2015年11月14日

つ、疲れたぁ〜

2016年シーズンから、阪神タイガースの指揮を取る『金本友憲(かねもと ともあき)』の

引退会見でのコメントですが、金本さんにとって野球とは?と聞かれ


「人生そのものです。10歳の時から始めて7割8割がしんどい事で、

 2割3割の喜びというか充実感しかなかった。

 少しの2割3割をずっと追い続けて7割8割が苦しいという、そんな野球人生でした。」

まぁ、これはプロ選手の、しかも一流と言われるほどの選手の言葉ですが、

趣味で、しかも「なんちゃってぇ〜」で、投げ釣りをしてるボクにしてみれば

7割も8割もシンドイ努力なんてするぐらいなら、投げ釣りなんて止めてます。

「2割の努力に8割の楽しみ」が理想かな・・・



大阪のキーヤンが、12日に京丹後市まで仕事で行くので、13日は休みを取って

落ちギスを狙いに来るというので、それなら12日はウチに泊まって

翌朝から釣りへ行こうという話しになりました。

キーヤンとは15年ほど前に、和歌山の天神崎へ夜釣りへ出かけて以来、

島根半島一周や高知の大月町、隠岐、五島列島など一緒に釣行する機会は多いのですが

なぜか「良く釣れた」という記憶がありません。

まぁ、これに関してはキーヤンも同じ事を思ってるかも知れませんが・・・

13日の早朝から・・・のつもりでしたが、前夜に少し多めにお酒を飲んだ事もあって、

8時ごろに家を出発。

12日の田烏湾の釣果は、ヒコボシさんから、電話で聞いてますが、

本日は、小浜の釣姫でジモちゃんが釣りを始めているし、

由良川の周辺では、トトさんが釣っていて

その釣果がメールで入ってきます。

釣姫は釣れてませんが、由良はポツポツ釣れてるようです。

黒鯛釣具でエサを買って、キーヤンと相談した結果、

まずは難波江の遊歩道へ行ってみる事にしました。

少々高めの波が寄せて来ますが、なかなかイイ雰囲気です。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

シーズンの終盤に強い「三松」へ。

投げやすい突堤には先客が居たので、浜から狙います。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

波気がある時には、テトラの内側で釣れる「東三松」へ。

広い釣り場なので、東西に分かれて入ります。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

2年前には良く釣れた「高浜の若宮」へ。

15111301.jpg.jpg

適度に海は荒れて、なかなかイイ雰囲気です。が、

いつも釣りをしている、地元のおっちゃんが居ません。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

帰り際に、ガシラ釣りをしていたおっちゃんが声をかけてきましたが、

お「キスかぁ〜?今年は釣れてナイでぇ〜」とか。

ジモちゃんからは、釣姫をあきらめて須浦へ周ったけど、やっぱりアキマセンと

リポートは入ってましたが、ここまで来たら釣姫まで行こうという事になり

小浜へ向けて出発しましたが、途中で『そういえば、夏に尺ギスの出た

和田という手もあったなぁ・・・』と思い、行き先を変更して和田へ。

港内の突堤が空いていたので、大波止の航路筋へ投げます。

ここで、ようやく!本日初めての魚信が来ました。

小さいけど、プルプルと引きました。

が、ガッチョですがな。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

由良で釣りをしてるトトさんが、26マデですが、数を釣ってるという事で、

同じ外洋に面してる、舞鶴の野原か小橋、田井あたりはどうだろう?かと考え、

それなら尺は期待出来ないけど、確実に釣れる「瀬崎」へ行く事にしました。

いつもの石積みの波止が、先端に波が当たって入れません。

安全第一で、中間部から岸向きに投げます。

ウヒャヒャハハ〜!入れ喰いですがなぁ〜!

10cm前後のキスが食いついてきます。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

ここまで来たら、小橋じゃ〜!という事で・・・

このブログを始めて、最初に記事にした「小橋・竜宮の浜」へ。

時刻は、すでに午後4時を回ってます。

駐車料金を徴収していたおっちゃんが

「今日は時間も遅いし、料金は要らんわ」と、恩着せがましく言われながらも

向かいに見える大波止の白灯台方向へ投げます。

小さいキスが1匹のみ。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次・・・

って、もぅ〜あきましぇ〜ん。

さすがにギブアップです。



ボクの努力メーターの針は、すでに3割を越してます。

今季は落ちギスの群れを見つけられないかも・・・

帰宅後、キーヤンからメールが入りました。

『今年はもうアカンやろか!?
 
 いやいや、もう一度くらいはチャレンジしたいと思います。

 よろしく〜!』

って、ワシ、フィリピンあたりへでも移住しようかなぁ・・・



posted by maiduru at 14:36| 京都 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

もう、慣れました。

『ある村の小さな港の怨念』

 市街地をずいぶんと走り、幹線道路から奥へ引き込むような形で

 ひっそりとある村の、浜辺にある小さな突堤で釣りをしていると

 気づかないうちに、すぐ後ろに、ひっそりと老人が立っているのに

 驚かされたが、さらに老人が海を指差してつぶやいた・・・

 「この辺りにはなぁ・・・大きなキスがおんねん・・・」

って、ちょぉ〜しこいた事ぬかしてんじゃねぇ〜よ!(ボカスカッ!)

何べん来ても、釣れんっちゅ〜ねん!えぇ〜かげんにせぇ〜よボケッ!

しまいにはなぁ・・・な、泣くぞぉ〜。


ちゅ〜ワケで、イセエビさん、ジャコさんを迎えての本日のイベント

「みんなで楽しく釣ろう!ベラとガッチョの会」は無事終了しました。

画像?

そんなモン、撮るような値打ちも無かったワイ。

家からの行きしなに高浜・若宮を探りましたが、ここもハズレ。

昨日から朝の冷え込みが強いので、ちょっと期待して須浦へ到着したのは

午前9時ごろ。

先行の二人の釣果を聞いて、今日はあきらめました。

キスが2〜3匹で、20アップは1匹だけとの事。

落ちギスを探しに、食見の遊歩道をテクテクと歩きましたが

根掛かり多発で、心折れました。

釣姫に寄って、最後はボクにしては珍しく砂浜で竿を出しましたが

タコが釣れただけ。

 

落ちギスの魔術師としては、いよいよ奥の手・・・魔法の出番です。

ハリーも通ったホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書によれば・・・なになに、

以下のモノを大鍋に煮込み・・・ふむふむ、

イモリの黒焼き粉末に、ヒキガエルの目玉・・・とな。

近畿の北のはずれとはいえ、舞鶴も文明国家・日本の一部です。

そんな材料があるはずもなく、しかたなく、

井森美幸の写真を焦がして、古くなった上下そろいのスエットで

「シタガエル寸」の毛玉を取って・・・

って、そんなんで釣れるワケないし。


これは、ホンマに、いよいよ

今季「若狭湾落ちギス収束宣言」となるか?
posted by maiduru at 23:35| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

密偵通信その2

3日(火)

ジモちゃんが、朝一番で釣姫へ寄ったそうですが、釣り人も少なく

釣れてないようでした。

151102jimo.jpg.jpg

いよいよ「神頼み」か・・・
posted by maiduru at 15:12| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

密偵通信その1

小浜の草の者、ジモちゃんから密書が届きました。

『 昨日、東三松で朝、ポロポロ釣れました。

  最大で21cmです。

  若宮、城山はサッパリでした。』

151101jimo.jpg.jpg

三松にキスが入って来ると、落ちギスも盛期なんですがねぇ〜。

難波江に入ってたキスの一部かな?

舞鶴では、昨夜からシトシト降っていた雨も、午後からは曇り空でした。

ちょっと冷え込んでましたから、海況も変わるかな?
posted by maiduru at 19:11| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクランブル

その昔、「日本プロレス」において、今から思うと夢のタッグ、猪木、馬場の

タッグチームが「インターナショナル・タッグ王座」を獲得し、その当時

大人気だった巨人の「0N砲」にちなんで「BI砲」として活躍していた。

残念ながらブッチャー&ジェト・シンという、こちらも人気タッグとの

一戦を最後に、二人が同じリンクに立つことは無かった。

アナ「おぉ〜っと!タイガー・ジェット・シンのサーベルが猪木の額をめがけ

   振り下ろされます。あぶないっ!これは強烈だぁ〜、猪木、ピィ〜ンチ!

   どぉーする、さぁ〜出るのか?馬場、出るのかぁー!」

って、自分で実況しながらトイレへ駆け込むヤツがいましたが、

確かに、ここ一番のピンチには頼りになるヤツの登場が待たれます。

そして、この落ちギスシーズンの最悪の状況のなか、ボクにとっての

ジャイアント馬場なのが「ダイワ・チョイズム18−295」です。

古くなった竿ですが、今まで、数々の大物を仕留めてきた頼りになるヤツです。

アナ「おぉ〜っと、何度行っても釣れない落ちギスに、このままシーズンは

   終わってしまうのか?もう今日からは11月で、落ちギスもピィ〜ンチ!

   どぉ〜する、さァ〜出るのかぁ・・・」


15110101.jpg.JPG

久しぶりに秋らしい柔らかい陽射しに包まれて、用事のついでに寄った

コンビニでホットコーヒーを買って、車でノンビリ飲んでいるところに

イセエビさんから携帯がかかって来た。

A「3日は天気が悪そうだし、4日にジャコさんと行きますわ。」でした。

前回予定の釣行が流れて、大物師の「じゃこごうこ」さんだけに、

落ちギスは来ないと思ってましたが。http://blogs.yahoo.co.jp/yashoo00367

こ「この時期の天気予報は、あまりアテにならないし、なにより肝心の

  落ちの群れが判らんでぇ〜。」

先週の木曜日以来、若狭の落ち情報は不振を極めています。

ただいまの時刻は午後1時過ぎで、帰って用意を済ませたら2時になるなぁ〜。

ん〜・・・・。

永ちゃんが言うんですよねぇ〜「やっちゃえ」って。

で、3時に釣姫に到着しました。

投げ釣り師は・・・誰も居ません。

今年は駐車場のおっちゃんが居ないので、情報を聞くことが出来ず、

自分で実釣するしかありません。
      
まず港内から、期待の頼りになるチョイズムで攻めてみます。

1棟、2等、3党・・・ミニガッチョだけ。

おいおい、ハズレ竿になりさがってしまったのか?

嫌な雰囲気ですね。

この後、車に戻り竿を替えて、小突堤〜浜〜遊歩道〜岩場と、

今日もフルコースでフルボッコでした。

駐車場の横の山では、エサを求めて降りてきたサル達が騒いでます。

15110102.jpg.JPG

そろそろ冬支度なんでしょうかね。


4時前に須浦へ行きましたが、突堤の上にはイカ釣りのファミリーが

2組も居て投げれませんので、しかたなく浜から竿を出します。

15110103.jpg.JPG

最近は投げてなかった磯場の方まで、広く探りましたがあたりません。

海水は澄んでいて、心なしか、今までより根掛かりが少なく感じました。

上がってくる海草も、青いのと茶色いのと半々くらいですね。

結局、5時近くになって、だんだん薄暗くなってきても波止が空かないので

本日の調査は終了でした。

それにしてもなぁ〜。どぉ〜なってるんやろ?

田烏湾にキスの群れは入って来ないのやろか?
posted by maiduru at 00:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

中止です。

「若狭落ちギスツアー」の最終下見に行って来ました。

まぁ、結論から書くと『中止』ですわ。

明日も今日と同じ条件での釣りになるし、天候も良くありません。

一日で状況が、いっぺんするとは思えないし・・・

ん・・・いっぺんする?と言われてもなぁ〜。

まぁ、興味は無くは無いのだけれど、でもねぇ・・・

普通の生活にもどれんかったら・・・って、えぇー!

「一変」ですかぁ〜、なるほど・・・。



月曜日に下見して、なんとかキスの顔を見てるので、本日は余裕で

朝9時に家を出ました。

キスの活性を見るだけで良いし、エサは黒鯛釣具に寄ってイシゴカイを

500円だけ買って出発です。

普段はいい加減なボクですが、釣りに関しては慎重な方で、

念のため、先日から釣れていた「難波江海水浴場」へ行きました。

21日に来たときは、浜には一杯の釣り人でしたが、今日は一人だけ。

15102901.jpg.JPG

駐車場のおっちゃんも、小屋を閉めて居ません。

さっそく釣果を教えてもらいに行きました。

こ「おはようございます。どうですか?釣れてますか・・・」

釣「アカンねぇ〜。フグばっかしで、たまに小さいのが来るだけやわ。」

どうやら、この場所には寄ってないようです。

お礼を言って、難波海岸の方へ移動しました。

15102902.jpg.JPG

サーファーだらけです。

沖を狙うので、遊歩道へ降りて、岩場の陰から釣ります。

15102903.jpg.JPG

何度投げても、まるで北斗神拳の伝承者ケンシロウに殴りかかるザコのように、

まったくアタリません。

こうなれば、奥義の北斗百裂拳を出すしかありません。

投げては回収するの高速回転です。

アタタタタタタタタ・・・

腰に来ました。

不安定な岩場の上で繰り返し投げてたらねぇ・・・歳だし。

まぁ、次があるし、ほどほどにして移動します。

一昨年に良かった「高浜・若宮海岸」です。

15102904.jpg.JPG

風向きが良かったのか、思ったほど波がありません。

砂浜から石積みの波止まで、じっくり探りますが、キスが居ません。

『ふん、まぁ〜えぇ〜ワイ。田烏湾があるし。』まだまだ余裕のヨッちゃん。

次、行ってみよう!

と、12時前に着いたのが「田烏」です。

な、なんや?雨が降ってきました。

今日の天気予報では、風が強いものの雨は降らない、となっていたのに。

車の中から様子を見ますが、止みそうにありません。

15102905.jpg.JPG

雨の中、車から遠く離れて釣りをするのもイヤだったので、田烏の大波止は

パスすることにしました。

15102906.jpg.JPG

今年の落ちが遅れている釣姫に移動しましたが、このところの荒れた海の

影響なのか、切れ藻が大量に打ち上げられています。

濁りも思ったほど無いし、なんか、釣れそうな雰囲気でした。

若狭のヌシさんの格言「釣姫は午後1時の尺タイム」に期待して

岩場〜遊歩道〜浜〜小突堤〜港内と、久しぶりに釣姫のフルコースを

頂きました。

もう、パンパンです、足が。

ここでやっと「ヤバイよ、ヤバイよ。」の心です。

いよいよ、最終決戦の場「須浦」へ移動です。

シトシト降る雨の中、車を置いて駐車料金を払いに行くと、

いつものおじさんが「この雨の中でも行くんかねぇ?」と声をかけて来ました。

「ウン、ボク、雨が好きやねん」って、もしボクが男なら抱きしめてやりたい

ようなセリフをグッとこらえて、ニコニコ笑って500円を払いました。

アレッ?もしボクが男なら・・・?なんか表現がオカシイけど、まっいいか。

波止には先着の釣り人が居たので、浜からスタートします。

ヒュ〜ン、キリキリ、ゴキッ。

何度、根掛かりしたでしょう。

そのうち、釣れないのか波止が空いたので、さっそく移動です。

今日は「須浦対策バージョン」の短い仕掛けを用意してきています。

普段より50cm短寸です。

ヒャハハ〜、これを投げてゴンってアタったら「タンスンにゴン」って。

おやじモード全開です。

セロリは嫌いですが、ここはセオリー通り、船の係留付近を攻めます。

続いてオレンジブイの周り。

沖の航路筋。

あれ?どうしたんやろ・・・落ちギスの魔術師と言われたボクが・・・

って、誰も呼ばないが、魔術師だけにオチはないけどネタはある。

って、なんのこっちゃ。

まったくアタリません。

ミニカワハギにミニチャリコくらいです。

こりゃ〜アキまへん。

明日の「落ちギスツアー」は天候も悪いし、中止を勧める方が良さそうです。

コリヤ〜あかん、だけに中止韓国(勧告)ですなぁ〜。(これはヒドイ:本人)

車に戻ると、若狭のヌシさんから携帯が入ってました。

火曜日に釣行した際の状況から、今日は釣れてると予想していたそうです。

いやはや、残念な結果で・・・いやいや、これで終わるワケにはイカンし。

最後の気力を振り絞って、再度、釣姫に戻ってチャレンジです。

午後4時。

寒いぃ〜。冷たいぃ〜。あかんもんはアカンねん。と、つぶやくボクでした。



「なんでやねん!オレのどこが悪いねん〜。なっ、そんなこと言わんと・・・」

おねぇ〜ちゃんとの「切れ」も悪いし、お○っこの「切れ」も悪いボクは、

(ん?歳?)4時過ぎに、以前に地元の漁師さんから聞いた阿納に居ました。

15102908.jpg.JPG

なんでも、港内の川の流れ込みに落ちギスが群れている事があるそうな。

15102907.jpg.JPG

気力は、さっき振り絞ったので、後は切れの悪さだけで投げましたが、

やっぱアキマへん。

いつしか雨も止み、すこしだけ夕焼けがキレイでした。

な、泣くもんか・・・。


posted by maiduru at 23:49| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

微妙な結果

さすがに10月も下旬になり、おとといから寒くなってきました。

昨日は風も吹いて、海は荒れ模様。

今日からの大潮で、キスの群れが入って来なければ、今年の若狭の

落ちギスは不発に終わるのかなぁ〜・・・

で、本日は「若狭落ちギスツアー」の下見調査に行ってきました。

今回で4回目となりとますが、今まではそれなりに笑顔で終了しましたが

今年は自信無いなぁ。


当初の予定では、難波江の遊歩道からの沖向きを探ってみて、

その後、大型は出ませんが数が釣れる大島漁港の造船所の波止から

投げてみようと思っていましたが、昨日のうねりが残っていて

海は大きな波が打ち寄せてきています。

外海に開けていて波に強いといえば、釣姫〜須浦しかありません。

小浜のビック釣具店で「小アオイソメ¥500」と「イシゴカイ¥500」を

買って、須浦へ9時半ごろに到着。

さっそく波止から、いつもの船が係留してある辺りへ投げてみると

1投目から25cmほどのキスが来ました。

その後、4投に1匹の割合で釣れます。

ちなみに、4投に2回は根掛かりで、後の1回は素針です。

15102601.jpg.jpg

1時間ほどで20アップ6匹という事で調査を終了して、釣姫へ。

港内、波止、浜、遊歩道と周りましたが、根掛かり多発だけで

キスの顔は見れませんでした。

11時半ごろに調査は終了しました。


今日は、昨日の海が荒れた影響なのか、水が濁っていて

いつもの釣姫・須浦という感じでした。

エサはアオイソメが良かったようです。

半分に切って、上と下の針に刺してちょうど使いやすく、大きな針

とうか太いハリスの仕掛けが使えるので便利です。

根掛かり対策に、仕掛けも短くして、ポイントに投げ込んで

少し引いて仕掛けが砂地にあるのを確認してから待っていると

ゴンっときます。

今年の須浦は根掛かりが半端なく、以前からのような「探り釣り」は

ダメかと思われます。

明日は風が強い予報が出てますので無理ですが、30日までにあと1回は

下見調査に入ります。

例年なら、田烏→釣姫→須浦の順で、群れが入って来ると思うのですが、

さてどうなんでしょう?
posted by maiduru at 23:11| 京都 | Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

確認出来ず。

朝の5時過ぎに家を出発。

平日の釣りだけに、ご近所への多少のうしろめたさも手伝って、

コソコソと準備して、なるべく音をたてずに出発しましたが、ウチの周りには

年寄りが多く住んでるので、多分、またバカ息子が遊びに行きよるわ、と

ヒンシュクをかってるんでしょうね。

けど、じぇんじぇ〜ん、堪えてませんけどね。

小浜に入って、ビック釣具でアオイソメとイシゴカイを購入。

ビック釣具は、アオを大中小と3種類に分けて販売してくれてるので、

最近は良く買ってます。

黒鯛釣具も、もう少し営業努力をして欲しいものです。

6時過ぎに釣姫に到着すると、ジモちゃんが港内で竿を出してました。

偶然?なんて、あるわけもなく、ボクが探索の手伝いに呼んでました。

遊歩道から投げ始めましたが、チャリコぐらいです。

先週もそうでしたが、釣姫も須浦も水が透明でキレイです。

裏山も、少しずつ紅葉し始めて、落ちギスの雰囲気にはなってきてます。

浜に移動して、ようやく15cmほどを1匹釣りましたが、続きません。

ジモちゃんは、フグばかりなので須浦へ転戦です。

ボクも少し粘りましたが、アタリも無くなり、須浦へ移動です。

ジモちゃんは、浜から投げてますが、波止が空いてたので先端から投げます。

波止の延長方向はチャリコくらいで、横向きの、船の係留場所あたりで

18cmくらいを1匹だけ。

今日の偵察は「アカン」と、結論が出たので、久しぶりに「志積」の波止へ

移動しました。

ジモちゃんに実釣をまかせて(便利な言葉ですねぇ・・・)ボクはお休み。

朝ごはんの「おでん屋」を開店です。

前の晩に、濃い目の味付けの「とんこつ塩味」で具材を煮込んで、下味を

しっかりつけておいて、現場では薄めの透明スープで煮込んで、上品な見た目に

良く染み込んだ味付けを心がけております。

舌触りの滑らかさを出すのに、具材は面取りをしておくと言う丁寧な仕事に、

素材には舞鶴でも有名所の練り物を使い、素材の持つ本来の美味しさも

楽しんで頂けるものと自負しております。

・・・って、ワカンねぇ〜だろぉ〜なぁ・・・。

それにしても、今回も作り過ぎですわ。

波止に居た、イカ釣り師さん3人にも食べてもらって、ようやく完食でした。

ちょっと考えなアカンなぁ〜。

ジモちゃんが、ベラにフグしか当たらないと言うので、今日のもう一つの目的、

新規ポイントへ移動しました。

15100901.jpg.jpg

ロケーションは良いのですがねぇ・・・小さいキスだけ。

でもまぁ、久しぶりに砂浜でノンビリしました。

のっこみ期の夜釣りには良さそう。


すべてのミッションを終えて、ボクは帰りましたが、さすが職務に燃える

草の者ジモちゃん、南川の河口へ移動して23cmのメタボキスを釣ったようです。

お疲れさん。


来週の中ごろあたりで、もう1度「落ち群れ」を探しに行くつもりですが、

うまく出会えるでしょうか・・・。
posted by maiduru at 23:31| 京都 | Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

明日は探索

世の中では、TPPの合意を受けて経済がどう動くか憂慮し、

第3次安倍改造内閣の発足に、今後の政治の見通しを危惧し、

ノーベル賞の受賞者に賞賛を送り、はたしてボクも受賞できるのだろうかと悩み、

小泉今日子が新しいソフトバンクのCMにセーラームーンのコスプレで

出演する事に喜んでいる・・・そんな今日この頃に、

AB「今度、月末の30日に行くから、車横付け、チョイ投げで大キスがバコバコの

   ポイント探しといてぇ〜!」とムチャ振り。

こ〜「お客さん、このごろホント無茶ね。おじさんはフゥ〜よ。」

怪しい無国籍ガイドに変身して答えるが、今年の若狭はチョット難しいなぁ〜。

ayasii.jpg

キーヤンとゲストと加えて3人で来るらしいが、心配だなぁ〜。

小浜の草の者ジモちゃんには、ABさんから渡すよう頼まれた釣り針100本を

先日会った時に渡してるので、直近になれば指令出しまくりになりそう。

釣姫の駐車場が開放されて、料金徴収のおじさんが居なくなり、情報屋が

確保できてないのも痛い。

いろいろ悩んだ結果、自分が動くしかない!という結論に至りまして、

明日は早朝より、田烏湾の落ちキス探索と、新規ポイントの開拓へ行ってきます。

大潮前の中潮で、干潮の底が5時半と、タイミングは良さそうですが

海水温度が20度を切ってないのが気になります。

いやいや、ボクの「ウデ」があれば、なんとかなるさ・・・さぁ〜?
posted by maiduru at 23:48| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

夜釣り

最後に夜釣りをしたのが何時だったのか、忘れるくらい久しぶりの

「夜釣り」でした。

あまりに疲れてシンドイので、本日は報告まで。


投げ吉さんから「久しぶりに半夜で音海に釣りへ行きませんか?」と

誘われている所へ、キーヤンから「仕事で丹後へ行くから、夜釣りをして

明けてからキスを釣りに行きたい」というリクエストが入り、

『そんなら一緒にまとめてしまえ!』ちゅう〜事で、音海から大飯のタムさん

ポイントへ周って、明けてからどこかでキスでも・・・って言ういい加減な

予定を立てて行ってきました。


いつも行く音海のポイントは、夕方から午後9時ごろまでしか釣れない場所ですが

30cmほどのチャリコ、マダコ、アコウが釣れるし、車横付け、自販機のそば

っていう絶好のロケーションです。

午後7時前に着くと、投げ吉さんが準備をしてました。

15100301.jpg.JPG

さっそく二人で投げると、投げ吉さんの竿に23〜4cmのチャリコが来ました。

15100302.jpg.JPG

その後、20アップのキスを追加しましたが、アタリは遠いですね。

9時ごろに、キーヤンと待ち合わせた「おおい町」へ移動しました。

キーヤンと合流して、10時前から三人で投げますが、アタリがあるのは

ヒイラギやゴンズイ、アジにミニセイゴくらいです。

久しぶりに「おでん屋台」を開店しましたが、飲めないのが残念です。

あれこれバカな話をして、あまりに釣れないから、仮眠しようという事になり

それぞれ釣り座に戻ると、キーヤンが竿を曲げて呼んでます。

階段状になった護岸の付け根あたりに、大きな魚を寄せてました。

タモなんて無いので、タオルを持って魚の口を掴むと引き抜きました。

15100303.jpg.JPG

さすが、その昔は大物釣り師だったキーヤンです。

キス仕掛けで、70cmアップのスズキを良く釣り上げました。

15100304.jpg.JPG

道の駅「シーサイド高浜」で仮眠して、朝5時過ぎに須浦へ行きました。

投げ吉さんは、敦賀の気比の松原へ行くという事で、先に出発してました。

6時ごろに須浦へ到着しましたが、先着の釣り人が居て波止には入れず、

浜からの竿出しです。

1投目から20cmほどの細いキスが釣れて、今日は良いかも?と、投げ続けると

良いアタリで20アップのダブルです。

海藻の根掛かりに悩まされながらも投げ続けると、25アップのメタボなキスが

釣れました。

隣の釣姫に、同じく朝からジモちゃんが入っていたので、電話して呼ぶと

月曜日の残りエサですわぁ〜と言いながらも、30分ほどで2匹釣って

用事があるからと帰っていきました。

2匹ほど追加で釣りましたが、9時ごろからはアタリも無くなりギブアップです。

敦賀でボッコボコにいわされた投げ吉さんもやって来ましたが

2匹ほど釣っただけでした。


今年の「須浦」は、海草が多くて根掛かり多発です。

海底にはロープが入っているようで、ハリが折れたり高切れもあります。

今月の中ごろからオチの群が入ってくると思いますが、釣り難い場所に

なってしまったようです。

そろそろ新しいポイントを探さねばならないようです。

posted by maiduru at 23:12| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

まだ早い?もう遅い?

アレッ〜?

いつの間にか、暦は9月に変わってますがな。

8月に入ってすぐの、ある日。

なにげなく背伸びをしようと、両腕を上げた時に、右肩に違和感を感じたのですが

(野球のピッチャーちゃうんやから、違和感って書くのも変ですが、

 他に思いつく適当な言葉が見当たらないもので・・・)

そのまま気にせず上げた途端に、右肩にビビッって電流が走りまして

ウウッー!ってしゃがみこんでしまいました。

1〜2分で痛みは治まりましたが、あくる日から、右腕が肩より上がりませんし

上げなくても、腕を伸ばすと電流が走るようになってしまった。

コンセントに指を突っ込んで充電してるワケでもないのに、なにかした拍子に

ビビッーって電気が走ります。

歳を取ると体もポンコツになってくるとは聞いていましたが、それにしても

情けないことです。

まぁ、普段の生活には支障がないのが幸いなんですがね。

季節的にも、キス釣りは夏枯れの時期でしたので、畑仕事に精を出してました。

春先から「ぬか漬け」を始めてましたので、美味しいキュウリやナスを作るのに

汗をかいてた次第です。


ところで、五十肩で困ってることを姉に話したのですが、

こ「ボクも59歳だし、これが最後の五十肩やわぁ〜。」

姉「あんたはアホやなぁ〜、40でも60でも五十肩って言うんやでぇ。」

そんな事は承知でしたが「最後の・・・」って所に面白さを感じないかなぁ〜。

同じ血を分けた姉弟でも、笑いのセンスは別なんやなぁ。

って、思ってたところへイセエビさんから電話があって、

こ「五十肩で困ってるんよ。」と話すと、

A「あれっ?もう六十肩ちゃうの?」と返してきました。

こ「アホ言うなやぁ〜、これが最後の五十肩やわぁ!」

これこれっ!

やっぱ、大阪のノリは気持ちイィ〜!


そんなグズグズの毎日でしたが、9月に入って、あちこちから「尺ギス」の

話が舞い込んでくるようになって、そろそろ動かないと「落ち」の季節に

間に合わないようになってきました。

例年なら、11月に入ってから「若狭・落ちギスでウヒョ〜の会」を開くのですが

今年の落ちギスのピークは、早くなりそうな気がします。

今年も、ゴリゴリ、ガッツン、グィングィ〜ンの落ちギスのアタリが

楽しめるんでしょうかねぇ・・・

とりあえず、小浜の密偵に指令を出しときまひょ。
posted by maiduru at 03:35| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

由良川の夏フェス

よく利用するコンビニの店員さんに、お気に入りの女の子が居ます。

先日、買い物が終わって店を出ると、その女の子が後を追ってきました。

店「おとうさん、すみません。商品を入れ忘れてましたぁ〜」

ん?

入れ忘れた商品のことなんかより「おとうさん〜?」

ゲゲッ!そういうイメージで見てるんやぁ・・・男やナイと言われたようで、

ちょっとへこむなぁ・・・

あのねぇ〜お嬢ちゃん。オジサンはねぇ、こう見えてもホントは・・・

怖ぁ〜いオオカミさんに変身しちゃうんだぞぉー。ガオォ〜!グキッ・・・痛ててっ、腰がぁ〜。

歳より若く見られたいとは思いませんが、健康的に歳を重ねていきたいなぁ〜とは思ってます。

釣り友のキーヤンも同じ意見で、

キ「白髪なんて染めたくもないなぁ〜。自然が一番やわ」

って、あのなぁ〜!白髪を染める前に、髪の毛を増やしてくれぇーちゅうねん。

そんなキーヤンが、京丹後市での仕事の合間に釣り・・・あれっ?釣りの合間に仕事・・・

(まぁ、どっちでも良いのですが)出世して社長になることをあきらめたキーヤンが、

あっ、もとから外資系の会社だけに社長は無理か・・・土曜日に釣りをしたいという話で、

ぶっ太いキスがバコバコ釣れる場所を探すようリクエストしてきた。

たまたま金曜日に、ヒコボシさんが由良川へ入るという事だったので、その釣果を聞いてみると

ヒ「久しぶりに大ギスのアタリを堪能した。」ヒコボシさんのブログ

という事で、由良川河口に決定した。

しかし、このところ良い情報が飛び交っていて、土曜日は込み合うのが予想されたので、

まぁ、そこは地元だけに、場所取りまでは面倒みましょう。

11日、土曜日の早朝?午前2時に家を出ると、ヒコボシさんから勧められたチロリを買うために

宮津の五輪堂釣具店まで走り、由良川の駐車場所に着いたのは3時前になっていた。

着いてビックリです。

普段は1〜2台しか止まってない所なのに、7台ほどの他府県ナンバーの車が止まっています。

平日の釣行が多いボクには驚きの状態です。

『うまくポイントに入れるんやろか?』と不安になりますが、道具を用意して

海岸線の河口に近い場所へ目指します。

すでに夜釣りで入ってる釣り人が5〜6人居て、その横を通り過ぎていきます。

なんとか一人は入れる場所があったので、荷物を置いて場所を確保です。

明るくなるまで待つのも芸がないし、竿を出して2〜3投しましたが、まったくあたりません。

体力の温存で、護岸に座ってキーヤンを待ちます。

すっかり明るくなった4時半ごろにキーヤンも到着して、二人で交互に投げました。

15071101.jpg.JPG

しばらくして、キーヤンが本日の最長寸28.5cmを上げました。

今まで「川漁師」には縁がなかったので、釣り方や地合いも判りませんが、

テレサテンが歌ってたように『川のぉ〜♪流れに〜身を任せぇ〜♪』してると・・・

あれっ?「時の流れ」やったか・・・

流された仕掛けが、流心までくると、ゴゴォ〜ンとあたります。

良く釣れて面白いことは面白いのですが、

さすが、普段から年寄りに見られるボクだけに、9時ごろにはギブアップです。

キーヤンは「楽しい。面白い。」と釣り続けるので、ボクは先に帰ります。

ボクの釣果は、27cmまでで、キープは10匹ほど

15071102.jpg.jpg

キーヤンは、最長28.5cmで、25cmオーバーは7匹のキープ総数18匹でした。

15071103.jpg.jpg

イセエビさんが電話をかけてきて、

「グッジョブ!」と、釣り場案内人をホメてくれましたが、秋の落ちギスには

これ以上の釣果を見込める所を探さなアカンようになったし、ちょっと難しいかも・・・

まぁ、なるようになるか。
posted by maiduru at 00:05| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

次はいずこへ・・・

先月くらいから、左の膝の調子が悪く、歩くたびに痛みます。

おまけに、柔軟体操をしていたら右肩に痛みが走り、以来、肩が上がりません。

あちこちガタが来ていますが、なんとか釣りは出来ています。

ただし『歩かない・投げない・続かない』の釣りですが・・・


15061502.jpg.JPG

15日に須浦で釣ったキスですが、海藻がキツくて、浜からの釣りは出来ずに

波止の延長方向で釣れました。

15061501.jpg.JPG

1時間ほどで2匹の釣果でしたが、昨年も尺ギスが出ているので

数は釣れなくても大型が期待出来るかな?と思っていましたら

全キスの速報では、お隣の食見で優勝魚が出たそうです。

やっぱり数は釣れてないみたいですが、この時期の若狭には大物が潜んでいるんですね。

でも、21日といえば、舞鶴では前日の深夜からカミナリと大雨で大変でした。

悪天候の中でも優勝魚を釣り上げるとは・・・コメントしずらいですね。

ボクには真似のできない釣りですわ。


posted by maiduru at 23:16| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

久しぶりの釣果

ホンマ、釣りへ行くのも久しぶりではありますが

釣果をアップするのは、もっと久しぶりですわ。

その昔、和歌山の有田川で良型のキスを釣る仲間たちを見て

ジェラシー半分、からかい半分で『川漁師か!』と呼んでましたが、

いやいや、恐るべし「河口の釣り」

本日の、由良川での釣果です。

15062401.jpg.JPG

隣で釣っていた方はスゴかった。

25〜6を数匹に、29.5を含め、20オーバーがごろごろしてました。

釣る人は釣るんですね。
posted by maiduru at 22:41| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

8cmから

久しぶりに行ってきました。

が、前日の天気予報と違って、晴れながら強風が吹き荒れる状況でした。


今季のキス釣りを開幕するのに、さて、どこにしようかと迷いましたが

昨年、この時期に良型のキスが上がっていたのを知らなかった「須浦」から

スタートすることにしましたが、まだ早いかも?の不安もあり

舞鶴から1時間かかる場所だけに、ここはお庭番の出番と、ジモちゃんに連絡。

都合良く、昼ぐらいから釣りへ行けそうという返事だったので

こ「お昼過ぎに着くくらいで行くから、連絡ちょうだい」と、偵察を頼んでおいた。

朝はゆっくりと10時半ごろに出発して、途中の高浜や鯉川・岡津の様子を見ながら

小浜には12時ごろに到着。

今日は時期的にアオイソメを使おうと思っていたので、ビック釣具店に寄って

エサを買って出たところでジモちゃんに連絡してみると、今からお昼を食べてから

出かけるところという返事で、結局、ボクが斥候役となってしまった。

須浦までの海岸線を走っていると、アレッ?結構風が吹いてるなぁ〜の感じだったが、

現地に着いて、波止の先端で釣りをしてる方に聞いてみると

釣「時々、突風が吹いて釣りどころじゃないわ。キス?ぜぇ〜ぜん。」の返事でした。

確かに、風が強くて、海には白波が立っています。

15051101.jpg.JPG

それでも浜からなら少しは風がマシかな?と、移動して準備しましたが

今日の風は小さな湾内を巻いているようで、正面から吹いたり横から吹いたりと

一定しません。

軽いオモリしか使ってないので、飛ばないのはしょうがありませんが、底が取れないし

アタリも判らない状態です。

2投したぐらいで、ジモちゃんに報告。

こ「風で釣りにならんわ。」

ジ「市街地でもちょっと吹いてますねぇ。堅海の方へ周りますわ。」

ボクは今後のこともあるので、強風を我慢して、釣り場を探ります。

藻場の位置は、ここ数年と変わらないようですが、暖冬だったせいなのか量が多いですね。

コンコンというチャリコみたいなアタリが何度かありましたが、結局、キスは釣れず

根掛かりで針を3本消費して終わり。

ついでなので、隣の釣姫へ移動しました。

風の影響が弱そうな、浜から竿出しましたが、アレッ?

小潮の干潮の時間帯ではあるのですが、水際が突堤の半分のところまでせり出しています。

15051102.jpg.JPG

砂が打ち寄せたのか、浜が広くなって、いつも目安にしていた黒ブイが竿2本くらいの

距離になっています。

ふぅ〜む・・・これは、養殖イケスに近づいたし、今までのポイントが近投で狙えるし、

エェ〜ことなんやろか?

ここも3投ほどして、アタリも判らんし撤収です。

他に釣り人も居ないし、料金徴収のおっちゃんも居ないので、近況も聞けずでした。

その後、堅海の突堤で、ジモちゃんに合流。

ここも風が強いやん。

それでも、15cmくらいを3匹ほど釣ってるようで、ジモちゃんは粘ってます。

15051103.jpg.JPG

ボクは20cm以上が欲しいからと、泊へ移動。

漁港に車を止めて、波止や護岸から投げましたが、ぜぇ〜んぜんダメ!

堅海で粘ってるジモちゃんのところへ戻り、また来るわ。と話して小浜を出ました。

帰る途中で、エサも残ってるし加斗のラブホ前の護岸から竿を出しました。

ここで、ようやく8cmほどのキスが釣れて『キス開幕』となりました。

さて、今年こそ尺は釣れるんでしょうかねぇ・・・
posted by maiduru at 07:10| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

再始動です。

しばらく休みます。から、ずいぶんと久しぶりになってしまいました。

雪は融けて、桜も散って、夏日が観測される季節になってしまいました。

もちろん、今年の釣りは行ってません。

心境の変化というほど大したものではありませんが、そろそろ太陽が恋しくなって

明日は釣りへ行こうと思います。

まぁ、この時期ですし、狙いはキスですね。

脂の乗った、ぶっ太いキスが釣れれば良いぃ〜なぁ・・・

結果は、また明日。


ボチボチ更新していきますので、またよろしくお願いします。
posted by maiduru at 22:46| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

ジモちゃん通信・9

このところ良いお天気が続き、ひところの毎日がグズついていた頃にくらべ

爽やかな晩秋というところでしょうか。

若狭湾も、沖には冷たい海水層がありますが、沿岸は安定しているようで

落ちギスも期待出来るのかな?と思っていましたら、

ジモちゃんからの密書が届きました。

『 24日、本日は、若宮〜三松〜城山と半日行ってきました。

  どの場所も1、2投はアタリがあるのですが、後が続きません。

  それでも、時々、良い型が釣れました。』

14112401.jpg.jpg

う〜ん、やっぱりこの時期は散発的なアタリですね。

ノーサイドの笛が聞こえてきそうです。



ところで、

18日火曜日の、夜のTVニュースで高倉健さんの訃報を知りました。

残念ですね。

最後の映画スターがお亡くなりになったというより、またひとつ、

昭和という時代が、遠く流されていくようでした。

ボク的には、東映の仁侠映画を見てあこがれていた世代ではなくて

東映を退社した後の活躍の方が印象的なんですが、

「不器用」とか「時代遅れ」とかのイメージではなく、

「男」を魅せてもらいました。

『大人になりたいと思ったことはなかった。

  いつも、男になりたいと思っていた。』と、ラークのCMは

不惑を迎えた頃のボクには、カッコ良く映りました。

逆に、健さんは55〜6歳の時の映像で、ちょうど今のボクくらいですから

考えるだけ落ち込みますわ。

まだまだ精進ですね。

謹んで、ご冥福をお祈り致します。

合掌

kentakakura.jpg

高倉健さんは、1931年生の福岡県まれで、享年83歳でしたが

2012年の映画「あなたへ」で205作品に出ています。

そこで、先週から「個人的追悼シネマ期間」として

1970年作 : 昭和残侠伝・死んで貰います
1977   : 八甲田山
1977   : 幸福の黄色いハンカチ
1983   : 居酒屋兆治
1985   : 夜叉
1989   : BLACK RAIN
1994   : 四十七人の刺客
1999   : 鉄道員(ぽっぽや)
NHKテレビ 追悼番組「高倉健という生き方」

を、見終わりました。

本来であれば、見終わった批評をグチグチと書きたい性格なんですが、

今回は、健さんの勇姿を見るのが主題なので止めときます。

東映からの独立後、1作目が「八甲田山」なんですが、

やっぱりこの後からの、健さんの演技や表情がとっても良いです。

残り196本を見終わったら、遺作となった2012年の「あなたへ」を

見ようかと考えてますが、いつになるやら・・・


昔、健さんの映画を見終わり、映画館から出て来た人は

だれもかれも健さんになりきって、肩で風を切って出てきたそうですが、

ボクもあえて一言

「漁師になりたいと思ったことは無かった、
 
 いつも、大きな魚を釣りたいと思っていた。」第一精工・ラークシリーズ

って、船釣りか・・・
posted by maiduru at 06:43| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

ジモちゃん通信・8

大阪に住んでた頃の話ですが、勤務先のK君が釣りをしたいというので

一緒に和歌山の日高町まで釣りへ行きました。

朝一番の照ちゃん渡船に乗って、小浦・沖の一文字へ上がり、

沖向きで上物釣りのK君と地方向きで投げ釣りのボクと、

別れて釣りをしましたが、一向にアタリすらありませんでした。

あまりに釣れなくて、ボクの様子を見に来たK君がボクに聞きます。

K「なんででしょう?なんか釣れる方法は無いんですかねぇ〜?」

ボ「ほほぉ〜。ほんならエェこと教えたるワ。あのなぁ〜海に向かって

  『神様、釣らせて下さい。』ちゅう〜て、頼むんや。えぇ〜か、

  大事なんわぁ、声に出して言う事やねん。心の中とか小声で

  ボソボソではアカンでぇ〜!」

K「ほ、ホンマですかぁ〜?」

機械設計者のK君でしたが、どこかで人智を超えた力も信じそうな

人の良い子だったので、素直に海に向かって叫んでました。

K「神様ぁ〜!釣らせて下さぁ〜い!」

そんな彼の後ろ姿を、タバコを咥えてニタニタと笑いながら見てました。

ボ『フォッフォッホ〜。まだまだ可愛いトコがあるなぁ・・・』と。

ところが数分後、

K「き、来ましたぁ〜。」「また釣れましたぁ〜♪」と、

魚が回遊してきたのか、イサギやソーダ鰹を次々に上げています。

まっ、そういう事もあるかなぁ・・・と、喜んでるK君を横目に見ながら

ピクリともしない竿先を見ていましたが、そのうち、こらえきれなくなり

ボ「神様、釣らせて下さい」と、小声でつぶやいてしまった。

すると、待望のアタリが出て、ズボッと抜きあげたのはウツボ・・・だけ。

それ以来、神頼みはした事がないのですが、

(それ以前は、テストになると、神さまの忠実なしもべでしたが。)

先日の須浦で、先に入られていた名古屋から来たという方に

釣「ブログを書かれてますか?」

ボ「はい。誰も見ないようなブログですが、一応は。」

釣「浦島の人ですか?」

ボ「えぇ〜?そうですが・・・」

釣「タムさんのページのリンクから飛んで、時々見させてもらってますよ。」

ボ「あ、ありがとうございます。」

釣「実は、今日来たのもブログを見て、有給を取って来たんですよ。」

ボ『ヒョェ〜。』

釣「名古屋からなんで、片道3時間です。」

そういえば、ブログに尺ギスへの最後のチャンスとか、実績の小潮とか

好きなこと書いてたよなぁ〜。

以前からボクを知ってる方や、前からこのブログを見て下さってる方なら

もう、すでにお判りだと思うのですが、釣れた魚の画像が無いブログです。

書いてる内容も、どちらかというと釣行前の希望というか、お願いの要素が

たっぷりの記事です。

そんなワケで、ブログの公開?紹介?も出してませんが、

ヒョェ〜と恐縮するばかりです。

初めて若狭湾を挑戦だぁー!というトトさんも来てるし、

なんとか大型キスが回遊して来ないかと、ボクには珍しく、あちらこちらと

場所を移動しながら投げ続けましたが、まったくダメでした。

あまりの貧果に、とうとう、つぶやいてしまった。

ボ「神様、釣らせて下さい。」


須浦からの帰り、名古屋からの釣り人が、釣姫で少し竿を出してから

帰ると言われていたので様子を見に行くと

釣「ピンギスが1匹だけでした。」

ヒョェ〜!

ホンマ、残念でした。また来年来て下さいね。


今年の落ちシーズンは、事情もあって2回しか釣行できず、

密偵のジモちゃんからの情報を頼りにブログを書いてきましたが

丹後や宮津、舞鶴、高浜へは全然行ってないので、やっぱり自分で釣行し、

他の場所の情報も集めないと、良い釣果にはつながりませんね。

今年の反省を踏まえて、来年こそは「尺ギス」です。

しかし、まぁ〜、なんですなぁ・・・ズッズゥー(お茶)キス釣りは、

難しいぃ〜おまんなぁ・・・




先日の釣行の際、先に帰られるトトさんから、余り餌を大量に頂きましたが

ボクにも使い切れなかったので、パックに入れ替えて

釣姫に隠しておきましたが、うまく隠密・ジモちゃんが探し当てて

 (トトさん、ジモちゃんもお礼を書いてましたが、ありがとうです。)

本日、釣りへ行ったようで、お昼過ぎに密書が届きました。

『 須浦の浜で、半日釣ってきましたが、渋いです。

  普段より10mほど沖で当たってきました。(ABさんと同じ意見)

  大きなアタリもありましたが、シモリに食われ、針の結び目から

  切れました。(って、ボクが渡した仕掛けか?)』

14111601.jpg.jpg

ふぅ〜ん、やっぱり4匹ねぇ〜。

・・・・ん?1匹は28cmあるなぁ〜・・・

くっそ〜、神様にお願いしやがったか!って、ちゃうちゃう。

もちろん、そんなくやしさなど微塵も書かずに返信しときました。

『 落ちの終盤は、群れも小さいから、釣姫のあちこち探り歩いて

  尺ギスを釣るスタイルになるやろね。

  精進せぇ〜よ。』

すると、暗くなった6時過ぎに、また密書が。

『 3時過ぎから釣姫へ行ってきました。

  (ま、マズイなぁ・・・こんな時に、空気も読まずに尺を釣るヤツです。)

  岩場、浜、突堤から投げましたが、ゴミがたくさん浮いていて

  海の濁りもひどくて、釣りになりませんでした。』

14111602.jpg.jpg

なぜかホッとするボクでした。

ジモちゃんは、まだまだ落ちギスを追いかけるようですので

また速報が入れば記事にします。

ジモちゃん、頑張ってね。
posted by maiduru at 21:53| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

シビレたぁ〜(泣)

先日、ブログに書いた「仁義なき戦い」が、渋い男の映画なら

そのはるか前、中坊の脳みそを大いに刺激してくれたのが

今は倒産してしまった大映の「渥美マリ」主演の「しびれくらげ」や

「いそぎんちゃく」などなど。

もちろん映画館に入館して上映を見たわけでもなく、

当時の風景では、条例も規制もなく、街中に堂々とストリップ興行やエロ映画の

ポスターは貼られ、そしてもちろん劇場の前には、出し物を煽る巨大な看板や

スチールが飾られていましたから、自然と目にしたワケで・・・

まだ幼い頭の中で「クラゲに刺されるとシビレるくらい痛いのか?」

「たしかにイソギンチャクは、ゆらゆらと妖しく揺れるが?」と、

ワケが判らんままにも(今でもよく解かりませんが?)春の目覚めの時でした。

そして大人に近づき「渋いぃ〜!」と言ってた少年は「シビレるぅ〜♪」を

経験してゆくのでした。

って、そんな昔話しはどうでもよくて、

本日の釣果ですが、

『渋い』を通り越して『しびれる』でした。

えっ?そっちの「シビレる」じゃなくて「痺れる」の方です。

投げても投げても当たらず、痺れが切れました。



たぶん、今週の大潮で「落ちギス」が入って来ていると予想して、

過去に釣果の良かった小潮を狙っての釣行でした。

天気予報は、北海道では積雪で、近くの石川県、福井県は大雨となってましたが

若狭周辺の雨雲は、北西風に乗って、うまく切れぎれに通過してますので

なんとか小雨で収まるのでは?と、とりあえず雨の準備もしときました。

朝9時過ぎに出発し、釣姫には10時半ごろに到着。

だぁ〜れも居ません。

しかも、港内を風が巻きながら吹いてます。

空模様は、時折、青空も見えるくらいで雨の心配は無さそうです。が、

替わりに、予想より風が吹いてます。

これなら曇り空で、風が弱い方が釣り易かったかも。

密偵のジモちゃんから、昨日は大荒れで今朝も波は残ってると連絡があったが

波より、海の濁りが取れてない方が残念です。

須浦の方が、風はマシかなぁ〜と移動して、突堤へ出てみると

聞いていた通り、トトさんが竿を出してました。

ご本人の活躍はブログで。http://syouai438.blog.fc2.com/

浜の中央で、一人、投げられていますので、奥の護岸の上から投げました。

昨日の荒れた海が想像出来るようなゴミの山で、波打ち際にもゴミが大量に

漂っています。

14111401.jpg.JPG

小潮の割には、波も押し寄せて来て、砂浜の部分まで海水が来ます。

「こりゃ、阿寒国立公園。愛知高原国定公園やなぁ・・・」と、

久しぶりのダジャレも出るくらい、期待はずれでした。

「もう、二度と公園ぞ!」も虚しく響きます。

3人で1時過ぎまで投げましたが、結局、キスの回遊はナシで

トトさんが帰られるのをキッカケに、釣姫へ移動しました。

風の中、港内を数投して、あきらめがつきました。

14111403.jpg.JPG

14111402.jpg.JPG

名古屋から来られたという方も、頑張って浜側の突堤から投げられてましたが

ピンギスが1匹だったそうです。

帰り道は3時間と言われてましたが、無事に帰宅されてますように(祈)

遊歩道から投げていた方も帰ってこられて、やっぱり1匹だったそうです。

気象庁でも天気をハズすくらいやから、ボクの落ちギス予測なんて

ハズれてあたりまえ!だと、自分に言い訳して終わりました。

ガツゥーンと、頭の先までシビレルような当たりを期待していただけに

残念な釣行でした。

まぁ〜こんな日もあるさ。



10月の1週目に「落ち便り」を聞いて、11月の2週目以降、良い話が

出てきませんが、終わりには早すぎるような気もしますがねぇ〜。

とりあえず、ボクの今季の落ちシーズンは終了です。


posted by maiduru at 22:35| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

落ち・・・ますか。

自分の予測では、今週末あたりがラストチャンスかなぁ〜?って

思ってたら、この先の天気予報は、ずぅ〜っと雨模様です。

明日の木曜日からは、気温もグンッと下がり、釣りには厳しい

状況のようです。

今年は、なかなか釣りへ行けなくて、なんとか金曜日に

昼間の潮止まり前後の時間帯を狙って、釣行できれば良いなぁ〜と

考えております。

たぶん小さな群れの落ちギスは、来月まで楽しめるでしょうが

バコバコを楽しむなら、そろそろ終わりですかねぇ・・・

いずれにしても、ボク的には金曜日の釣行あたりで

今年のキス釣りは「落ち」かなぁ〜。
posted by maiduru at 00:19| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする