2013年04月27日

ボクが魚を釣らない理由(ワケ)

黄金週間の初日でしたが、海は、昨日の荒天の影響が残り
高い波が押し寄せていました。
明日は北風が吹くものの、晴れ間も覗き、波も落ち着くようで、
気温も上がらず、爽やかな釣り日和となりそうですね。
大型キスの情報が入ってくるのが楽しみです。


ボクが釣りを始めるようになったきっかけも、やっぱりGWでした。
それまで、ゴルフばかりだったのですが、病気をきっかけに
アウトドアに目覚め、自然を楽しもうと、海や山へ出かけるようになり、
GWを利用して石川県・能登島へキャンプへ行った際に、
『久しぶりに釣りでもしてみようかな』と思ったのが始まりです。
キャンプ場の近くの突堤で、小さなガシラを釣った程度でした。
もともと、親父の転勤の影響で、小さい頃から各地の海のそばで
過ごしていた事もあって、多少の自信はあったのですが
あまりの貧果に、
『道具のせいやな』と結論を出し、それ以来、道具をそろえて
本を読み漁り、いろいろな釣りをしてみました。
基本的には、
「釣りは余暇であり、楽しければそれで良い」がスタンスです。
最初の頃は、釣果が出る事が楽しみでしたが、
いつ来るか判らない魚信を待って、常に緊張をしているのが
イヤになってきました。
落語家の桂枝雀が言ってましたが『笑いは緊張と緩和から生まれる』
ように、釣りもまた『緊張と緩和』が必要だと思っていたところ
投げ釣りに出会いました。
ボクの性格にぴったりでした。
餌を付けた仕掛けを投げ込んで、魚信が来るのをボォ〜と待つ。
まさに、緊張と緩和です。
楽しければ、それで良いというスタンス通り、魚が釣れても釣れなくても
ビールを片手に椅子へ座って、海を見ながら待っている時間は
どんなテレビドラマより面白かった。
まぁ〜そんな釣りでしたから、当然、
『緊張・・・緩和・・・カンワ・・・こりゃ、アカンワ』
でしたが。

PCのネットで知り合った、釣り仲間と釣行するようになって
あちらこちらと遠征をしたり、夜釣りや風雨の中で釣りをしたりと、
多少は釣りへの思いも変わって来ましたが、それでも、
『楽しければそれで良い』は変わりません。
釣りのブログと名づけていますが、滅多に魚が出て来ない
どちらかと言えば、釣れなかった言い訳のブログですが、
これからもボチボチと更新しますので、ゆるりとお付き合い下さい。

すみません。タイトルは適当です。
決して、宗教上の理由や、同行者に目の前で大きな魚を釣られた
トラウマが有るとか、ウデが悪いのを誤魔化す為とか
そんな下心があるわけではありません。


posted by maiduru at 22:38| Comment(0) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

フライングゲットー!無し〜♪

まぁ・・・なんですねぇ〜・・・

『ズッズー(お茶を飲む音)』

釣れへんときは・・・

釣れんもんでんなぁ〜♪

『カッコ〜ン(獅子脅し)』

まっ、厳しい冬から、穏やかな春へと季節が変わり、

のんびり海を見ながら過ごせた、良い日でしたわ・・・。

釣果?

蝶も蚊も、トンボも居てまへん。


仕事の合間を縫って、11時半ごろに栗田に到着。

すっかり夏景色ですね。
13042501.jpg.JPG

神社の空き地に車を止めて、まず昼食。

浜へ出てみると、結構、風が吹いてますが

釣りは出来そうです。

奈具方向
13042502.jpg.JPG

中津方向
13042503.jpg.JPG

気温が上昇して、適度な北風、大潮、そして午後1時が満潮。

こんだけ条件が揃っていて、しかも近所に用件があるけど早く終わる・・・

『今でしょう!』


長い海岸線なので、一旦、大雲川の東側「脇」から入る事にして

神社の路肩に止めて、浜へ降りました。

13042504.jpg.JPG

13042505.jpg.JPG

『藻が多い・・・』

なんのアタリも無いので「上司」に戻ります。

まぁ、釣りではよくある事やし・・・

また神社の空き地に止めて、浜へ出ました。

13042506.jpg.JPG

13042508.jpg.JPG

2〜3色の辺りには、トロ藻がいっぱいです。

「そうそう、この藻にキスは隠れているんやな・・・」

思うのは勝手です。が、キスは居ません。

「小田宿野」まで走りました。

もはや、デジカメを出す元気もありません。

『藻が多い・・・』


満潮の1時を過ぎて、2時を過ぎて。

「ケッ!やってられるかい!」と、いつもの捨て台詞ですが、

今日は、そんなボクでさえ『もぅ〜ちょっと投げてみるか・・・』と思わせる

釣り日和です。

「獅子崎」へ行きましたが、珍しく向かい風で波があったので、

久しぶりに「西宮津公園」へ行くことにした。

13042509.jpg.JPG

砂利運搬船が頻繁に通る中、航路筋だけは藻が切れていますが

それ以外は、藻がびっしりです。

さすがに、言わないとしょうがないので、恥を忍んで書きますが・・・

「藻ぉ〜イヤ!」(ポッ)

運搬船のスクリューに掻き回されて、底の砂が舞い上がったところへ

大型のキスが餌を求めて、殺到するぅ〜!なんて、思うのは勝手ですが

まっ、この歳になれば、いろいろと厳しい現実も経験してるワケでして・・・

午後3時半に、終了でした。


あまりのアタリの無さに、西宮津公園で水温を計りましたが

沖20m付近の、水深5mくらいで

13042510.jpg.JPG

14度あります。

『容赦ない太陽が 強火で照りつける on the beach・・・』までは

暑くないもんなぁ・・・。

思ったほど上がってないなぁ〜。

えぇ?上がってないのは、おのれの腕・・・たしかに。

うぅ〜、今度こそ、フライングゲットだぜぇー!


posted by maiduru at 22:52| Comment(8) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

風の強い日でした。

このところ季節の変わり目だからか、気温差が大きいですね。
一日で10度くらいの温度差が、普通にあります。
肩こりがイヤで、普段から薄着をしているせいで
少し暖かくなったら、半袖で過ごしたいボクは
風邪の絶好の標的なのです。

昨日は釣りへ行くつもりで、朝から丹後のライブカメラを
覗いてみると、ベタなぎの海でした。
第八管区の海保の「海洋情報」を見ると、18日くらいから
津島暖流が沿岸部に張り出し、丹後半島の経ヶ岬まで
来ているみたい。
海水温は13度になってるので、浅場は、日中になると15度ぐらいまで
上がってくれそうです。
丹後半島で対流する潮が、宮津湾や栗田湾へ流れ込みそうなので
「行こぅ〜かなぁ〜♪」と思ってたら、くしゃみ3回!
すぐに、お気に入りの「葛根湯」を飲んで、
なんとか今日は、元気を取り戻しています。

今週末のGW前半は、天気も良くて、気温も20度を越える日が続き、
釣り日和となりそうです。
楽しい釣りが出来れば良いですね。
今年も遠征は出来そうにありませんが、GWが終わったら
丹後の間人にある城島公園にでも、夜釣りに行こうかと思っています。
久しぶりの磯からの投げ釣りなんで、コツコツと仕掛けを作っていますが、
釣果より体力が心配ですが・・・

明日、25日はスクランブルで栗田湾で竿を出せるかもしれません。
そのときは、また報告します。
posted by maiduru at 22:03| Comment(2) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

春の一日

17日は、ゆっくりの朝10時にスタートでした。

気温が上がり、水温も上昇するのを期待しての出発です。


シモンズの「恋人もいないのに」や「ひとつぶの涙」を聞きながら

心が癒されて到着したのは、青戸大橋の対岸の「犬見崎」です。

大型のスズキが釣れる事で有名なポイントですが、

裏を返せば、餌になる小魚が豊富な場所でもあるワケで、

一昨年は、早い時期にキスが良く釣れた場所です。

今は、大橋のたもとにあった駐車スペースが閉鎖され、300mほど先にある

路肩の拡張部分に止めて歩かないといけません。

久しぶりという事もあって、手前の邪魔にならない路肩に車を止めて

様子を見に行く事にしました。

13041701.jpg.JPG

バス停の所から、ガケ道を10mほど降りると、海へ出ます。

13041702.jpg.JPG

『ありゃ?藻が多いぞ・・・』

13041703.jpg.JPG

大橋の橋脚部分も良く釣れるのですが、型が小さくなるので

出来れば磯から狙いところ。

軽いオモリしか持ってきてないので、遠くが狙えず、

巻き上げ時に手前の海草に掛かりそうです。

13041704.jpg.JPG

うぅ〜ん・・・。

自分に甘い判断をする時は、基本、即決です!(キッパリ)

あきらめて車に戻ります。

大島半島先端の赤礁の遊歩道を考えていましたが、この時期、

原発周辺の警備が煩わしいだろうなと思い、対岸に戻って竿を出す事にした。

佐分利川の河口は、土砂が堆積して釣りになりません。

埋立地である「うみんぴあ大飯」周辺で、竿を出せる所がないかと

あちらこちら見て回りますが、釣り禁止の看板が出ています。

13041705.jpg.JPG

13041706.jpg.JPG

13041707.jpg.JPG

今は原発マネーが入ってきているので、ちゃんと管理もされていますが、

もともと利用者も少ない施設で、景色もたいしてキレイでない場所だけに、

荒れてくれば、なし崩しに釣り場へ変貌することでしょう。

決して望んでいるワケでなく、昔は魚が良く釣れた「青戸入江」の潮の流れを止めて、

水質を悪くしてまで、埋立地を広げる必要など無かったのでは?

と思ってるだけです。

結局は、定番の「鯉川」へ行きました。

ボクが西側の波止の付け根部分で竿を出した時には、波止のコーナー部分で

投げ釣りをしていた方も、30分ほどすると帰って来られました。

こ「どぉ〜でした?」

投「全然ダメでしたわ」の返事でした。

やっぱ、キスを探して釣らないとアカンようです。

13041708.jpg.JPG

移動しながら投げて、ようやく15cmほどの今季初のキスです。

イセエビさんのお奨め鈎「カタナキス11号」に掛かっていて、

ちょっと安心しました。

今季は『ササメの大ギス』から変更して、このハリで通すつもりだったので

浅いアタリのわりに、キレイに口に掛かっていて、問題無さそうです。

撮影後に、親分を連れておいでと言い聞かせてリリースです。

もちろん、魚に言葉が通じるワケもなく、その後はアタリも出ません。

いぃ〜天気です。

曇り空で、暑くも無く、寒くも無く。

波止の先端まで移動して、階段部分に腰掛けてノンビリです。

たまに、手に持った竿先に、ツッーと小さく引っ張るアタリはありますが

たぶん、チャリコかなにかのチビでしょう。

ぼぉ〜っと、時間だけが過ぎていきます。

『アカン!こんなとこでボォーっとしていても、意味がナイぞ・・・』

前向きに考えると、

『そや、同じボッーっとするなら、景色のエェとこが良いぞ・・・』

もはや、この時点でキス釣りとは言えない気もするが。

13041709.jpg.JPG

13041710.jpg.JPG

岡津の浜へ移動しました。

『やっぱ、海と言えば砂浜やねぇ〜』

堤防に腰掛けて、遅い昼食で、おにぎりを食べます。

やっぱ砂浜やねぇ〜と言うわりには、道具に砂が付くのがイヤで

堤防から投げます。

午後2時過ぎに、風が出始めたと思ったら、沖の半島の先端から

キリに覆われて見えなくなってきました。

完全にキリで見えなくなった頃に、ポツリポツリと雨が落ちてきたので

即!撤収でした。

『まったく、なんて日だぁ〜!』

kotouge.jpg


帰りにスーパーに寄って、明治のチェルシーを買って帰りました。

懐かしいアメですわ。

『♪泣きたくなるよぉ〜な〜♪いちにちぃ〜♪みんなにもぉ〜

  分けてあげたいぃ〜♪・・・』

ん?ちょっと違うかぁ・・・

http://youtu.be/9s5rdne0ILM?t=1m5s


追記 : 

  昨年、小浜に、はなっておいた草の者(隠密?)からの報告が届きません。

  サボってるのかなぁ〜・・・

  ジモちゃん、そろそろ動いてくれよぉ〜♪姫様の様子は、どうじゃな?
posted by maiduru at 22:26| Comment(11) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

まだ若い?

先日、テレビを見ていたら、グアム島では55歳から敬老パスがもらえて、

買い物や食事まで10%OFFの特典を受けられるそうです。

うらやましいのか、うらやましくないのか・・・ちょっと複雑な心境でした。

今日は、母親に頼まれてスーパーで買い物。

店内放送で『本日は60歳以上の方はポイント2倍セールですぅ〜』と、購買意欲をあおる

アナウンスが流れていました。

『へぇ〜・・・万国共通の販売戦略なんだなぁ・・・』と感心しながらも、お金を払って

レジを出ようとすると、

「ちょっと!すみません。」レジ係りに呼び止められた。

『ス、スミマセン。出来心です・・・』って、ちょっと焦りながらも(ウソでっせぇ〜)

何事かと振り返ると、レジのおばさんが、

お「本日は60歳以上の方は、ポイントが2倍なんですが・・・」

こ『?・・・あぁ〜、ボクは関係ないですよ」と、慌てて否定した。

そして、

買った商品を袋に詰めながら、ようやく怒りが沸いて来たのだ。(え?反応も遅い?)

『あのなぁーおばはん!どぉー見てもアンタの方がボクより年上に見えるんやけど!

 年上を見るような目で、ボクを見るんじゃナイ!』

車に戻ってルームミラーを覗き込むと、

『うぅ〜ん・・・微妙。』

誰か、誰でも良いぃ〜♪まだ若いと言ってくれぇ〜♪

(最近、魂の叫びが多いような気がするのは、気のせい?)


渡船屋情報で、キスが釣れ出したら出漁しようと思っていたが、

ここにきて、早くも「若狭湾のヌシ」が動き出し、キスを上げているようです。

「元気やなぁ〜」と感心です。

確実に、ボクより倍の移動距離がかかるハズなのに、若狭湾への釣行回数は

ボクより多いし、プラス、能登へも通っているし・・・

まっこと、人間の食欲とは恐ろしいもんです・・・え?違うの?

釣りへのロマン?ですか・・・そんなワケないですよねぇ〜タムさん♪

鯉川・岡津周辺で良ィ〜キスを釣られているので、ボクは手前の西から入ってみようと

考えております。

青戸の入り江から犬見崎、そして久しぶりに赤礁崎の遊歩道を攻めてみようかと・・・

魚図鑑によると、キスは15度以上でないと活性が上がらないとか。

気温は25度を越えましたが、さて、海の中はどうでしょう?

いろいろと行く前はあれこれ考えますが、

結局は『行ってみて、投げてみて、終わってみて』です。

自然相手やしねぇ・・・

また明日。


posted by maiduru at 22:59| Comment(2) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

キス開幕まで、あと・・・

仕事がヒマな時に『あぁ〜釣りへ行きてぇ・・・』などと思わないのですが、
仕事が忙しくなると『あぁ〜釣りへ行きてぇ・・・』と思ってしまうのは、
単に、遊びたいと言う魂の叫びなのか?
PCに向かっての仕事の合間に、チラッと釣りのページを覗くと
他の地方では、
「おぉー!」
「ヒョホォー!」
「スゲェー!」
自然が相手だけに、入れ込んでみてもどうにもなりません。
舞鶴周辺での、目だった釣果はありません。
普通は「もう少し様子を見るか・・・」が妥当なんでしょうが、
「よぉ〜し!そんならボクが!」と考えるのは、もはや変態の域なんでしょうか。

メタボな魚体のキスが釣れるノッコミの時期は、キスが一番美味しい時です。
昨年、釣れたキスを配った先で
「こんな美味しいキスの刺身は食べた事が無かった。」
「さすが、白ギス。なんにして食べても美味しかった。」と、
好評だったのが、この時期のキスでした。
まぁ〜、多分にお世辞も含まれているとは思いますが・・・。

去年から狙ってるポイントもありますが、
今年の若狭のキスはどうでしょうね?
2年続けての「当たり年」は、期待出来ないような気もします。
ボクは、今年は敦賀方面か但馬あたりと予想してます。
昨年同様に若狭でも釣れるなら「田烏」が一番ですが、足下が不安定な場所なので
昨年は、たくさんの尺ギスが出た場所なんですが、お勧め出来ません。
単独の夜釣りなら「須浦」ですね。
ただし、突堤の先端に一人だけのポイントなので、うまく入れるか?どうかです。
いつも地元のおじさんが夜9時くらいまで粘っていて、
ボクも3〜4回行って見ましたが、毎回入れませんでした。
しかも平日にです。
まぁ〜それだけ釣れるという事なんですが。
突堤の延長方向から右側で、海草が多いから、その隙間に仕掛けを置いて、
待っているのがベストです。
船の係留も多いので、ブイの浮いてる位置と船までの間はロープに注意です。
海草が多いので、仕掛けを強くして、ハリを小さく落として
確実に飲み込ませて釣り上げないと、途中で海草に食われてしまいます。
砂地に生えた海草で、根は弱いから、その対策さえしておけばOKです。

今週末から気温も上昇するようで、最低気温が10度台になり、海水温も
15度くらいになりそうですし、
いよいよ、来週は開幕かな・・・

12111609.jpg.JPG
posted by maiduru at 23:25| Comment(6) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

勝手な言い分

今日の舞鶴は「花冷え」の一日で、夕方からは雨まで降ってきました。
まだまだ暖房のお世話になる日が続きます。
耳が大きくて飛び回る・・・それは、ディズニーの『ダンボ』です。

一昨日、島陰漁港に行きましたが、釣をしなかった理由は、

13030802.jpg.JPG

崖の上に桜が咲いているあたりが、有名ポイントの「地蔵下」です。
チヌが良く釣れるのと、キスも大きなのが出ます。
釣り友の「まっさん」が尺ギスを上げたところです。
ボクも何度か通って、良型のキスを釣ってますが、
ポイントへ行くには、お地蔵さんの横にある、路肩のスペースに車を止めて
崖を5mほど降りるわけですが、車を止めると、すかさず「○だ渡船」の
親父がやって来て『ここは通行の邪魔になる。止めるならウチの駐車場に
止めろ。警察に連絡するゾ』と言ってくるワケです。
田舎の広い道に、駐禁の表示も無いし、それでも遠慮して道路より外の
空き地に車を止めていても。です。
当然、無視していましたが、うるさいので、いつしか行かなくなりました。
一昨日、久しぶりに島陰へ行ったら、この空き地のところに砂利を敷いて
整地して、駐車代1000円徴収と看板が出ていました。
おぉ〜?通行の邪魔になるんとちゃうかったん?
前から思っていましたが『やっぱ金か・・・』

以前の「夢の浜渡船出来ません事件」もあって、島陰は悪いイメージしか
持てません。
ライオンゼブラ・・・ん〜?そうそうトラウマ、になりそうです。
楽しみで釣りへ行ってるのに、渡船屋の親父の顔を見るのもイヤなんで
他所へ移動したワケです。
港湾施設は、国民の税金が使われています。
その恩恵を無料で受けている遊漁船の経営者なら、国民の余暇へも
広い心を持って欲しいものです。
まぁ、とりあえず島陰へ行く事は、もう無いでしょう。

勝手な言い分でした。

posted by maiduru at 23:13| Comment(4) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軟弱

せっかく暖かい気候となってきたので、ちょこっと釣りへ
行ってみました。
一応、狙いはカレイとして、まず黒鯛釣具店へ向かいます。
エサを何にしようか迷いましたが、定番のアオイソメと、海ケムシ対策に
なるかどうか試すつもりでボケも購入して、いざ出発です。

午前7時に、宮津・島陰漁港に到着。
丹後から若狭にかけて、ボクが唯一まともなカレイを釣った場所なんですが、
ちょっとしたワケで、場所移動をしました。
次に行ったのが、獅子崎の護岸です。

13030803.jpg.JPG

昨年、早春にキスを釣りに来て、地元のおじさんから「ここはカレイも
エェんやでぇ〜」と、教えてもらっていたからです。
まぁ〜、えぇ天気やし、風はあるけど暖かい方やし・・・
いつもながらの「期待しない」モードで臨みます。
吹流しの下針にアオイソメ、上針にボケをつけて、久しぶりの第一党、
いやいや・・・第一投です。
2本の竿を投げ終わると、車に戻って、フロントガラス越にアタリを待ちます。
護岸沿いの道路は、車を止めての釣りは禁止となっていますので、
手間の公民館の空き地に止めさせてもらいました。
今日は南西の風で、宮津湾東岸はまともに風が当ります。
ゴミが流れて来て、道糸に掛かっては竿先を揺らしますが、魚らしき当りは
皆無です。
しょうがないなぁ〜・・・釣りに来ているので、エサを替えるべく
一旦、仕掛けを回収します。が、ちょっと重いぞ・・・ウヒョ?
いやいや、やっぱし海ケムシの登場でした。
ボケも食ってます。
どぉ〜やって食うんや!?
なかなかのサイズのケムシですが、ボケを食べれるほどの口の大きさは
無いはずなんですがねぇ〜。
もう1本を上げてみると、ハリスがフグに噛まれたようでザラザラです。
『40以上のカレイが来たら切れるかも?』
『いやいや、そんなカレイは来んやろぉ〜。』
オイオイ!と、自分に突っ込みを入れながらも、そのままエサを付けて
投げ返します。
まぁ、予想通り、その後もカレイからの当りは無く、午前11時過ぎに
撤収です。
もっと粘らないと?
「粘る」なんて言葉は、納豆を食べる時か、おねぇ〜ちゃんを家まで送って
行った男の、別れ際にしか使わないでしょう。

もともと今日の釣行先に宮津を選んだのは、キス釣りの下見があったからで
車に道具を積み込むと、田井漁港まで行きました。

13030804.jpg.JPG

以前から気になっている栗田半島の砂浜の調査です。
田井漁港の仏崎を海岸線の沿って回り込むと、仏崎の浜、夢の鼻があって
夢の浜へ続いていきます。
なんとか歩いて、仏崎を回って浜へ行けないか?の実証です。
山道から降りるというルートもあるようですが、谷を歩くので、マムシが
怖くて行けません。
ならば、海沿いを・・・と、いうワケですが。

漁港の道路沿いに車を止めて、手ぶらで出発です。
護岸の付け根から、小さな浜へ降りて、磯伝いに進みます。

13030806.jpg.JPG

13030805.jpg.JPG

なかなかハードですが、行けない事はありません。
遠くに「片島の鼻」が見えますが、断然、片島の方が行き易いですね。

13030809.jpg.JPG


途中で、良さそうなポイントの岩場に出ましたが、沈み根も張り出して
いなくて、急なドン深になってるみたいで、上物師が喜びそうです。

13030810.jpg.JPG

先に、砂浜が見えてきました。

13030807.jpg.JPG

「ヤッター!」と、マシ・オカが『HEROES』で叫んでたくらい
喜んだのもつかの間、目の前に断層の切れ目がありました。
崖を上って迂回するには急斜面過ぎます。
残念・・・断念だんねん。

もちろん帰り道は、倍、疲れました。
結論は「浜へ行くなら渡船」です。

今回は様子を見に行っただけなので、次回は長靴を履いて、釣り道具を
持って、途中の岩場で竿を出してみたいと思ってます。
さて、その次回は何時になるやろ?


posted by maiduru at 00:11| Comment(2) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

冬眠明け

すっかり眠ってしまって、気づけば、舞鶴でも桜は満開に咲き誇り

厳しい冷え込みも無くなっています。

yozakur.jpg

そろそろ海へ行かないと・・・天気予報を見てみると、週末にかけて「爆弾低気圧」の

注意報が出ています。

海が荒れるでだけでなく、桜も散ってしまいそうです。

舞鶴の「お花見」のピークは、今週末だというのに、困ったモンです。

舞鶴にも、お花見の名所はありますが、ボクが今まで見てきた「お花見」のベスト1は

奈良県の高取城址の、天守閣跡に続く高台にあった1本の桜木です。

高取城は、日本の三大山城のひとつですが、今から20年ほど前に訪ねた際

高台に1本だけの若い桜の下で、酒を酌み交わす若者達に逢いました。

麓から4kmほど山道を登った所にある場所なのに、服装や備品から想像するに

たぶん地元の方だと思うのですが、満開とはいえ、まだ若い桜の下で

静かに酒を飲む姿に、なんか『郷土愛』を感じて、

自然と「良ぃ〜なぁ〜」と感じ入りました。

もともと吉野山へ行く予定だったので、その後で「吉野」へも行きましたが

華々しい桜の姿より、1本の桜の方が印象的でした。

まだ有るのかなぁ〜?


まぁ、そんな話はともかく、

釣りですが、来週の火曜日くらいから再開です。

小浜湾や宮津湾でキスが釣れているようですが、せっかく用意したカレイ仕掛けが

あるので、ここはカレイを狙っての釣行です。

釣れるんやろか?

それに、以前に痛めた「五十肩」が、また出てきそうな感じなんで、こっちも心配。

歳は取りたくない・・・ん〜?

ある時期を過ぎると、歳は「取る」もんなんですねぇ。

若い頃、年齢は『知識や経験、感動を覚え』樹木の年輪のように『重ねて』いくモンや。と、

言われた事があって、なるほどと思っていたが、

最近では、物忘れがあったりして、知識や経験が1枚ずつ脱がされて行くようで、

なるほど「取る」とはこういう意味か・・・と思ったりしています。

前にも書きましたが、ワケの判らんCMがテレビで流れていましたが

グルコサミン?膝が動く?なんじゃそりゃ〜?そんなん買うやつがおるんかぁ〜?

今となっては・・・そのうち買って試してみようかな・・・と思っとります。

大人用おむつ?

いやいや、それはまだでしょう。


今でしょう!


って、こんなトコで使うなよ。
posted by maiduru at 00:14| Comment(4) | 日々好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする