2015年07月12日

由良川の夏フェス

よく利用するコンビニの店員さんに、お気に入りの女の子が居ます。

先日、買い物が終わって店を出ると、その女の子が後を追ってきました。

店「おとうさん、すみません。商品を入れ忘れてましたぁ〜」

ん?

入れ忘れた商品のことなんかより「おとうさん〜?」

ゲゲッ!そういうイメージで見てるんやぁ・・・男やナイと言われたようで、

ちょっとへこむなぁ・・・

あのねぇ〜お嬢ちゃん。オジサンはねぇ、こう見えてもホントは・・・

怖ぁ〜いオオカミさんに変身しちゃうんだぞぉー。ガオォ〜!グキッ・・・痛ててっ、腰がぁ〜。

歳より若く見られたいとは思いませんが、健康的に歳を重ねていきたいなぁ〜とは思ってます。

釣り友のキーヤンも同じ意見で、

キ「白髪なんて染めたくもないなぁ〜。自然が一番やわ」

って、あのなぁ〜!白髪を染める前に、髪の毛を増やしてくれぇーちゅうねん。

そんなキーヤンが、京丹後市での仕事の合間に釣り・・・あれっ?釣りの合間に仕事・・・

(まぁ、どっちでも良いのですが)出世して社長になることをあきらめたキーヤンが、

あっ、もとから外資系の会社だけに社長は無理か・・・土曜日に釣りをしたいという話で、

ぶっ太いキスがバコバコ釣れる場所を探すようリクエストしてきた。

たまたま金曜日に、ヒコボシさんが由良川へ入るという事だったので、その釣果を聞いてみると

ヒ「久しぶりに大ギスのアタリを堪能した。」ヒコボシさんのブログ

という事で、由良川河口に決定した。

しかし、このところ良い情報が飛び交っていて、土曜日は込み合うのが予想されたので、

まぁ、そこは地元だけに、場所取りまでは面倒みましょう。

11日、土曜日の早朝?午前2時に家を出ると、ヒコボシさんから勧められたチロリを買うために

宮津の五輪堂釣具店まで走り、由良川の駐車場所に着いたのは3時前になっていた。

着いてビックリです。

普段は1〜2台しか止まってない所なのに、7台ほどの他府県ナンバーの車が止まっています。

平日の釣行が多いボクには驚きの状態です。

『うまくポイントに入れるんやろか?』と不安になりますが、道具を用意して

海岸線の河口に近い場所へ目指します。

すでに夜釣りで入ってる釣り人が5〜6人居て、その横を通り過ぎていきます。

なんとか一人は入れる場所があったので、荷物を置いて場所を確保です。

明るくなるまで待つのも芸がないし、竿を出して2〜3投しましたが、まったくあたりません。

体力の温存で、護岸に座ってキーヤンを待ちます。

すっかり明るくなった4時半ごろにキーヤンも到着して、二人で交互に投げました。

15071101.jpg.JPG

しばらくして、キーヤンが本日の最長寸28.5cmを上げました。

今まで「川漁師」には縁がなかったので、釣り方や地合いも判りませんが、

テレサテンが歌ってたように『川のぉ〜♪流れに〜身を任せぇ〜♪』してると・・・

あれっ?「時の流れ」やったか・・・

流された仕掛けが、流心までくると、ゴゴォ〜ンとあたります。

良く釣れて面白いことは面白いのですが、

さすが、普段から年寄りに見られるボクだけに、9時ごろにはギブアップです。

キーヤンは「楽しい。面白い。」と釣り続けるので、ボクは先に帰ります。

ボクの釣果は、27cmまでで、キープは10匹ほど

15071102.jpg.jpg

キーヤンは、最長28.5cmで、25cmオーバーは7匹のキープ総数18匹でした。

15071103.jpg.jpg

イセエビさんが電話をかけてきて、

「グッジョブ!」と、釣り場案内人をホメてくれましたが、秋の落ちギスには

これ以上の釣果を見込める所を探さなアカンようになったし、ちょっと難しいかも・・・

まぁ、なるようになるか。
posted by maiduru at 00:05| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする