2016年10月14日

ジモちゃんの「ジモティーリポート10.13」

金木犀の花も終わり、そろそろ木々も色づく季節となりました。

しばらく釣りから遠ざかっていましたが、ワイワイガヤガヤと大阪あたりから

賑やかに連絡が来るようになって、ボチボチと重い腰をあげて

昨日12日は、久しぶりに若狭まで走ってみました。

あくまでも釣査ということで、竿を1本持って、現地着が12時ごろでした。

ビック釣具で「青イソメ」の細いのを500円買って、まずは「須浦」から。

16101201.jpg.jpg

浜から、突堤からと1時間ばかり投げましたが「おろしポン酢」なみに

サッパリでした。

チャリコが遊んでくれただけです。

これではイカンと、常神の小川まで走って投げましたが、15分ほどで

雨が降り始め、アタリもないまま釣姫へ引き返しました。

さすが平日だけあって、投げ釣りは皆無。

イカ師が何人か入っているだけです。

浜からと、トイレ前の突堤から投げましたが「塩麹」なみにサッパリでした。

まぁ〜こんなもんかなぁ〜と、残ったエサを・・・何匹使ったんやろ?

海に返して帰宅しました。

今日になって、小浜の草の者「ジモちゃん」より密書が届きました。

『 まいどです。
  難波江の岩場で入れ食いでした。
  波が高く取り込みが大変でした。
  昨日は今ひとつだったのに、1日で変わるんですね。 』

16101301.jpg.jpg

なになに・・・釣れた話より、2日も連チャンで出かけた方に感心するワァ〜。

高浜方面が本格化すると、いよいよ若狭の番ですね。

さて、今年はどぉ〜でしょう?
posted by maiduru at 00:40| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

今季初戦です。

昨年の連休明けに
「雪は融けて、桜も散って、夏日が観測される季節になってしまいました。」と
書いていましたが、今年も同様に、ようやく冬眠から覚めました。
あちらこちらでキスの釣れた記事を見かけるようになって、そろそろかなぁ〜?
と思っていたら、昨夜、若狭おおい町の姉から電話があって、
話の中で『明日は田植えをする』と聞いたので、
「お手伝いしましょうかニャァ〜」と、はなから昼飯目当てのネコの手を申し出ると
朝10時ごろに苗を持って来るらしい農協に合わせて行くことにした。
電話を切って、せっかくおおい町まで行くなら、帰りに釣りでもするかな・・・と、
半年振りの釣行準備ですが、
たぶん昼過ぎには用事も終わると思うし、仕掛けは市販で済ませる事にした。
「米」と言う字は、お百姓さんが八十八の手間をかけて作られた事に由来しますが、
現代では、田植えでさえも機械で4〜5時間あれば一人でも出来るし、
お米の一粒、一粒の価値は下がってるかもしれませんね。

8時半過ぎに家を出て、黒鯛釣具へ。
店長さんから「ようやくポツポツとキスが出てるようですねぇ〜」と言われたが、
今季、初出漁のボクは「そうみたいですねぇ・・・」としか答えようがナイ。
9時半ごろ姉の家に行くと、姪の旦那達も来ていて、結構な人数です。
地元の人と結婚してるので、つなぎを着て長靴と、本格派がそろってます。
「ネコの手」としては肩身も狭いし、今日はお手伝いを中止して釣りに行くことに。
で、昨夜調べた「岡津」へ向かいました。
如渡船(ゆきとせん)のホームページの釣果には24〜5cmも出てるようだし
若狭のヌシ・タムさんも好調のようで、期待がもてます。

10時過ぎに着いて、自転車道をテクテク歩いて行くと、目的の浜あたりから
なにやら人の騒ぐ声。
「?」と覗いてみると
16050801.jpg.JPG
『アチャ〜!』どうやら浜でBBQをしてるらしくタープやテントが見えます。
すぐ沖にはボートが2艘もアンカーを打っていて、釣りにならない様子です。
せっかくの初出漁なのに騒がしい所で竿を出したくないと思い、来た道を戻ります。
車に戻って、さぁ〜てどうしようかな・・・と考えていると、
やってきた車が、すぐ後ろにビタ付けして、中から麦わら帽子にマスクをした
地元住民らしき人が降りてきて、なにやら準備しています。
『ん〜?こんな時期から農薬でも散布するのかなぁ?』
さらにバックミラー越しに見ていると、どうやら釣り人のようです。
『まてよ?あの信楽風の体形と麦わら帽子といえば・・・』
車から降りて近寄ると、タムさんでした。
去年はシーズン中、ニアミスはあっても、一度も釣り場で出会わなかったのに、
今季はしょっぱなから遭遇です。
昔の「投げ釣りは気合じゃー!」は見る影もなく、今や「食」に走る地元おいやんに
変貌していますが、中国からの黄砂を予防して二重マスクをしてまでも釣りをする
根性と執念には感服します。
しかし、マスクを2枚って・・・マラソンの高地練習ちゃうんやから息苦しいでしょう?
久しぶりに直に会って、いろいろお話が出来て楽しい時間でした。

ホントは家に帰るつもりが半分以上でしたが、タムさんに会って飛び火したようで
加斗から荒木を周る事にしました。
加斗は、相変わらずボート釣り師がたくさん来ていますが、地方からは海藻が多くて
釣りにならないようです。
16050802.jpg.JPG
荒木のラブホ前の護岸で竿を出しますが、アタリさえありません。
16050803.jpg.JPG
沖のボート釣りも、あちこち移動を繰り返しているので、キスはいないのかも?
心は充分折れていましたが、最後に「青戸大橋の下・犬見崎」へ。
「もぅ〜止めてぇ〜」悲鳴を上げる膝を叱咤激励しながら20mほど降りると
昔に良い思いをしたワンドになった所へ・・・
16050804.jpg.JPG
『あれ?居ないじゃん』
それなら潮が動く橋の橋脚部分へ・・・
『れれ?なんで』
それなら海藻のキツイ、磯からなら・・・
『りゃれろれ・・・』もはや舌もろれつが回らない状態で終了です。
「そやからアカンちゅ〜たのに、エェ〜思いなんて昔の夢じゃ!」怒る膝を
なんとか誤魔化しながら、やっと車に戻りましたが、もうこれ以上の気力が
沸いてきません。
残ったエサを海に返して、本日終了でした。

もうひと眠りしようかなぁ・・・。


posted by maiduru at 23:33| 京都 | Comment(5) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

新年

新しい年が明けました。

良い年になることを願っております。



おぅおぅ〜!新年から誰に断って挨拶しとんじゃぁ〜!

yakuza.jpg.jpg

って、これは「いんねん」かぁ・・・
posted by maiduru at 00:23| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする