで、気温も上がらないようです。

明後日からは、いよいよ「雪マーク」が出て来ました。

いきなり「暴風雪」らしい。

毎年、12月の20日前後に、少しまとまった雪が降りますが、その前に一時的に

気候が安定します。

つまり、16日前後が、丹後方面での釣り日和の最終になるかと予想しています。

海水表層温度も10mで15度以下になってますし、対馬暖流もロシアからの寒流に

押されて、沿岸部を東へ流れて来ているし、期待が持てそうです。

ocean260_260.jpg

それまで、ちょっと我慢の日々です。
posted by maiduru at 22:15| Comment(4) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

冬が来ました。

平成24年度も最後の月になりました。

そんな12月1日は、舞鶴では朝から霰(あられ)混じりの雨が降る、寒ぅ〜い1日でした。

いよいよ、でんなぁ〜・・・

冬が来ましたね。

昨年同様、12月は現場が立っていなければ中ごろで仕事納めとしますが、

この寒さで、釣りへ向かう気力は半減です。

それでなくても、ここ数日の日本海は荒れていて、外海ではうねりが残っていて

釣りへ行けない状況です。

ホウボウ(&カレイ)狙いのつもりでしたが、火曜日は荒天でしたし

水曜日は曇りながら、海は波が高く、朝、ライブカメラを見て中止を即断でした。

軟弱者と自覚しております。

とりあえず、冬用タイヤに履き替えて、根性が出てくるのを待ってみます。


火曜日は、母親を連れて高浜の「わたつみの湯」へ行ってきました。

到着して、入り口近くへ車を止めようとしたら、身障者用スペースだったので

母親を降ろしてから(足が悪いので)少し離れた駐車スペースへ止めてから

入り口へ向かうと、目の前を赤い車が通り過ぎ、そのまま身障者スペースへ駐車。

中から若いおねぇ〜ちゃんが降りてきて、さっさと中へ入って行きました。

わたつみの湯は、岩盤浴も併設されているので、そちらへ来たようですが

マークに気づかず、車を止めた?いやいや、スペース一杯に描かれたマークが

見えないはずは無いでしょう。

「そこは身障者用の駐車スペースですから、空けておいてあげた方が良くないですか?」

と、声をかけれなかった根性ナシのボクでした。

なんか、歳のせいか、似たような思いをする事が多くなりました。

たしかに、法令違反でも、条例違反でもなく、なんの罰則もありませんが

道徳や社会秩序にそむく事に、躊躇する事は無いのでしょうかねぇ〜。

道徳って、10m歩く労力よりも軽いものなんでしょうかねぇ・・・

先日、釣り場で出会った「大阪発ヘタレおっさんの投げ釣り」のカッパさんが

ブログ内で「釣姫」の事を、

『波止場も綺麗やし、地元の方が釣り師さんに理解があるような優しさも感じました。』

と、書かれていましたが、同じ釣り場へ通う者として、大変嬉しく感じました。

ゴミを残さない。という当たり前の事を、一人一人が実践する事で

たくさんの人が笑顔で釣りが出来るのですから、道徳って、結構大事だと思うのですが。

タバコのポイ捨て○万円、赤信号の横断○万円と言うように、

幼稚園児にも判るような規則を作らないとダメなような、

日本人は、民度の低い国になってしまったのでしょうか?

まあ、本来であれば、国民の先頭に立って率先垂範すべき政治家や官僚が

「秘書がやった」とか、「復興予算の目的に沿っている」とか、あまりにも国民感情と

かけ離れてる発言や行動をしているので、若い世代が、見誤るのも無理からぬ事なのかも?


愚痴だけでなく、今度は、声をかけようと思います。


ちなみに、釣姫にはゴミ箱が設置されています。

燃えるゴミ、空き缶、ペットボトルで分けられていますが、不要または拾った釣り針は

空き缶に入れてから捨てています。

ゴミ箱があるのに汚れた釣り場には、なって欲しくないものです。
posted by maiduru at 23:03| Comment(2) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする