2014年07月28日

暑中お見舞い

暑い日が続いております。
皆様には、暑中お見舞い申し上げます。

27日の日曜日は「舞鶴ちゃった祭り・花火大会」でした。
大阪・天神祭りの打ち上げ数が約4000発で、舞鶴の花火大会は
約5000発ですから、人出の割りに(天神祭りは130万人、
ちゃった祭りは3万八千人)ゆっくりと花火を楽しめます。

072701.jpg

毎年、この花火が上がると、夏の暑さを吹き飛ばす『納涼』というより
厳しい暑さが続く『合図』のようなもので、夏バテしないよう
頑張らねばと気を引き締めてます。

このところブログの更新が無かった理由は、
今月の初め、若狭湾のヌシ・タムさんのブログ記事を読んでいて、
最近は小型キスで苦労されてるようなので、そろそろ宮津湾かなぁ?
と思っていたら、舞鶴の小橋(おばせ)で大型キスが釣れてるらしく
さっそく実釣をかけてみようと・・・準備をしてると
ギョエ〜!まさかの体調異変。
土曜日の夕方だったので、月曜日を待って、近所のお医者さんへ。
それから診察や検査を経て、先週になってようやく
腎臓の結石が原因だったのでしょうという結論になって
今や、7種類の薬を飲んでます。
「SAY YES」も「YAH YAH YAH」も歌えませんが
薬漬けの毎日ですわ。
年齢とともに体にガタが来るのはしかたない事ですし、
うまく付き合っていくしかありませんね。
今回は自覚症状も無かったし、突然だったので、入院も覚悟してましたが
幸いにも在宅療養で済みましたので、これを機会に体調管理に努めます。
ちょっと安心した夜に聞いたルイ・アームストロングは「染みました」

http://youtu.be/mVw5HKanadw

ボチボチですが、また釣りへ行きたいと思ってます。
posted by maiduru at 21:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

舞鶴・野原で

しばらく更新が出来ませんでしたが、理由については改めて・・・

木曜日に、久しぶりにキーヤンから連絡があって
「金曜日に、仕事の都合で丹後へ行くけど、帰りに野原で夜釣りでも・・・」の誘いでした。
『野原って、どぉ〜よ?』と疑問はありましたが、この時期に釣れる場所は知らないし、
過去に良い思いをした記憶もないし・・・とりあえず、あちこちから情報を仕入れる事にして
金曜日に連絡することにして電話を切りました。
7月14日に、投げ吉さんと舞鶴の小橋へ行って、半夜のつもりが
まったくアタリも無い状況に、2時間ほどでギブアップしたばかりなのに、
隣の釣り場に好釣果が期待できるんやろか?
このところの暑さに腰が引けて、出てくる発想はネガティブなものばかりです。
久美浜のボート釣り師の知り合いに電話を入れても、丹後方面は良くないそうで
若狭のヌシ・タムさんに状況を聞くと、浅場で大型の回遊が期待できるから
野原なら、海水浴場の突堤が良いかも?と、さすがに粘投つり師のタムさんらしく
肯定的な意見でした。(一応、敦賀方面での釣りを勧められましたが、キーヤンが
帰り道を考えて、あまり遠くまでは行きたくないという事なので、今回は止めました。)

さてさて、どうしようか?と迷いましたが、キーヤンとの釣りも久しぶりなので
玉砕覚悟で、野原へ一緒に行くことにしました。
15年ほど前に、初めてキーヤンと一緒に「田辺の天神崎」へ行って以来、
なにかとボクの都合に合わせて、あちらこちらの遠征に付き合ってもらってるので
今回は、借りを返す機会でもあります。
あっ、借りを返すといっても、キーヤンと釣行して良い釣果に恵まれた記憶はないので
(誰と一緒に行っても釣果に恵まれない?・・・う〜ん、確かに。)
あくまでも、一緒に釣行するだけの事ですがね。

金曜日、午後6時に現着。

14072501.jpg.JPG

ボクも、久しぶりの「野原」です。
舞鶴に住んでいても、やっぱり野原は遠い釣り場です。
おまけに、途中の山道は、なにかと怖ぁ〜いウワサ話を聞くので、
暗くなったら通れません。
つまり、明日の朝になって明るくなるまで、帰れないワケでして・・・
まさに背水の陣です。
7時前にキーヤンも到着して、一応、大波止から釣りを始めました。
暗くなったら海水浴場の浜へ行くつもりで、ボクは大波止の中間あたりから
港内の内向きへ投入。
キーヤンは、セオリー通りに大波止先端から延長方向を攻めます。

14072502.jpg.JPG

5cmくらいのミニチャリコが当たってくるぐらいで、キスらしきアタリさえ無く
暗くなってきたので浜へ移動しました。
なぁ〜んも釣れません。
石積みの波止から投げてると、船を留めに来た漁師さんが
「釣れんやろぉ〜。」の掛け声。
心折れて、大波止のキーヤンのところへ戻ると、ようやく1匹だけ釣れたそうです。
15cmくらいのキスらしいので、まっ、ボーズと一緒です。
キーヤンに、場所を替えるか?と聞きましたが、
「満潮が午前2時なんで、それまで此処で粘ってみる。」との返事です。
『チッ!しまった。忘れてたけど、変に粘り腰なんやった・・・』
当然ながら、一人で山道を越える根性も無いので、一緒に粘るほかありません。
今のうちに晩御飯を食べておこうという事になり、ついでに覚悟のビールを。
晩御飯を食べながら、ついつい話に花が咲き、えぇ〜い!の缶チューハイも。
運転は出来ない以上、ここで粘るしかありません。
ご飯を食べた後、またテクテクと浜へ戻りました。

まったく釣れないので、午前0時を回ったころ、波止の中間くらいのところへ戻って
港内向きに投げていると、ようやくドラグが鳴りました。
なかなかの引きをみせて上がってきたのは、20cmを越えるくらいのチャリコでした。
チャリコを持ってキーヤンのところへ行くと、25〜6cmのキスが4本釣れたそうで
小さなキスは3〜4匹リリースしたそうです。
ぶっ太いキスが釣れて、喜んでいます。
午前2時の満潮の潮止まりで、車に戻って寝るのか?と思いきや
「ウチは5人家族やから、あと1匹釣れるまで粘るでぇ〜!」だそうです。
お父さんは、釣り場でも頑張ってます。
午前3時ごろ、ようやく1匹を釣って仕舞いました。

大波止では、風も適度に吹いて、思ったより暑くも無く
満天の星空のもと、楽しい釣行になりました。
ちなみに、午前4時半ごろ、明るくなりかけた途端にバイトらしきお兄ちゃんが
「駐車料金千円頂きます」と、集めにきました。
お父さんだけでなく、若者も頑張ってます。
日本って、良いなぁ・・・


posted by maiduru at 00:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

舞鶴って、どぉ〜よ?

先日の2日火曜日に、SSの親父さんが久しぶりに宮津で竿を出すと
連絡をもらいましたが、あいにく母親の病院だったのでご一緒できず
メールで過去に良かった「由良川の河口の満潮時」を勧めておきました。
結果的には、朝一の西宮津公園から傘松公園(江尻?)と周られて、
『刺身用、塩焼き用、天ぷら用、南蛮漬け用と全部揃いましたので
 終了です』と、お昼過ぎにメールをもらいました。
最長寸は25cmのようでした。
釣果があって良かったなぁ〜と思うと同時に、
自分で確認もしていないのに、いい加減な釣り場を勧めた事に気づき
しっかり反省でした。
それ以来、気になっていたので、ちょうど時間の都合がついた
6日の日曜日の朝に行って来ました。
現地到着は、朝の7時前です。
神崎海水浴場の駐車場は、なにかのイベントが(地引網体験?)あって
たくさんの車が駐車していました。
時間も無いので、駐車料金を払う気がしないから
漁港まで走って車を停めました。
ちょっと歩きますが、ポイントまではこっちの方が近いかも?

14070601.jpg.jpg

河口のワンドの状態は、依然と変わらずですが、
草地だったのが砂浜に変わってます。
河口には、漁船らしき船が5隻も出ています。
沖に向かった砂浜には、投げ釣りらしき人が4人ほどいます。
川の流芯にむかって1人、対岸には2人ほど釣りをしています。
川の流れが潮目のように、筋を作って流れていますが
23号のオモリなので、あえてワンドの中方向へ投げてスタートです。
いきなりアタリますが、小さいです。
思ったとおりのピンギスを、何匹か釣った後で、ようやく20cmほどの
キスが釣れました。
由良川の河川工事は済んでいるのですが、ゴミがたくさん沈んでるようで
木の枝や細いロープが掛かってきます。
満潮の時間に近づいているので、思い切って筋目の中に入れてみると
ゴンッと久しぶりの感触です。
即合わせで寄せて来ると、これも久しぶりに横走りをみせてくれます。
波打ち際にズリ上げてみると、ちょっと良い型です。
手で握った感じも、秋の落ちギスを思わせるような、ぶっ太いキスです。
やったかっー!来たのか?
期待してメジャーを当ててみると『ニジュウ・・・ゴ・・・?えっ?
ゴォーテン・・・ヨンッ!よ、よんっ〜!』思ったより小さいがな。
元気なキスで、2本針の2本とも喰ってました。
まぁ、久しぶりにエェ〜感触を楽しませてもらいました。
その後、ゴミの針掛かりに手こずりながらも、20クラスをキープして
5匹の釣果で、8時半に終了しました。
(帰り道に、親戚宅へ降ろしたので、画像がありません。ペコッ。)

黒鯛釣具さんの釣果速報では、舞鶴の白杉で26弱や、小橋の波止で28弱が
投げ釣りで釣れているようですし、大型の数を揃えるのは難しいですが
単発なら釣れる可能性は、舞鶴でも高いですね。
舞鶴でも、大型キスの期待が大きい「野原」の情報が入ってきてませんので
夜に強い方の(いろんな意味で・・・)チャレンジをお待ちしてます。
7月に入ったので、入り口付近で朝の6時ごろから駐車料金を集めてると
思います。
posted by maiduru at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする