2014年10月09日

ジモちゃん通信

いよいよ「落ちギス」のシーズンになりましたが、先日から予定を立てると

雨や風、台風の悪天候に中止が続きました。

ちょっとついでに・・・の感覚で竿を出せば良いのですが、さすがに小浜市まで

走るとなると、やっぱり釣果も気になり、腰が上がりません。

そこへ、大阪からイセエビさん、キーヤンが土曜日に釣りへ来るという連絡があり、

『ここはジモちゃんの出番やなっ!』と、田烏湾の調査を頼みました。

本日、木曜日のお昼ごろに報告が来ました。

『朝6時過ぎから5時間釣って、最長26cmの5匹でした。朝一番はサッパリで

 9時過ぎからポツポツ程度の釣果でした。』

14100901.jpg.jpg

釣姫の釣果ですが、先週末に竿を出したタムさんと同様の結果みたいでした。

やっぱり、水温が下がって、昼からのほうが良いのかなぁ?って思ってると、

夜になって第2信が入ってきました。

『昼からも行って来ました。

 夕方の2時間半で11匹で、最長は25cmでした。

 釣れた場所は、ほとんどタンク前あたりでした。』

と、速報がありました。


ちょっと大丈夫かなぁ〜?と思える感じですが、さてさて土曜日はどうかな?

ただ、今週は小浜市で「OBAMA食のまつり」というのが開催されるようで、

http://www.wakasa-obama.jp/

全国のご当地グルメと物産が買えて、地魚の干物を炭火網焼きで食べて

ミニ大漁市での鮮魚の販売や小浜ならではの鯖寿司食べ歩きなど、

不漁でもそこそこ楽しめるかなぁ〜と思ってます。
posted by maiduru at 23:45| 京都 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

再開通です。

ようやくネットが開通し、再セットアップも済みまして

ひさしぶりの更新です。(テヘヘヘッ・・・)

プロバイダも変わったのですが、新しいトコはHPのサービスが無くて

リンクが切れてしまっています。

しかたないので追加サービスを頼んでるとこです。


先週末に、ちょこっと半夜で釣りへ行ってきましたが「落ち」前の静けさなのか

まったくアタリ無しで帰ってきました。

夜は涼しくなったし、海水を触ってみても冷たくなっていて、いよいよ昼間の

落ちギスに突入しそうです。

今日は「小浜の草の者・ジモちゃん」から密書が届きました。

140928_1823~01.jpg

『 本日夕方、釣姫を探索しました。いろいろ釣れましたが、落ちには程遠い

 結果でしたが、最大25cmあって、良い引きを楽しめました。』

と、もうすぐ落ちを感じさせる便りに期待は大です。

今年は3年ぶりに「田烏」が復活しないかなぁ〜と思ってますので、

月が替わればボチボチ探索に向かいます。
posted by maiduru at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

涼しい?いやいや、寒い。

ずいぶんと涼しくなりました。

というより、朝晩では寒いぐらいです。

でも、考えてみれば、まだ9月なんですよねぇ〜。

8月はじめの台風以来、舞鶴は雨の日が多く、今年は残暑なんていう言葉が

遠い過去のような言葉のように聞こえます。

日常が過ごしやすいのは良いのですが、夏の日照時間の少なさが

海や山に与える影響はどうなのか?気になるところです。

ちなみに、親戚から新米が届きましたが、まずまずの出来のようでした。

やっぱり日本の稲作技術はスゴイですね。

昨夜(木曜日)は、6時ごろに帰ってくると、ちょっと遅くなりましたが

スーパームーンの残照を見に行くのを兼ねて、半夜で釣りもしてきました。

ただ舞鶴は、朝から降った雨が昼過ぎに上がったばかりなので、

雲の合間からでも見れたら良いぃ〜な・・・でした。

14091101.jpg.JPG
《 高浜・難波江の月 》

釣りは、ボクが一人で夜釣りが出来る数少ない場所の「音海」です。

内浦湾では、タコが良く釣れるので、タコかアコウかチャリコでも、の3兎狙いです。

『二兎を追ってダメなら、三兎を追え』の格言?です。

まだ明るさが残る7時前に、第1投。

竿を置いて、周りに蚊取り線香バリアーを張ってから、竿を手にして

仕掛けをサビいてみると「?なんか重たいぞぉ〜」

ゴンと手ごたえがあったので、リールを巻き始めましたが、

重いけど抵抗がありません。

『おぉ〜、1投目から本命のタコか?』と、ちょっと嬉しい。

だけど、暗くなった海から上がってきたのは・・・

14091102.jpg.JPG

ここ数年、若狭湾でもコイツの稚魚がやたら釣れるようになって

地球温暖化の影響で生態系が狂ったのか?と思いましたが、

図鑑の分布説明には「東京都・新潟県以南の南日本。南シナ海。」とあるので、

釣れてもおかしくはないのですが、過去10年を見ても、釣れ過ぎでした。

食べて美味しい魚だけに、大きく育って釣れてくるのはラッキーかな・・・。

その後も、何度も打ち返しましたが豆チャリとフグばかりで、狙った魚は釣れず。

2時間ほどでギブアップでした。

1度だけ、竿たてに置いた竿を引き倒し、ジャッーとドラグを鳴らしたアタリが

ありましたが、エサだけ取られて逃げられました。

たぶんキスだと思うのですが、湾内に入ってきている数が少ないのか

このアタリ以外は沈黙でした。


明日からの三連休は、天気予報には晴れマークが出ていますが

このところの山陰の天気は、急変することもあるのでご注意下さい。

安全に、楽しい休日を過ごしてください。
posted by maiduru at 22:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

秋です・。

相変わらず雨が多い天候が続きますが、その分、ずいぶんと涼しくなりました。

夜には虫の音がリンリンと、煩いくらいに鳴いてます。

秋ですねぇ〜・・・

おぉ!そういえば黒鯛釣具のキス釣り大会は8末までやったがな。

と書きつつも、確信犯的に釣りへ出ていませんから、最初の意気込みも忘れ

今年も優勝はあきらめていましたが。

どれどれ、最近の釣果は?

ん?宮津で投げ釣りの釣果で30.2cmとな?

なんと、1位2位は投げ釣りの釣果になるじゃありませんか・・・

船釣りや磯釣りの多い客層で、投げ釣りに関してはボクだろう!と思ってましたが

これでは大きな顔をしてエサを買いに行けないじゃあぁ〜りませんか。

まぁ、若い方が投げ釣りで良い釣果を出した事については、とても嬉しいのですが。

少しは投げ釣りの客層も増えると良いのですがねぇ。

いよいよ9月に入り、落ちギスの開幕を期待してるのですが、

今年の夏は短期間だったようで、これが落ちギスにも影響するような気がします。

大きな群で落ちるのではなく、単発的にダラダラと落ちが続くような

5年ほど前(2009年?)の「冷夏」と言われた年に似たような状況になるのでは?

と思ってますが、なにぶんにもキスに聞いてみないと判りませんがね。


ところで、

現在使ってるネットは、AUのADSLを利用してるのですが、

このサービスが「今後の利用者増加を見込めない」という理由で、9月半ばで

サービス停止と通知が来ました。

代わりに、Wi−Fiへの加入を勧めてきました。

しかし、以前に無線LANを使ったときに、あまりに通信分断がひどくて

使い物になりませんでした。(近くで違法電波でも出てるのか?)

そこで光ネットを調べてみましたが、フレッツ光はサービス区域外でした。

あらためて「わしゃ、どんな田舎に住んどるんじゃ〜!」と魂の叫びをあげましたが

NTTに届くはずもなく、他の手段を考えるしかありません。

今のところ、EO光に申し込みましたが、開通までは1ヶ月以上かかるという事で

ブログの更新が出来ない状況もあるかと思います。

ブログは先日、AUから他社に替えてありますので、引き続き見られると思います。

しかしまぁ、市制を施行してるというのに、田舎ですわ。

電気が来てるだけマシやと考えなあきまへんなぁ〜(泣)
posted by maiduru at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

お盆休み

お盆休みですが、いかがお過ごしですか?

舞鶴は、毎日のように雨が降り、蒸し暑い日が続いております。

日頃は、世の中の常識や慣例に対して、どちらかと言えば否定的なボクですが

なぜか「お盆に殺生はアカン」という父母の言葉を、今でも守ってるワケで・・・

まぁ、もちろん、釣りには厳しい状況という事もありますが。

日ちゅうの釣りは、暑くて耐えられないし、夜釣りは蚊やブヨとの闘いがあるし、

涼しい部屋で、高校野球でも見ながら冷たいビール・・・の誘惑には勝てません。

とは言うものの、先月の末にキーヤンと夜釣りへ行って以来、竿を出してません。

16日には「宮津湾灯篭流し花火大会」があるので、しばらく宮津湾での釣りは

したくないし(流し灯篭なんて釣り上げたくないしね・・・)

大阪のイセエビさんから早くも「秋の落ちギス調査用」に、新しい針を

100本手配しといたから、今年もエェ場所を見つけておくようにと指令が来てるので

まだ早いとは思いますが(ピークは10末から11初でしょう?)

若狭湾の、今年の海底の状態を確かめる意味で、ポツポツと出かけてみましょうかね。


ちょっと気になったニュースがありまして・・・

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140815-OYT1T50079.html

釣り人なら「1091(イレグイ)」なんて、安易な暗証番号をしてませんか?

えっ、ボクですか?ボクは・・・って、書くワケにはいかないしなぁ〜。

気をつけましょう!
posted by maiduru at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

釣りへ行けません。

「暑い!暑い!」と口に出して言っても、

別に涼しくなるワケではないので、黙って耐え忍んでいれば

良いのですが、それでも言いたくなるほど「暑い!」です。

夜釣りへ行くつもりでしたが、8月になってからというもの

なんか天候が不安定で、雷注意報や大雨警報が出ます。

ガラスの根性を持つボクとしては、すぐに心折れて

涼しい部屋でアイスコーヒーを飲みながら、勇者たちの釣果を

ネットサーフィンして過ごしてます。

先日、夜釣りの準備をしていて

『そういえば、チャリーワンが戦線離脱したままやったなぁ・・・』と、

思い出し、5月以来仕舞ったままの竿を修理しました。

これで2本がそろい、チャリコ迎撃体制が整ったワケですが

台風が近づいているので、いつの出撃になるやら。


前に、若狭和田で良型のキスが釣れてると聞いて、

そのうち行こうと思ってたら、黒鯛釣具の釣果速報を見てみると

30cmが出たようです。

ムラのある釣り場ですが、カレイの50cmやヒラメ、マゴチも

出ている場所だけに、あなどれない場所です。

先日、夜釣りで入った「小橋」でも、なかなかのキスが出ているし

これは「場所やなくて腕」なのかも?

柳の下を狙って釣行するほど素直な性格じゃないので、

行くとしたら、小浜湾内なら「勢浜」で、外海なら「世久見」かな。

台風の影響をみながら考えましょう。
posted by maiduru at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

さて、どこへ?

先日の花火は「酷暑の合図」と書いたとおり
連日のように暑い日が続いております。
身も心もバテバテなんですが、キスの前半戦も終盤で
どこかで最終戦を闘うつもりですが、良い情報がありません。
このまま9月の終わりまで休むのは物足りないし・・・
というか、黒鯛釣具のキス釣り大会も終わってしまうし。

打ち上げ花火に点火したいのですがねぇ〜♪
posted by maiduru at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

暑中お見舞い

暑い日が続いております。
皆様には、暑中お見舞い申し上げます。

27日の日曜日は「舞鶴ちゃった祭り・花火大会」でした。
大阪・天神祭りの打ち上げ数が約4000発で、舞鶴の花火大会は
約5000発ですから、人出の割りに(天神祭りは130万人、
ちゃった祭りは3万八千人)ゆっくりと花火を楽しめます。

072701.jpg

毎年、この花火が上がると、夏の暑さを吹き飛ばす『納涼』というより
厳しい暑さが続く『合図』のようなもので、夏バテしないよう
頑張らねばと気を引き締めてます。

このところブログの更新が無かった理由は、
今月の初め、若狭湾のヌシ・タムさんのブログ記事を読んでいて、
最近は小型キスで苦労されてるようなので、そろそろ宮津湾かなぁ?
と思っていたら、舞鶴の小橋(おばせ)で大型キスが釣れてるらしく
さっそく実釣をかけてみようと・・・準備をしてると
ギョエ〜!まさかの体調異変。
土曜日の夕方だったので、月曜日を待って、近所のお医者さんへ。
それから診察や検査を経て、先週になってようやく
腎臓の結石が原因だったのでしょうという結論になって
今や、7種類の薬を飲んでます。
「SAY YES」も「YAH YAH YAH」も歌えませんが
薬漬けの毎日ですわ。
年齢とともに体にガタが来るのはしかたない事ですし、
うまく付き合っていくしかありませんね。
今回は自覚症状も無かったし、突然だったので、入院も覚悟してましたが
幸いにも在宅療養で済みましたので、これを機会に体調管理に努めます。
ちょっと安心した夜に聞いたルイ・アームストロングは「染みました」

http://youtu.be/mVw5HKanadw

ボチボチですが、また釣りへ行きたいと思ってます。
posted by maiduru at 21:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

舞鶴・野原で

しばらく更新が出来ませんでしたが、理由については改めて・・・

木曜日に、久しぶりにキーヤンから連絡があって
「金曜日に、仕事の都合で丹後へ行くけど、帰りに野原で夜釣りでも・・・」の誘いでした。
『野原って、どぉ〜よ?』と疑問はありましたが、この時期に釣れる場所は知らないし、
過去に良い思いをした記憶もないし・・・とりあえず、あちこちから情報を仕入れる事にして
金曜日に連絡することにして電話を切りました。
7月14日に、投げ吉さんと舞鶴の小橋へ行って、半夜のつもりが
まったくアタリも無い状況に、2時間ほどでギブアップしたばかりなのに、
隣の釣り場に好釣果が期待できるんやろか?
このところの暑さに腰が引けて、出てくる発想はネガティブなものばかりです。
久美浜のボート釣り師の知り合いに電話を入れても、丹後方面は良くないそうで
若狭のヌシ・タムさんに状況を聞くと、浅場で大型の回遊が期待できるから
野原なら、海水浴場の突堤が良いかも?と、さすがに粘投つり師のタムさんらしく
肯定的な意見でした。(一応、敦賀方面での釣りを勧められましたが、キーヤンが
帰り道を考えて、あまり遠くまでは行きたくないという事なので、今回は止めました。)

さてさて、どうしようか?と迷いましたが、キーヤンとの釣りも久しぶりなので
玉砕覚悟で、野原へ一緒に行くことにしました。
15年ほど前に、初めてキーヤンと一緒に「田辺の天神崎」へ行って以来、
なにかとボクの都合に合わせて、あちらこちらの遠征に付き合ってもらってるので
今回は、借りを返す機会でもあります。
あっ、借りを返すといっても、キーヤンと釣行して良い釣果に恵まれた記憶はないので
(誰と一緒に行っても釣果に恵まれない?・・・う〜ん、確かに。)
あくまでも、一緒に釣行するだけの事ですがね。

金曜日、午後6時に現着。

14072501.jpg.JPG

ボクも、久しぶりの「野原」です。
舞鶴に住んでいても、やっぱり野原は遠い釣り場です。
おまけに、途中の山道は、なにかと怖ぁ〜いウワサ話を聞くので、
暗くなったら通れません。
つまり、明日の朝になって明るくなるまで、帰れないワケでして・・・
まさに背水の陣です。
7時前にキーヤンも到着して、一応、大波止から釣りを始めました。
暗くなったら海水浴場の浜へ行くつもりで、ボクは大波止の中間あたりから
港内の内向きへ投入。
キーヤンは、セオリー通りに大波止先端から延長方向を攻めます。

14072502.jpg.JPG

5cmくらいのミニチャリコが当たってくるぐらいで、キスらしきアタリさえ無く
暗くなってきたので浜へ移動しました。
なぁ〜んも釣れません。
石積みの波止から投げてると、船を留めに来た漁師さんが
「釣れんやろぉ〜。」の掛け声。
心折れて、大波止のキーヤンのところへ戻ると、ようやく1匹だけ釣れたそうです。
15cmくらいのキスらしいので、まっ、ボーズと一緒です。
キーヤンに、場所を替えるか?と聞きましたが、
「満潮が午前2時なんで、それまで此処で粘ってみる。」との返事です。
『チッ!しまった。忘れてたけど、変に粘り腰なんやった・・・』
当然ながら、一人で山道を越える根性も無いので、一緒に粘るほかありません。
今のうちに晩御飯を食べておこうという事になり、ついでに覚悟のビールを。
晩御飯を食べながら、ついつい話に花が咲き、えぇ〜い!の缶チューハイも。
運転は出来ない以上、ここで粘るしかありません。
ご飯を食べた後、またテクテクと浜へ戻りました。

まったく釣れないので、午前0時を回ったころ、波止の中間くらいのところへ戻って
港内向きに投げていると、ようやくドラグが鳴りました。
なかなかの引きをみせて上がってきたのは、20cmを越えるくらいのチャリコでした。
チャリコを持ってキーヤンのところへ行くと、25〜6cmのキスが4本釣れたそうで
小さなキスは3〜4匹リリースしたそうです。
ぶっ太いキスが釣れて、喜んでいます。
午前2時の満潮の潮止まりで、車に戻って寝るのか?と思いきや
「ウチは5人家族やから、あと1匹釣れるまで粘るでぇ〜!」だそうです。
お父さんは、釣り場でも頑張ってます。
午前3時ごろ、ようやく1匹を釣って仕舞いました。

大波止では、風も適度に吹いて、思ったより暑くも無く
満天の星空のもと、楽しい釣行になりました。
ちなみに、午前4時半ごろ、明るくなりかけた途端にバイトらしきお兄ちゃんが
「駐車料金千円頂きます」と、集めにきました。
お父さんだけでなく、若者も頑張ってます。
日本って、良いなぁ・・・


posted by maiduru at 00:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

舞鶴って、どぉ〜よ?

先日の2日火曜日に、SSの親父さんが久しぶりに宮津で竿を出すと
連絡をもらいましたが、あいにく母親の病院だったのでご一緒できず
メールで過去に良かった「由良川の河口の満潮時」を勧めておきました。
結果的には、朝一の西宮津公園から傘松公園(江尻?)と周られて、
『刺身用、塩焼き用、天ぷら用、南蛮漬け用と全部揃いましたので
 終了です』と、お昼過ぎにメールをもらいました。
最長寸は25cmのようでした。
釣果があって良かったなぁ〜と思うと同時に、
自分で確認もしていないのに、いい加減な釣り場を勧めた事に気づき
しっかり反省でした。
それ以来、気になっていたので、ちょうど時間の都合がついた
6日の日曜日の朝に行って来ました。
現地到着は、朝の7時前です。
神崎海水浴場の駐車場は、なにかのイベントが(地引網体験?)あって
たくさんの車が駐車していました。
時間も無いので、駐車料金を払う気がしないから
漁港まで走って車を停めました。
ちょっと歩きますが、ポイントまではこっちの方が近いかも?

14070601.jpg.jpg

河口のワンドの状態は、依然と変わらずですが、
草地だったのが砂浜に変わってます。
河口には、漁船らしき船が5隻も出ています。
沖に向かった砂浜には、投げ釣りらしき人が4人ほどいます。
川の流芯にむかって1人、対岸には2人ほど釣りをしています。
川の流れが潮目のように、筋を作って流れていますが
23号のオモリなので、あえてワンドの中方向へ投げてスタートです。
いきなりアタリますが、小さいです。
思ったとおりのピンギスを、何匹か釣った後で、ようやく20cmほどの
キスが釣れました。
由良川の河川工事は済んでいるのですが、ゴミがたくさん沈んでるようで
木の枝や細いロープが掛かってきます。
満潮の時間に近づいているので、思い切って筋目の中に入れてみると
ゴンッと久しぶりの感触です。
即合わせで寄せて来ると、これも久しぶりに横走りをみせてくれます。
波打ち際にズリ上げてみると、ちょっと良い型です。
手で握った感じも、秋の落ちギスを思わせるような、ぶっ太いキスです。
やったかっー!来たのか?
期待してメジャーを当ててみると『ニジュウ・・・ゴ・・・?えっ?
ゴォーテン・・・ヨンッ!よ、よんっ〜!』思ったより小さいがな。
元気なキスで、2本針の2本とも喰ってました。
まぁ、久しぶりにエェ〜感触を楽しませてもらいました。
その後、ゴミの針掛かりに手こずりながらも、20クラスをキープして
5匹の釣果で、8時半に終了しました。
(帰り道に、親戚宅へ降ろしたので、画像がありません。ペコッ。)

黒鯛釣具さんの釣果速報では、舞鶴の白杉で26弱や、小橋の波止で28弱が
投げ釣りで釣れているようですし、大型の数を揃えるのは難しいですが
単発なら釣れる可能性は、舞鶴でも高いですね。
舞鶴でも、大型キスの期待が大きい「野原」の情報が入ってきてませんので
夜に強い方の(いろんな意味で・・・)チャレンジをお待ちしてます。
7月に入ったので、入り口付近で朝の6時ごろから駐車料金を集めてると
思います。
posted by maiduru at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

歳なんて、

どぉも。
まだ五十肩に泣かされてます。
しかし、ものは考えようで「五十肩」と呼べるのも、あと数年だし
会う人事に「いやいやぁ、五十肩でして・・・へへっへ」と、
若さを強調してる今日この頃です。
崖っぷちに指先だけでぶら下がってるような50歳代ですが、
新聞記事なんかで『初老の男性が・・・』なんていう文字を見ると
ドキッ!ってしてしまいます。
何歳になれば?何歳から?なんて、明確な定義の無い呼び方ですが
ボクはどうなんだろう?
まぁ、今までの経験上「早いのねッ♪」って言われた事もないので大丈夫でしょう。
って、なんだ下ネタじゃん・・・。
今週からは、本格的に暑くなりそうだし、7月の『海の日』までは
エンジン全開で、バリバリ行きますよぉー!(やっぱ、表現が昭和テイストやなぁ)

先日から、釣行しながらも記事を投稿しなかった分で、
昨秋、良く釣れた『須ノ浦』へも行ってます。

14060604.jpg.jpg

午後3時過ぎに、波止から投げても釣れなかったので、浜へ移動して投げてみると
秋に釣れた場所(沖のブイの周り)では、きっちり20cm級がアタリをくれました。
サイズも数も、これから・・・っていう時に、突堤の付け根に止めてある漁船が
浜へ出てきて網を入れ始めました。
磯の手前から、ブイの内側を通って、突堤の先をかすめて反対側の磯の前まで。
ウンウン、見事に大ギスの実績があるポイントをトレースしてます。
(内心では、メッチャ怒ってますが、まぁそこは大人の対応です。)
網に仕掛けを取られるのも嫌なので、即、撤収しました。
行かれる機会があった時に、小さなブイが浮かんでる場合は、場所を移動して下さい。
それと、公民館の駐車場へ車を停めた時に、500円を徴収してたお婆ちゃんが
転倒して腕を骨折したので長浜の娘さん宅で療養してるという事で、
料金は、すぐ下に降りた所にある、川を渡った向かいの家で集めてますので
(玄関先からこんにちは!と叫ぶと、奥さんが出てきます)
よろしくお願いします。
親切な方で、雨が降り出した時には傘を持って、突堤まで来てくれました。
小さな集落ですし、出来れば気持ちよく釣りを続けたいものです。

そうそう、赤礁崎へも行ってます。
『あかぐり苑地』から入って、船着場から投げました。

14060901.jpg.JPG

14060903.jpg.JPG

この日は風が強く、北西風が横から吹きつけるので、早々にワンドに移動しました。

14060904.jpg.JPG

ドラグは鳴るけど取り込めない!を何度かやらかし、
イセエビさんに電話で「なんでじゃろ?」と聞くと、
「修行が足りない!」と言われた釣果でした。
小浜湾の入り口で、ボート釣りのメッカ「勢浜沖」の対岸で、尺ギスの実績もあるし、
釣れそうな雰囲気なんですがねぇ・・・
公園の管理をするおじさんと話しましたが、夜10時以降になれば車は出せませんが
駐車場に車を止めて夜釣りは出来るそうです。


今年こそは、黒鯛釣具のキス大会で優勝を!
http://kurodai.info/taikai_b.html
posted by maiduru at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

欲望と言う名の釣り

このところ、なにかと忙しくて、釣りへは行ってるのですが
釣行記事も書きかけで止まったままです。
追い討ちのように、右肩が五十肩?で、キーを叩いているとボォ〜っと
痛みが出てきて、イライラ状態です。
さらに、先日は雨の影響で涼しくなって、季節外れの風邪まで。
誰かが言ってましたが『どげんかせんとイカン』です。
幸い、まぁ〜この歳になれば、気分転換の方法のひとつやふたつ
知ってるワケで・・・
キョホォ〜!キェーッー!!なぅまくぅさんまんだぁばざらぁ・・・
って、神頼みかよ。

宮本武蔵が「我、神仏を尊びて、神仏を頼らず 」と言ってるように
神様に頼る事はしませんが、ちょっと運動でもしてエェ汗かいて
心の淀みを発散しないとあきませんね。
久々の記事に、愚痴ばかり書いてますが、これからもボチボチの
記事投稿になるとは思いますが、よろしくお付き合い下さい。


ボクが良く使う道の、道路沿いに親戚の畑があります。
前日からの雨が小降りになった水曜日に、畑の前を通りかかると
トマトや万願寺とうがらし、とうもろこし等などの夏野菜が
緑も鮮やかに、順調に成長してる様子です。
『ふぅ〜む・・・こりゃぁ行っとくか』
で、見返りを求めての釣果の押し付けを目論んで
音海へ行ってきました。
夜の7時ごろには、降ったり止んだりだった雨も、
次第に止んでる時間が長くなっていて、釣りも出来そうです。
まぁ、この釣り場のすぐ後ろには、漁協の施設の軒先がせり出していて
少々の雨でも釣りは出来るのですが、やっぱり晴れてる方が
良いのにきまってます。
曇り空の影響なのか、すでに暗くなり始めた7時ごろに
ケミホタルを付けて、第1投です。
毎回、釣りのたびに第1投はあるのですが、根性の無いボクには
その日の釣果を占う上で、とっても期待してるワケで・・・
『うぅ・・・アカンのか?』
2色ほど引いてきた竿先に、ツンツン、ツゥーと弱いアタリです。
ホィ!と合わせると、かすかに魚の抵抗を感じます。
上がってきたのは、10cmほどのキスでした。
『う〜ん、今日は微妙やなぁ。』
キスをリリースして、エサも付け替えて、ちょっと右寄りへ投入です。
(け、けっして投げそこないではありません。ちゃんと狙って・・・)
右よりは岩場の延長で、根掛かりもあるので、仕掛けは置いたままで
待ちます。
『あれぇ〜?なんか突っついてるんやろか?』
しばらく待っても、引き込むようなアタリも出ません。
少し竿先を引くと、グィ〜ンと抵抗をみせます。
ホォイ!と合わせ、リールを巻き取ると、なかなかの引きをみせます。
珍しく、水面をバシャバシャいわせながら上がってきたのは
結構なキスでした。
目測で25cmは越えていそうでした。
本日も、あまり期待してなかったので、メジャーは用意してません。
『ふぅ〜む、これなら帰りに黒鯛釣具へ寄って、申請して帰ろう』
久しぶりの申請キスです。
気を良くして投げ続けますが、先日と違ってドラグは鳴りません。
先ほどのキスも、居喰いをしたわりにエサは、上下の2本針を
飲み込んでいました。
雨の影響で、気温も少し下がり、水温も下がったのでしょうか?
数匹のキスと、胴長10cmくらいのタコを釣って(リリースです)
本日は9時のチャイムを聞かずに撤収しました。

帰りに黒鯛釣具へ寄って、
こ「ちょっとキスを測ってくれるぅ〜♪」と店員さんに頼んで、
検寸台に乗せてみると・・・
店「えぇ〜っと、24・・・てん2ですね。」
ヒョェー!25ないし!
店員さんは申請しとけば?と勧めてくれますが、急いでキスを仕舞って
店を出ました。
現在のトップが、ヒロセオートキャンプ場の沖で、ボート釣りで
釣れた28cmだとか。
負けられんなぁ〜。

14061801.jpg.JPG

今回の釣果は、自宅で塩焼きにて消費しました。
暑くなる前に、なんとか、スイカや瓜との交換用の魚を釣らなくては・・・
posted by maiduru at 01:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

夕涼み

先週の金曜日に、投げ吉さんが音海で半夜釣りを敢行して
なかなか、えぇ〜サイズのキスを釣られましたが、
高確率で釣れるはずのチャリコはダメだったと聞いて、
『そろそろなんだけどなぁ〜?』と、確かめに行って来ました。

到着は7時過ぎと、ちょっと遅めですが、まだ明るさが残ってるので
すぐに竿をセットして第1投です。
クーラーに竿を立てかけて、蚊取り線香と殺虫剤で防御線を張ります。
さすがに田舎暮らしが長くなると、蚊取り線香に殺虫剤は
車に常備してあります。
畑仕事に草むしり、屋外での立ち話など、用途は多岐です。
バリアーは完成しましたが、アタリはありません。
あわよくば、大型キスでも釣れないかなぁ・・・と、仕掛けを
そろそろと引きずると、ツツッーと引っ張ります。
『小さいなぁ〜』と思いましたが、慎重に竿先を送ってから
ホイッ!と合わせると、スカッ!と乗りません。
今度は、置き竿でドラグもユルユルで待つと、ジィージィーと
軽い引きで20cm程度のキスが上がってきました。
ここから1時間ほど、投げるたびにアタリは出ました。
ドラグも、何回かはジャッーと強烈な引きを見せるアタリもあったのですが
結局、取り込めたキスは4匹でした。
先日、イセエビさんに「修行が足らん!」と言われましたが、
まさにその通りでした。
(でも、修行はしませんけどね。)
ここの釣り場は、地合いがハッキリしていて、急にパッタリと
アタリが無くなります。
8時半ごろ、ちょっと釣り場を移動して、以前に海上釣堀があったところへ
変わりました。
その1投目から、ゴンゴンと前アタリがあって、ギュィ〜ンと引きます。
うまく合わせも掛かり、目的のチャリコ28cmが釣れました。

14061601.jpg.JPG

群で回遊してるだろうと、すぐに投げ返して、チャリコを締めていると
ジャッー!と竿尻をハネ上げながら、ドラグが出ていきます。
『おい、おい』
急いでリールのベールを起こして、ドラグを締めましたが
あれっ?道糸が出ていかない。
たぶんキスのアタリだったような気がします。
それから意地になって投げましたが、スカシも繰り返し、
15cmほどのキスを追加できただけです。

定番の、向かいの原電から聞こえてくる午後9時のチャイムを聞いて
ちょっと心残りはしますが、竿を片付けて帰りました。
まぁ〜、こんなもんでしょう。

14061602.jpg.JPG
posted by maiduru at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

大ギスはどこ?

先日、小浜で良型のキスが出ているという話を聞いて、
情報の確認のため、久しぶりに「小浜の草の者」へ隠密指令を
出しましたが、返信には
「坐骨神経痛が出ていて、今、動けません」と書いてあった。
おいおい!
隠密が神経痛で動かれへん!なんていう話で、視聴率が稼げるか?
ブログが視聴率かどうかは別にして、いうなれば、
『暴れん坊将軍で、あざみが十文字隼人の腰をさすって、大丈夫?って
 聞いてる』話でわくわくするのか?という問題だ。
しかし、動けないもんはしょうがない・・・
こうなれば自分で確認するしかない!と思っていたら、連日の雨降り。
南東の風は強いみたいだし、潮も小潮で動かない。
モチベーションは、ダダ下がりです。
13日の金曜日に、大阪からキーヤンが釣りに来るという事なので
それまでに「メタボキスの25cmUP×10匹持ち帰り」可能な場所を
リサーチしとかなアカンのですが・・・

ここまで書いて、ふと時計を見ると午後10時を過ぎてます。
「10時か・・・」
いつもこの台詞で思い起こすのが「悪の十字架」の話。
百貨店の店員が、開店前に店の前で準備をしていると、
どこからともなく現れた、白髪を振り乱した老婆が近づいて来て
店員の耳元でささやく・・・「開くの10時か?」
そして、今日は、この開くの?に連想して思い出しましたがな。
『そうや、エサをクーラーボックスに入れたままやった・・・』
きょえっー!
先日は5〜6匹くらいしか使ってないぞ。
連日の30度の気温に、耐えているはずもないし・・・
ブログを書いてる場合ではナイ。

ちょっと処理してきます。
posted by maiduru at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

大会初日

今日から6月です。
毎年のように参加してる「黒鯛釣具店のキス釣り大会」の初日です。
最近では、キス釣りしかしていないような状況なので、
せめてキス釣りでは負けたくないなぁ〜と思っています。
さて、今年はどうなるのかなぁ?

夕食を食べた後、時間があったので、大会初日に出陣しました。
6時半ごろ黒鯛釣具店へ寄って、エサを購入。
「今年も踊らされてみるわぁ〜♪」と、店長に愚痴をかまして
いざ、出発です。
場所は、数少ない『夜でもへっちゃらポイント』の飯盛のラブホ前です。
(引き出しの少なさに、我ながら情けない・・・)
7時ごろに到着しましたが、まだまだ明るいですね。

14060101.jpg.jpg

先日行った赤碓崎が対岸に見え、夕日を受けて紅に染まっています。
くれない・・・といえば、最近は「紅の豚」という連想になりますが、
ボクの年代では「くれない族」の方が、頭に浮かびます。
えっ?夕ぐれ族?
それは、同じ80年代にあった「愛人バンク」の名前ですがな。
そうやなくて、くれない族とは
「〜してくれない」とよく口にする人や、そういった思考の強い人を
意味してるワケで「くれない族の反乱」というテレビドラマが語源です。
その年の流行語大賞で、流行語部門銀賞を獲得してます。
当時は、女性が「旦那が〜してくれない」とか「彼氏が〜してくれない」
といったように使われていましたが、最近じゃ、
女性の方が自立心があって、男の方が良く使うのかもしれませんね。
まぁ、そんな古い話はおいといて、

暗くなる前に、急いで竿をセットして、仕掛けを作ると
テトラの間を縫うように第1投です。
うまく狙いのポイントへは入りましたが、アタリはありません。
ここ数日は、良いお天気が続いていたので、川の流れ込む場所を
選択したのですが、ダメなのか?
そのうちピリピリといった小さなアタリが出ますが、竿先を
押さえ込むほどのアタリまでは発展しません。
キスが小さいのか、それともフグやハゼなのかもしれません。
3投ほどで、この場所をあきらめて、いつもの護岸へ少し移動です。
今日もラブホは繁盛してます。ウンウン♪
護岸の傾斜を降りて、いつもの所から投げます。
去年より、あきらかに海藻が少なく、その海藻の近くに投げると・・・
ホラッ!
ちゃうちゃう、ボラが飛び跳ねています。
竿を置いて、護岸に腰掛けると、ガタッ!ジィージィーと
ドラグが鳴ります。
ホイホイ、やっぱりなぁ〜と少し余裕で対処。
ベールを起こして、ドラグを締めて、さぁ〜!グィってしゃくると、
なぁ〜んもナシ。
オイオイ、本気と書いてマジかよぉ〜と思いながら仕掛けを回収すると
エサだけ取られてました。
やっぱ、エサの垂らしが長すぎたかなぁ?
いやいや、もっと走らせるべきやったかなぁ?
迷いはあるものの、結局はいつもの通りで投げてみます。
同じところをトレースしてるつもりですが、アタリません。
暗くなってるのに、沖では、まだボート釣りが2隻ほど動いています。
そのうち、
チクッという痛みで蚊に刺され、今年は初めて蚊にくわれて
免疫が出来てないせいか、痒くなってきました。
うぅ〜ん、アカン!

ちっとも当たってくれない!
キスが釣れてくれない!
温泉でも入って帰ろ・・・(泣)

1時間ほどの釣りでしたが、まぁ、初日を飾ったという事で、
今日のところは、こんなもんです。
posted by maiduru at 23:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

夏の釣り

基本的には、夏でも冷たい飲み物は避けて、

体を冷やさないように心がけてはいるのですが、昨日、今日の暑さになると、

さすがに冷たいモノが飲みたくなります。

青い海と白い雲、それに水滴の付いたペットボトル、夏ですねぇ〜♪


季節に乗り遅れないように、昨日の午後から釣りへ行って来ました。

家を出たのが12時半ごろで、黒鯛釣具店でエサを買うために寄ると

最近、隣に開店したレストランに気が付きました。

コンビニでお弁当を買って行こうと思ってましたが、ついでだし

食べに入りました。

う〜ん・・・可も無く不可もなく、普通の店でした。

寄り道したおかげで、現場へは2時前に到着です。

先日、下見をしておいた「赤礁(あかぐり)」に来ました。

最初は「あかぐり苑地」に車を止めて釣りをするつもりでしたが、

閉園時間が5時なので、今日は6時まで開いてる釣り公園に駐車して

遊歩道を赤礁崎まで釣り歩く事にしました。

先日下見をしたときに見た、釣り公園の隣の砂浜が、あまりに

良さそうに見えたのも理由のひとつです。

14052901.jpg.JPG

釣り公園の周りには、人口の漁礁が入ってるし、釣り客のエサが

魚を呼び寄せてるのでは?と思ったワケです。

狙い通り、1投目からアタリが出ますが、どうやら小さいようです。

釣り公園側に寄る程、型は大きくなるようですが、

それでも20cmまでのキスですが、釣れます。

まぁ、居る事が判ったので、道具を担いで先に進みます。

遊歩道の曲がり部分から、何箇所か投げましたが、

2投して1匹のペースで釣れます。

14052903.jpg.JPG

時間的に大きいのが出ない時間帯なのか、リリースサイズが多いですね。

今日は20cm超を5匹という目標だったので、遊歩道を先に進みます。

赤礁崎の船着場が見えたくらいの所が、ちょうど岡津や加斗の対岸になり

大ギスで有名な蒼島の反対側になります。

14052904.jpg.JPG

小浜湾を出入りする海流の流れが近く、水深もあって、期待が持てます。

ここで竿先を1mほど引き込まれるアタリ!

スカッ・・・この時期、難しいですね。

エサを付け直し、再度、待っているとコツッという前アタリがあったので

道糸を緩めて待っているとツツッーと引っ張ります。

すかさず竿先を送ってやると、スカッ・・・なんで?

こう見えても哺乳類では最高の頭脳を持ってる人間だし、魚ごときに

軽くあしらわれてなるもんか!っと、意地が出てきます。

もっとも、人間の頭脳にもいろいろあって、ボクが最高かどうかは判りませんが。
(長年使ってるしなぁ・・・ちょっと心配。)

エサを付け直して、もう一度同じところから引き始めます。

またもコツッと来たので、今度はベールを起こして、道糸を軽くつまみ

ゆっくり引っ張って訊いてみると、グィ〜ンと引っ張ります。

道糸から指を離して、走らせてみました。

完全遊動仕掛けなので、頃合を見計らってホイっと合わせを入れます。

ゴンゴン。

今度は付いてるようです。

駆け引きをした割には、上がってきたのは20cmほどのキスでした。

ビンビン暴れる元気なキスですが、針はクチに掛かっていたので

まだ食い気が薄いのかなぁ〜?

目の前を、渡船屋の船が走り周り、観光船もやってきます。

うまく日陰の部分だったので、しばし休憩を取り、

いよいよ本命ポイントへ進みます。

赤礁崎の湾内部分は、100mほどの弓形のワンドになっていて

砂浜になっています。

14052905.jpg.JPG

14052906.jpg.JPG

船着場へ入りたかったのですが、投げ釣りの先客があったので

手前の砂浜から投げます。

ところどころ海藻も茂っていて、水深も適度に浅く、アタリも出ます。

何匹か追加したころ、仕掛けを動かそうとするとコンとアタリがあって

しばらく待ちますが、それっきりでした。

あきらめて、仕掛けを少し引くとググッ!と抵抗します。

オヨヨ?と思いましたが、反射的に合わせを入れます。

ゴンゴンという引きをみせますが、キスではないようです。

リールを巻き取ると、なかなかの重量感です。

沖で浮かび上がった仕掛けの先で、バシャバシャと魚が暴れてます。

『ウヒョォ〜♪なんやろぉ〜♪時期的にはチヌやろか・・・』

近づいてくる魚に目を凝らすと、

赤!でもない。

黒!でもない。

?・・・げっ!お前かぁーっ!!

とてもデカイ、フグでした。(今までで一番かなぁ〜)

たぶんクサフグかコモンフグだと思うけど、30cm近くあった。

ガックリきたのを潮時に、時間も4時半を回っていて

帰り道も1kmほどあったので、ここで終了でした。

最後に、釣り公園から投げるつもりでしたが、帰り道の途中で

あまりの疲れにエサも放棄して、完全終了です。

久しぶりに、炎天下の釣りでした。

次回は、やっぱり夜釣りかな・・・。

今日のところは以上で。

14052907.jpg.JPG
posted by maiduru at 00:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

初夜釣り

「角淳一」は、元:毎日放送のアナウンサーですが、
「スミイチ」とは、野球で初回に1得点したきりで、その後は
双方のチームに得点が入らない事をいうワケですが、
これが釣りの世界にもあるようで・・・

今日は、午後からノンビリと釣りへいくつもりでしたが、
昨夜になって、ボクの少々痛んできた頭で考えるに
『今年は海藻が少ないようだから、隠れる場所のないキスは
 夜になって活動をするんじゃないだろうか?』
という結論を導き出し(かなり無理がありますが)
本日は、今季初の夜釣りをする事にしました。
もちろん「半夜」ですが。

午後3時過ぎに家を出て、黒鯛釣具でエサを買って
まず、以前から気になっていた所を目指します。
1時間ほどで到着したのは「あかぐり苑地」です。
前から、赤礁周辺を狙ってみようと思っていたのですが
塩浜海水浴場の周辺の駐車場は1日¥1000で、
釣れなければ1時間ほどで移動する事を考えると、
もったいなくて止めれないし、
海釣り公園の駐車場は、車を止める台数に関係なく
1人:入場料と込みで¥1000かかります。
原発マネーで潤っている大飯町なのに、なかなかの商売上手。
そこで、いろいろ探してみると、あかぐりキャンプ場の先に
「あかぐり苑地」という施設があって、入場料が1人¥100と
なっていました。
これは!と、膝を叩いて(ウソです)下見に来たわけです。
確かに、キャンプ場の前を通り過ぎて着いた場所には
「ゲートに100円硬貨を入れて入場して下さい」となってましたが、
駐車場は1台¥500と書いてあります。
14051401.jpg.JPG
赤礁崎がすぐそこに見えますし、遊歩道も整備されているようで、
釣りをするには良さそうです。
14051402.jpg.JPG
う〜ん・・・1台の車に分乗して来るには良いかも。
実釣は再度来る事にして、釣り公園へ周りました。
14051403.jpg.JPG
午後5時半を回ってましたが、この時期の閉園時間は6時となってます。
赤礁の遊歩道を見に行くと、鉄柵がしてあったので
公園の係りの人に尋ねると「釣りで入るのはOK」という事です。
ちなみに、海釣り公園での投げ釣りもOKでした。
こちらも、今度試しに投げてみないと・・・

大島漁港の波止から投げるつもりでいましたが、あいにく先端には
浮き釣りで2人の先客があったので、本日は勢浜で釣って、
帰りに鯉川を覗いて帰る予定に変えて、移動します。
いつものラブホ(HaguHagu)の前で夜釣りです。
さすが勢浜で、もうすぐ暗くなるというのに、沖には4隻のボートが
釣りをしています。
午後6時過ぎに第1投です。
ドラグを開けて置き竿にして、煙草に火をつけましたが
いきなりのジィ〜ィ〜ィ〜です。
爆風スランプの『RUNNER』http://youtu.be/ART7Rc-mX9c
のように、走るぅ〜♪走るぅ〜♪と、止まりません。
軽く合わせると「?スカした?いやいや、ついてるよなぁ・・・」
どうやら小さいみたい。
上がって来たのは23cmのキスでした。
『おいおい、1投目から釣れるなんて、今日はどれぐらい・・・』

そうです。
最初に書いた通り、この後、いくら投げてもアタリません。
ボクくらいの歳になると
『投げ釣りも、酒に酔った三十路女も甘くない』と知ってます。が、
今季の初めてのキスに舞い上がったボクは、午後9時過ぎまで
何度も何度も投げていました。
人口の減少、少子化問題を抱える日本ですが、
後ろのラブホは今日も満室で、帰りに覗いた隣のラブホは8割稼動。
『ボクもこれくらい萌えていれば・・・って、下ネタじゃん』

今日はこんなところで。

14051404.jpg.JPG
そろそろメジャーも買い換えなくっちゃ・・・
posted by maiduru at 01:10| Comment(10) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

そろそろ釣らんとね

シーズンに入っているのに、いまだにキスの顔を見てません。
まっ、釣行してないのも理由のひとつではありますが・・・

このところ、お昼ごろに風が強く吹くようで
月曜日は突風のような北風でしたし、火曜日も同様の天気予報でした。
以前のスポーツ紙の記事を読んで、
http://www.nikkansports.com/fishing/news/p-fs-tp0-20120601-960588.html
今年も、調子が良さそうなのを見て、久しぶりに行きたいなぁ〜と
思っていましたが、風の吹く中での釣りは面白くないので
今日は、裏庭にゴーヤを植える準備をして過ごしていましたが
予報と違って、良い天気の一日でした。
やっぱ、行かんとアカンね。

小浜湾でも釣れているようなので、明日はちょこっと昼ごろから
のんびり出かけてみようかと思っとります。
posted by maiduru at 23:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

連休も終わって

今年も楽しい黄金週間が終わりましたが、
例年同様、楽しいはずの休暇が一転して、暗い事故になる
ニュースが多くありました、
海や山のレジャーで、全国で28人も亡くなったそうです。
海でよく遊ぶ者としては、新潟での、釣り人の二次遭難が
残念でしょうがありません。
若い人の正義感が、実を結ばなかった現実は
不条理を感じずにいられません。
改めて、砂浜での、突然の大波や離岸流の怖さを認識しました。
クーラーボックスやスーパーのレジ袋などを浮き輪がわりに
するなど、なにか他に手段は無かったのかなぁ?と
水難事故に思いをめぐらしていました。
謹んで、ご冥福をお祈り致します。

余計なお世話ですが、もしもに備えて日本赤十字社の
救命処置の動画です。
http://youtu.be/qYea586_U9s

この時期になると良く見に行く、岡津の渡船屋さんのサイトでも
釣果速報に、キスの釣果が出るようになりました。
気温も上がってきたし、期待が出来そうな雰囲気です。
今季も、安全で楽しいキス釣りを満喫したいと思います。
がんばりましょう!
posted by maiduru at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

まぁ〜、こんなもん?かな

良い天気に誘われて、遅いながらもお昼前に出発。

まず最初は、岡津の遊歩道下の浜です。

14050201.jpg.JPG

いつもの大きな流木が、岸側へ移動していることを見ると
この半年のうちに、大きな波が打ち寄せるような日があったんでしょうね。
そういえば、底の状況も少し海草が少ないような・・・
先日、内浦湾へ行った帰りに、小黒飯(おぐるい)漁港を見てきましたが
たまに投げる、道路上のテトラ越えのポイントが、今年は藻が少なく
海水もキレイに澄んでいて、何年か振りに投げやすい海になっていました。
今年の若狭は、海草が少ない・・・という事は、
『ダメかも』

釣りの予測と宝くじは、当たったためしがナイので、さっそく竿をセットして
久しぶりのイシゴカイを投入。
しかし、まぁなんですなぁ〜。
ここの景色は、キス釣りをしてるぅ〜ちゅう〜気にさせてくれる
貴重な場所ですなぁ・・・
のんびりと1時間ほど過ごしましたがな。
『ふんっ!たまにはエェ〜思いをさせろ!ちゅう〜ねん。』
アタリすら無い状況に、気持ちは新ポイント開拓にシフトです。

で、来たのが

14050202.jpg.JPG
14050203.jpg.JPG

加斗と勢浜の間にある「荒木」というところです。
いつも良く行く(釣りへ)加斗のラブホの先にあります。
投げ釣り師は来ない所です。
ガードレールの切れ目に車を止めて、10mほどガケを降りますが
見た目より楽に降りれます。
対岸は、ちょうど「仏谷」あたりですね。
浜へは、途中までコンクリートの階段になってるし、その先も
緩いガケですから、アッ!
吉本新喜劇から誘いが来るような、見事なコケ方で、
スベって、ころんで、ボキッ!
ボクは、気まぐれでモノに名前をつける事があるのですが
普段使ってる振出竿のプロサーフの2本には「チャーリーワン、ツー」と
名づけていますが、
そのチャ−リーワンがボキッと逝ってしまいましたがな。
別にボキッっていっても元気になったワケでなく(なんだ下ネタじゃん)
トップガイドの下2cmくらいのところで折れてます。
一応、ツーも持ってきていますが、いまさら上に登る体力も気力も無いので
ガイド無しで投げてみると、結構投げれます。
2〜3投目に、小さなアタリが出て、
10cmくらいのガッチョをゲットォ〜!
一応は「釣果」です。
ガイドの糸絡みが怖くて、思うように投げれないし、数投して終了。
ゼイゼイ言いながらガケを登ると、喉の渇きも限界で、
行きしのコンビニで買った「ミニッツメイドのバナナ」を取り出し
(なかなかナウイでしょう!エッ?ナウイが判らない、もはや古い?・・・)
封を切ってゴクゴク・・・のつもりが、ギョエッー!ぜ、ゼリーやんか!
よけいに喉が渇きまんがな。
急いで車を出して、勢浜の国道沿いの自販機まで走りました。

そのついでに、勢浜の東側にある浜を調査。
小浜へ入るトンネルの手前を左折して、高浜ー小浜線を行きます。
青井の浜や小浜公園に通じる道で、ずっ〜っと工事中でしたが
昨年末くらいに補修工事が終わったようです。
ちなみに、途中に建設碑が立ってるのですが「真珠道路建設の碑」と
書いてありました。(ふぅ〜む・・・パールロードねぇ〜)
別荘予定地らしき造成地から浜へ降りますが、

14050205.jpg.JPG

どうも海草が多いようで、いまいち竿を出す気になれません。
早々にあきらめて、小浜新港へ行くつもりで先に進みます。
小浜公園まで来たときに、ちょぉ〜イィ場所を発見。
海沿いを走る道路の上から、新港方向へ投げれます。
海面までは5〜6mありますが、なんとか取り込みも出来そうです。
車横付け、街灯あり、トイレ、自販機近く。

14050206.jpg.JPG

昔のCMで「弱いアナタって、イヤッ!」なんていう強壮剤の宣伝を
何のことか判らないまでも『そぉ〜か、弱くちゃダメなんだぁ・・・』と
肝に銘じて生きてきて、
落合信彦からは「太った豚になるな 痩せた狼になれ」とケツを叩かれ、
それでも、今のボクは『軟弱』なのです。

えっ?釣果ですか?
楽して笑えるほど、人生、甘くはおまへんなぁ・・・。
今日はこんなところで。
posted by maiduru at 21:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする