2013年01月21日

最近の事件から

今日のニュースで、大阪市立桜宮高校の体育科の入試の

中止が決まったと報道されていた。

ボクには子育ての経験は無いし、スポーツで日本一を目指した経験も無いので

意見を述べるには値しないかもしれないが、アルジェリアで起こった人質事件の

ニュースを見て、危機管理としての考えを書いてみたい。

ニュースでは、多くの受験生、保護者を中心に、入試実施に賛成の意見が多いと

報道されていたが、ボク的には「中止は止む得ない処置」と考えています。

例えば、極端な例になるかもしれませんが、

子供を乗せた修学旅行のバスに、ベテランで、運転技術の優れた運転手が乗っていて

不幸にも、旅先で事故を起こして子供さんが亡くなった場合、

偶発的な事故として考え、運転手が変わるからという理由で、また同じバス会社に

無条件で、子供を預けるだろうか?

バス会社にも、事故を起こす要因が無かったかどうか、会社の体質や待遇などの

検証は必要であり、安全が認められるまでは利用すべきではないと思います。

まして、日常的に体罰が行われていたというのなら、今回のような事件は

予想されるものだったかもしれないと考えると、

体罰を行ったとされる関係者のみを排除しても、それまで体罰を容認していた

教職員、卒業生、在校生も、いうならば今回の事件の体質を作った関係者であるし、

そう簡単に改善はされないと思う。

この状況では、子供を入学させても、似たような事案が起こる事は予想される事で、

危機感を持って当然だと思うし、もし将来的に、また体罰問題が起こった時に

誰が責任を取るのか?

受験生が可哀想や、夢を奪わないで、などの意見は、責任を無視した感情論だし、

自分の子だけは大丈夫なんて、責任の無い期待感でしかないと思います。


また、危機感という問題以上に、学校が教育という目的の場所であるなら、組織を変えないと

体罰を意識するあまり、教師と生徒の関係性に影響が出て、指導も出来ない学校に

なりそうな気がする。


それにしても、スポーツで強くなる事は、素晴らしいことだと思うが、

バスケットボールという団体競技で、チームメイトの悩みに気づけないような指導に、

強くなるという目的を見失っていたのでは?と思うし、

高校生というキラキラした青春時代のクラスメートの中に、一歩踏み込んで

悩みに気づいてくれるような友人は出来なかったのか?と、残念でならない。

キャプテンを任されるくらいだから、バスケットボールもうまかったんだろうが、

家族からの期待感も大きかったのかな?


独りよがりの勝手な意見を書きましたが、本当に、心よりご冥福をお祈り致します。

posted by maiduru at 23:19| Comment(0) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

よぉ〜く冷えてます♪

今年も1週間が経ちました。

舞鶴は、お正月が明けてから少し雪が降りましたが、それも溶けて、

道路端に残る程度です。

最低気温が0度の日が続き、日中でも5度くらいまでしか上がりません。

まだ1月ですから、本格的な寒さはこれからでしょうが、早くも春が待ち遠しいボクです。

えっ?初釣りは行ったのか?

ワカサギ釣りちゃうんやから、雪の上で釣りをするようなマネはよぉ〜しません。

一応、海へは行ってみましたが、やっぱり根性が無くて帰ってきました。

13010601.jpg.jpg

和田港ですが、投げ釣りが1人と浮き釣りが3人、竿を出されていました。

正面に見える青葉山も、雪化粧をしています。

投げ釣りの方に、

こ「カレイ狙いですか?釣れました?」

との問いに、

釣「全然ダメです」

この寒さに竿を出す「勇気と根性」に拍手です。

ボクは、もう少し冬眠です。


posted by maiduru at 05:59| Comment(8) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする