2015年11月14日

つ、疲れたぁ〜

2016年シーズンから、阪神タイガースの指揮を取る『金本友憲(かねもと ともあき)』の

引退会見でのコメントですが、金本さんにとって野球とは?と聞かれ


「人生そのものです。10歳の時から始めて7割8割がしんどい事で、

 2割3割の喜びというか充実感しかなかった。

 少しの2割3割をずっと追い続けて7割8割が苦しいという、そんな野球人生でした。」

まぁ、これはプロ選手の、しかも一流と言われるほどの選手の言葉ですが、

趣味で、しかも「なんちゃってぇ〜」で、投げ釣りをしてるボクにしてみれば

7割も8割もシンドイ努力なんてするぐらいなら、投げ釣りなんて止めてます。

「2割の努力に8割の楽しみ」が理想かな・・・



大阪のキーヤンが、12日に京丹後市まで仕事で行くので、13日は休みを取って

落ちギスを狙いに来るというので、それなら12日はウチに泊まって

翌朝から釣りへ行こうという話しになりました。

キーヤンとは15年ほど前に、和歌山の天神崎へ夜釣りへ出かけて以来、

島根半島一周や高知の大月町、隠岐、五島列島など一緒に釣行する機会は多いのですが

なぜか「良く釣れた」という記憶がありません。

まぁ、これに関してはキーヤンも同じ事を思ってるかも知れませんが・・・

13日の早朝から・・・のつもりでしたが、前夜に少し多めにお酒を飲んだ事もあって、

8時ごろに家を出発。

12日の田烏湾の釣果は、ヒコボシさんから、電話で聞いてますが、

本日は、小浜の釣姫でジモちゃんが釣りを始めているし、

由良川の周辺では、トトさんが釣っていて

その釣果がメールで入ってきます。

釣姫は釣れてませんが、由良はポツポツ釣れてるようです。

黒鯛釣具でエサを買って、キーヤンと相談した結果、

まずは難波江の遊歩道へ行ってみる事にしました。

少々高めの波が寄せて来ますが、なかなかイイ雰囲気です。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

シーズンの終盤に強い「三松」へ。

投げやすい突堤には先客が居たので、浜から狙います。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

波気がある時には、テトラの内側で釣れる「東三松」へ。

広い釣り場なので、東西に分かれて入ります。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

2年前には良く釣れた「高浜の若宮」へ。

15111301.jpg.jpg

適度に海は荒れて、なかなかイイ雰囲気です。が、

いつも釣りをしている、地元のおっちゃんが居ません。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

帰り際に、ガシラ釣りをしていたおっちゃんが声をかけてきましたが、

お「キスかぁ〜?今年は釣れてナイでぇ〜」とか。

ジモちゃんからは、釣姫をあきらめて須浦へ周ったけど、やっぱりアキマセンと

リポートは入ってましたが、ここまで来たら釣姫まで行こうという事になり

小浜へ向けて出発しましたが、途中で『そういえば、夏に尺ギスの出た

和田という手もあったなぁ・・・』と思い、行き先を変更して和田へ。

港内の突堤が空いていたので、大波止の航路筋へ投げます。

ここで、ようやく!本日初めての魚信が来ました。

小さいけど、プルプルと引きました。

が、ガッチョですがな。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

由良で釣りをしてるトトさんが、26マデですが、数を釣ってるという事で、

同じ外洋に面してる、舞鶴の野原か小橋、田井あたりはどうだろう?かと考え、

それなら尺は期待出来ないけど、確実に釣れる「瀬崎」へ行く事にしました。

いつもの石積みの波止が、先端に波が当たって入れません。

安全第一で、中間部から岸向きに投げます。

ウヒャヒャハハ〜!入れ喰いですがなぁ〜!

10cm前後のキスが食いついてきます。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次、行ってみよう!

ここまで来たら、小橋じゃ〜!という事で・・・

このブログを始めて、最初に記事にした「小橋・竜宮の浜」へ。

時刻は、すでに午後4時を回ってます。

駐車料金を徴収していたおっちゃんが

「今日は時間も遅いし、料金は要らんわ」と、恩着せがましく言われながらも

向かいに見える大波止の白灯台方向へ投げます。

小さいキスが1匹のみ。

30分ほど粘りましたが・・・まぁ〜こんなもんでしょう。次・・・

って、もぅ〜あきましぇ〜ん。

さすがにギブアップです。



ボクの努力メーターの針は、すでに3割を越してます。

今季は落ちギスの群れを見つけられないかも・・・

帰宅後、キーヤンからメールが入りました。

『今年はもうアカンやろか!?
 
 いやいや、もう一度くらいはチャレンジしたいと思います。

 よろしく〜!』

って、ワシ、フィリピンあたりへでも移住しようかなぁ・・・



posted by maiduru at 14:36| 京都 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

もう、慣れました。

『ある村の小さな港の怨念』

 市街地をずいぶんと走り、幹線道路から奥へ引き込むような形で

 ひっそりとある村の、浜辺にある小さな突堤で釣りをしていると

 気づかないうちに、すぐ後ろに、ひっそりと老人が立っているのに

 驚かされたが、さらに老人が海を指差してつぶやいた・・・

 「この辺りにはなぁ・・・大きなキスがおんねん・・・」

って、ちょぉ〜しこいた事ぬかしてんじゃねぇ〜よ!(ボカスカッ!)

何べん来ても、釣れんっちゅ〜ねん!えぇ〜かげんにせぇ〜よボケッ!

しまいにはなぁ・・・な、泣くぞぉ〜。


ちゅ〜ワケで、イセエビさん、ジャコさんを迎えての本日のイベント

「みんなで楽しく釣ろう!ベラとガッチョの会」は無事終了しました。

画像?

そんなモン、撮るような値打ちも無かったワイ。

家からの行きしなに高浜・若宮を探りましたが、ここもハズレ。

昨日から朝の冷え込みが強いので、ちょっと期待して須浦へ到着したのは

午前9時ごろ。

先行の二人の釣果を聞いて、今日はあきらめました。

キスが2〜3匹で、20アップは1匹だけとの事。

落ちギスを探しに、食見の遊歩道をテクテクと歩きましたが

根掛かり多発で、心折れました。

釣姫に寄って、最後はボクにしては珍しく砂浜で竿を出しましたが

タコが釣れただけ。

 

落ちギスの魔術師としては、いよいよ奥の手・・・魔法の出番です。

ハリーも通ったホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書によれば・・・なになに、

以下のモノを大鍋に煮込み・・・ふむふむ、

イモリの黒焼き粉末に、ヒキガエルの目玉・・・とな。

近畿の北のはずれとはいえ、舞鶴も文明国家・日本の一部です。

そんな材料があるはずもなく、しかたなく、

井森美幸の写真を焦がして、古くなった上下そろいのスエットで

「シタガエル寸」の毛玉を取って・・・

って、そんなんで釣れるワケないし。


これは、ホンマに、いよいよ

今季「若狭湾落ちギス収束宣言」となるか?
posted by maiduru at 23:35| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

密偵通信その2

3日(火)

ジモちゃんが、朝一番で釣姫へ寄ったそうですが、釣り人も少なく

釣れてないようでした。

151102jimo.jpg.jpg

いよいよ「神頼み」か・・・
posted by maiduru at 15:12| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする