2014年06月24日

歳なんて、

どぉも。
まだ五十肩に泣かされてます。
しかし、ものは考えようで「五十肩」と呼べるのも、あと数年だし
会う人事に「いやいやぁ、五十肩でして・・・へへっへ」と、
若さを強調してる今日この頃です。
崖っぷちに指先だけでぶら下がってるような50歳代ですが、
新聞記事なんかで『初老の男性が・・・』なんていう文字を見ると
ドキッ!ってしてしまいます。
何歳になれば?何歳から?なんて、明確な定義の無い呼び方ですが
ボクはどうなんだろう?
まぁ、今までの経験上「早いのねッ♪」って言われた事もないので大丈夫でしょう。
って、なんだ下ネタじゃん・・・。
今週からは、本格的に暑くなりそうだし、7月の『海の日』までは
エンジン全開で、バリバリ行きますよぉー!(やっぱ、表現が昭和テイストやなぁ)

先日から、釣行しながらも記事を投稿しなかった分で、
昨秋、良く釣れた『須ノ浦』へも行ってます。

14060604.jpg.jpg

午後3時過ぎに、波止から投げても釣れなかったので、浜へ移動して投げてみると
秋に釣れた場所(沖のブイの周り)では、きっちり20cm級がアタリをくれました。
サイズも数も、これから・・・っていう時に、突堤の付け根に止めてある漁船が
浜へ出てきて網を入れ始めました。
磯の手前から、ブイの内側を通って、突堤の先をかすめて反対側の磯の前まで。
ウンウン、見事に大ギスの実績があるポイントをトレースしてます。
(内心では、メッチャ怒ってますが、まぁそこは大人の対応です。)
網に仕掛けを取られるのも嫌なので、即、撤収しました。
行かれる機会があった時に、小さなブイが浮かんでる場合は、場所を移動して下さい。
それと、公民館の駐車場へ車を停めた時に、500円を徴収してたお婆ちゃんが
転倒して腕を骨折したので長浜の娘さん宅で療養してるという事で、
料金は、すぐ下に降りた所にある、川を渡った向かいの家で集めてますので
(玄関先からこんにちは!と叫ぶと、奥さんが出てきます)
よろしくお願いします。
親切な方で、雨が降り出した時には傘を持って、突堤まで来てくれました。
小さな集落ですし、出来れば気持ちよく釣りを続けたいものです。

そうそう、赤礁崎へも行ってます。
『あかぐり苑地』から入って、船着場から投げました。

14060901.jpg.JPG

14060903.jpg.JPG

この日は風が強く、北西風が横から吹きつけるので、早々にワンドに移動しました。

14060904.jpg.JPG

ドラグは鳴るけど取り込めない!を何度かやらかし、
イセエビさんに電話で「なんでじゃろ?」と聞くと、
「修行が足りない!」と言われた釣果でした。
小浜湾の入り口で、ボート釣りのメッカ「勢浜沖」の対岸で、尺ギスの実績もあるし、
釣れそうな雰囲気なんですがねぇ・・・
公園の管理をするおじさんと話しましたが、夜10時以降になれば車は出せませんが
駐車場に車を止めて夜釣りは出来るそうです。


今年こそは、黒鯛釣具のキス大会で優勝を!
http://kurodai.info/taikai_b.html
posted by maiduru at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

欲望と言う名の釣り

このところ、なにかと忙しくて、釣りへは行ってるのですが
釣行記事も書きかけで止まったままです。
追い討ちのように、右肩が五十肩?で、キーを叩いているとボォ〜っと
痛みが出てきて、イライラ状態です。
さらに、先日は雨の影響で涼しくなって、季節外れの風邪まで。
誰かが言ってましたが『どげんかせんとイカン』です。
幸い、まぁ〜この歳になれば、気分転換の方法のひとつやふたつ
知ってるワケで・・・
キョホォ〜!キェーッー!!なぅまくぅさんまんだぁばざらぁ・・・
って、神頼みかよ。

宮本武蔵が「我、神仏を尊びて、神仏を頼らず 」と言ってるように
神様に頼る事はしませんが、ちょっと運動でもしてエェ汗かいて
心の淀みを発散しないとあきませんね。
久々の記事に、愚痴ばかり書いてますが、これからもボチボチの
記事投稿になるとは思いますが、よろしくお付き合い下さい。


ボクが良く使う道の、道路沿いに親戚の畑があります。
前日からの雨が小降りになった水曜日に、畑の前を通りかかると
トマトや万願寺とうがらし、とうもろこし等などの夏野菜が
緑も鮮やかに、順調に成長してる様子です。
『ふぅ〜む・・・こりゃぁ行っとくか』
で、見返りを求めての釣果の押し付けを目論んで
音海へ行ってきました。
夜の7時ごろには、降ったり止んだりだった雨も、
次第に止んでる時間が長くなっていて、釣りも出来そうです。
まぁ、この釣り場のすぐ後ろには、漁協の施設の軒先がせり出していて
少々の雨でも釣りは出来るのですが、やっぱり晴れてる方が
良いのにきまってます。
曇り空の影響なのか、すでに暗くなり始めた7時ごろに
ケミホタルを付けて、第1投です。
毎回、釣りのたびに第1投はあるのですが、根性の無いボクには
その日の釣果を占う上で、とっても期待してるワケで・・・
『うぅ・・・アカンのか?』
2色ほど引いてきた竿先に、ツンツン、ツゥーと弱いアタリです。
ホィ!と合わせると、かすかに魚の抵抗を感じます。
上がってきたのは、10cmほどのキスでした。
『う〜ん、今日は微妙やなぁ。』
キスをリリースして、エサも付け替えて、ちょっと右寄りへ投入です。
(け、けっして投げそこないではありません。ちゃんと狙って・・・)
右よりは岩場の延長で、根掛かりもあるので、仕掛けは置いたままで
待ちます。
『あれぇ〜?なんか突っついてるんやろか?』
しばらく待っても、引き込むようなアタリも出ません。
少し竿先を引くと、グィ〜ンと抵抗をみせます。
ホォイ!と合わせ、リールを巻き取ると、なかなかの引きをみせます。
珍しく、水面をバシャバシャいわせながら上がってきたのは
結構なキスでした。
目測で25cmは越えていそうでした。
本日も、あまり期待してなかったので、メジャーは用意してません。
『ふぅ〜む、これなら帰りに黒鯛釣具へ寄って、申請して帰ろう』
久しぶりの申請キスです。
気を良くして投げ続けますが、先日と違ってドラグは鳴りません。
先ほどのキスも、居喰いをしたわりにエサは、上下の2本針を
飲み込んでいました。
雨の影響で、気温も少し下がり、水温も下がったのでしょうか?
数匹のキスと、胴長10cmくらいのタコを釣って(リリースです)
本日は9時のチャイムを聞かずに撤収しました。

帰りに黒鯛釣具へ寄って、
こ「ちょっとキスを測ってくれるぅ〜♪」と店員さんに頼んで、
検寸台に乗せてみると・・・
店「えぇ〜っと、24・・・てん2ですね。」
ヒョェー!25ないし!
店員さんは申請しとけば?と勧めてくれますが、急いでキスを仕舞って
店を出ました。
現在のトップが、ヒロセオートキャンプ場の沖で、ボート釣りで
釣れた28cmだとか。
負けられんなぁ〜。

14061801.jpg.JPG

今回の釣果は、自宅で塩焼きにて消費しました。
暑くなる前に、なんとか、スイカや瓜との交換用の魚を釣らなくては・・・
posted by maiduru at 01:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

夕涼み

先週の金曜日に、投げ吉さんが音海で半夜釣りを敢行して
なかなか、えぇ〜サイズのキスを釣られましたが、
高確率で釣れるはずのチャリコはダメだったと聞いて、
『そろそろなんだけどなぁ〜?』と、確かめに行って来ました。

到着は7時過ぎと、ちょっと遅めですが、まだ明るさが残ってるので
すぐに竿をセットして第1投です。
クーラーに竿を立てかけて、蚊取り線香と殺虫剤で防御線を張ります。
さすがに田舎暮らしが長くなると、蚊取り線香に殺虫剤は
車に常備してあります。
畑仕事に草むしり、屋外での立ち話など、用途は多岐です。
バリアーは完成しましたが、アタリはありません。
あわよくば、大型キスでも釣れないかなぁ・・・と、仕掛けを
そろそろと引きずると、ツツッーと引っ張ります。
『小さいなぁ〜』と思いましたが、慎重に竿先を送ってから
ホイッ!と合わせると、スカッ!と乗りません。
今度は、置き竿でドラグもユルユルで待つと、ジィージィーと
軽い引きで20cm程度のキスが上がってきました。
ここから1時間ほど、投げるたびにアタリは出ました。
ドラグも、何回かはジャッーと強烈な引きを見せるアタリもあったのですが
結局、取り込めたキスは4匹でした。
先日、イセエビさんに「修行が足らん!」と言われましたが、
まさにその通りでした。
(でも、修行はしませんけどね。)
ここの釣り場は、地合いがハッキリしていて、急にパッタリと
アタリが無くなります。
8時半ごろ、ちょっと釣り場を移動して、以前に海上釣堀があったところへ
変わりました。
その1投目から、ゴンゴンと前アタリがあって、ギュィ〜ンと引きます。
うまく合わせも掛かり、目的のチャリコ28cmが釣れました。

14061601.jpg.JPG

群で回遊してるだろうと、すぐに投げ返して、チャリコを締めていると
ジャッー!と竿尻をハネ上げながら、ドラグが出ていきます。
『おい、おい』
急いでリールのベールを起こして、ドラグを締めましたが
あれっ?道糸が出ていかない。
たぶんキスのアタリだったような気がします。
それから意地になって投げましたが、スカシも繰り返し、
15cmほどのキスを追加できただけです。

定番の、向かいの原電から聞こえてくる午後9時のチャイムを聞いて
ちょっと心残りはしますが、竿を片付けて帰りました。
まぁ〜、こんなもんでしょう。

14061602.jpg.JPG
posted by maiduru at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

大ギスはどこ?

先日、小浜で良型のキスが出ているという話を聞いて、
情報の確認のため、久しぶりに「小浜の草の者」へ隠密指令を
出しましたが、返信には
「坐骨神経痛が出ていて、今、動けません」と書いてあった。
おいおい!
隠密が神経痛で動かれへん!なんていう話で、視聴率が稼げるか?
ブログが視聴率かどうかは別にして、いうなれば、
『暴れん坊将軍で、あざみが十文字隼人の腰をさすって、大丈夫?って
 聞いてる』話でわくわくするのか?という問題だ。
しかし、動けないもんはしょうがない・・・
こうなれば自分で確認するしかない!と思っていたら、連日の雨降り。
南東の風は強いみたいだし、潮も小潮で動かない。
モチベーションは、ダダ下がりです。
13日の金曜日に、大阪からキーヤンが釣りに来るという事なので
それまでに「メタボキスの25cmUP×10匹持ち帰り」可能な場所を
リサーチしとかなアカンのですが・・・

ここまで書いて、ふと時計を見ると午後10時を過ぎてます。
「10時か・・・」
いつもこの台詞で思い起こすのが「悪の十字架」の話。
百貨店の店員が、開店前に店の前で準備をしていると、
どこからともなく現れた、白髪を振り乱した老婆が近づいて来て
店員の耳元でささやく・・・「開くの10時か?」
そして、今日は、この開くの?に連想して思い出しましたがな。
『そうや、エサをクーラーボックスに入れたままやった・・・』
きょえっー!
先日は5〜6匹くらいしか使ってないぞ。
連日の30度の気温に、耐えているはずもないし・・・
ブログを書いてる場合ではナイ。

ちょっと処理してきます。
posted by maiduru at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

大会初日

今日から6月です。
毎年のように参加してる「黒鯛釣具店のキス釣り大会」の初日です。
最近では、キス釣りしかしていないような状況なので、
せめてキス釣りでは負けたくないなぁ〜と思っています。
さて、今年はどうなるのかなぁ?

夕食を食べた後、時間があったので、大会初日に出陣しました。
6時半ごろ黒鯛釣具店へ寄って、エサを購入。
「今年も踊らされてみるわぁ〜♪」と、店長に愚痴をかまして
いざ、出発です。
場所は、数少ない『夜でもへっちゃらポイント』の飯盛のラブホ前です。
(引き出しの少なさに、我ながら情けない・・・)
7時ごろに到着しましたが、まだまだ明るいですね。

14060101.jpg.jpg

先日行った赤碓崎が対岸に見え、夕日を受けて紅に染まっています。
くれない・・・といえば、最近は「紅の豚」という連想になりますが、
ボクの年代では「くれない族」の方が、頭に浮かびます。
えっ?夕ぐれ族?
それは、同じ80年代にあった「愛人バンク」の名前ですがな。
そうやなくて、くれない族とは
「〜してくれない」とよく口にする人や、そういった思考の強い人を
意味してるワケで「くれない族の反乱」というテレビドラマが語源です。
その年の流行語大賞で、流行語部門銀賞を獲得してます。
当時は、女性が「旦那が〜してくれない」とか「彼氏が〜してくれない」
といったように使われていましたが、最近じゃ、
女性の方が自立心があって、男の方が良く使うのかもしれませんね。
まぁ、そんな古い話はおいといて、

暗くなる前に、急いで竿をセットして、仕掛けを作ると
テトラの間を縫うように第1投です。
うまく狙いのポイントへは入りましたが、アタリはありません。
ここ数日は、良いお天気が続いていたので、川の流れ込む場所を
選択したのですが、ダメなのか?
そのうちピリピリといった小さなアタリが出ますが、竿先を
押さえ込むほどのアタリまでは発展しません。
キスが小さいのか、それともフグやハゼなのかもしれません。
3投ほどで、この場所をあきらめて、いつもの護岸へ少し移動です。
今日もラブホは繁盛してます。ウンウン♪
護岸の傾斜を降りて、いつもの所から投げます。
去年より、あきらかに海藻が少なく、その海藻の近くに投げると・・・
ホラッ!
ちゃうちゃう、ボラが飛び跳ねています。
竿を置いて、護岸に腰掛けると、ガタッ!ジィージィーと
ドラグが鳴ります。
ホイホイ、やっぱりなぁ〜と少し余裕で対処。
ベールを起こして、ドラグを締めて、さぁ〜!グィってしゃくると、
なぁ〜んもナシ。
オイオイ、本気と書いてマジかよぉ〜と思いながら仕掛けを回収すると
エサだけ取られてました。
やっぱ、エサの垂らしが長すぎたかなぁ?
いやいや、もっと走らせるべきやったかなぁ?
迷いはあるものの、結局はいつもの通りで投げてみます。
同じところをトレースしてるつもりですが、アタリません。
暗くなってるのに、沖では、まだボート釣りが2隻ほど動いています。
そのうち、
チクッという痛みで蚊に刺され、今年は初めて蚊にくわれて
免疫が出来てないせいか、痒くなってきました。
うぅ〜ん、アカン!

ちっとも当たってくれない!
キスが釣れてくれない!
温泉でも入って帰ろ・・・(泣)

1時間ほどの釣りでしたが、まぁ、初日を飾ったという事で、
今日のところは、こんなもんです。
posted by maiduru at 23:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする