2015年11月02日

密偵通信その1

小浜の草の者、ジモちゃんから密書が届きました。

『 昨日、東三松で朝、ポロポロ釣れました。

  最大で21cmです。

  若宮、城山はサッパリでした。』

151101jimo.jpg.jpg

三松にキスが入って来ると、落ちギスも盛期なんですがねぇ〜。

難波江に入ってたキスの一部かな?

舞鶴では、昨夜からシトシト降っていた雨も、午後からは曇り空でした。

ちょっと冷え込んでましたから、海況も変わるかな?
posted by maiduru at 19:11| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクランブル

その昔、「日本プロレス」において、今から思うと夢のタッグ、猪木、馬場の

タッグチームが「インターナショナル・タッグ王座」を獲得し、その当時

大人気だった巨人の「0N砲」にちなんで「BI砲」として活躍していた。

残念ながらブッチャー&ジェト・シンという、こちらも人気タッグとの

一戦を最後に、二人が同じリンクに立つことは無かった。

アナ「おぉ〜っと!タイガー・ジェット・シンのサーベルが猪木の額をめがけ

   振り下ろされます。あぶないっ!これは強烈だぁ〜、猪木、ピィ〜ンチ!

   どぉーする、さぁ〜出るのか?馬場、出るのかぁー!」

って、自分で実況しながらトイレへ駆け込むヤツがいましたが、

確かに、ここ一番のピンチには頼りになるヤツの登場が待たれます。

そして、この落ちギスシーズンの最悪の状況のなか、ボクにとっての

ジャイアント馬場なのが「ダイワ・チョイズム18−295」です。

古くなった竿ですが、今まで、数々の大物を仕留めてきた頼りになるヤツです。

アナ「おぉ〜っと、何度行っても釣れない落ちギスに、このままシーズンは

   終わってしまうのか?もう今日からは11月で、落ちギスもピィ〜ンチ!

   どぉ〜する、さァ〜出るのかぁ・・・」


15110101.jpg.JPG

久しぶりに秋らしい柔らかい陽射しに包まれて、用事のついでに寄った

コンビニでホットコーヒーを買って、車でノンビリ飲んでいるところに

イセエビさんから携帯がかかって来た。

A「3日は天気が悪そうだし、4日にジャコさんと行きますわ。」でした。

前回予定の釣行が流れて、大物師の「じゃこごうこ」さんだけに、

落ちギスは来ないと思ってましたが。http://blogs.yahoo.co.jp/yashoo00367

こ「この時期の天気予報は、あまりアテにならないし、なにより肝心の

  落ちの群れが判らんでぇ〜。」

先週の木曜日以来、若狭の落ち情報は不振を極めています。

ただいまの時刻は午後1時過ぎで、帰って用意を済ませたら2時になるなぁ〜。

ん〜・・・・。

永ちゃんが言うんですよねぇ〜「やっちゃえ」って。

で、3時に釣姫に到着しました。

投げ釣り師は・・・誰も居ません。

今年は駐車場のおっちゃんが居ないので、情報を聞くことが出来ず、

自分で実釣するしかありません。
      
まず港内から、期待の頼りになるチョイズムで攻めてみます。

1棟、2等、3党・・・ミニガッチョだけ。

おいおい、ハズレ竿になりさがってしまったのか?

嫌な雰囲気ですね。

この後、車に戻り竿を替えて、小突堤〜浜〜遊歩道〜岩場と、

今日もフルコースでフルボッコでした。

駐車場の横の山では、エサを求めて降りてきたサル達が騒いでます。

15110102.jpg.JPG

そろそろ冬支度なんでしょうかね。


4時前に須浦へ行きましたが、突堤の上にはイカ釣りのファミリーが

2組も居て投げれませんので、しかたなく浜から竿を出します。

15110103.jpg.JPG

最近は投げてなかった磯場の方まで、広く探りましたがあたりません。

海水は澄んでいて、心なしか、今までより根掛かりが少なく感じました。

上がってくる海草も、青いのと茶色いのと半々くらいですね。

結局、5時近くになって、だんだん薄暗くなってきても波止が空かないので

本日の調査は終了でした。

それにしてもなぁ〜。どぉ〜なってるんやろ?

田烏湾にキスの群れは入って来ないのやろか?
posted by maiduru at 00:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

中止です。

「若狭落ちギスツアー」の最終下見に行って来ました。

まぁ、結論から書くと『中止』ですわ。

明日も今日と同じ条件での釣りになるし、天候も良くありません。

一日で状況が、いっぺんするとは思えないし・・・

ん・・・いっぺんする?と言われてもなぁ〜。

まぁ、興味は無くは無いのだけれど、でもねぇ・・・

普通の生活にもどれんかったら・・・って、えぇー!

「一変」ですかぁ〜、なるほど・・・。



月曜日に下見して、なんとかキスの顔を見てるので、本日は余裕で

朝9時に家を出ました。

キスの活性を見るだけで良いし、エサは黒鯛釣具に寄ってイシゴカイを

500円だけ買って出発です。

普段はいい加減なボクですが、釣りに関しては慎重な方で、

念のため、先日から釣れていた「難波江海水浴場」へ行きました。

21日に来たときは、浜には一杯の釣り人でしたが、今日は一人だけ。

15102901.jpg.JPG

駐車場のおっちゃんも、小屋を閉めて居ません。

さっそく釣果を教えてもらいに行きました。

こ「おはようございます。どうですか?釣れてますか・・・」

釣「アカンねぇ〜。フグばっかしで、たまに小さいのが来るだけやわ。」

どうやら、この場所には寄ってないようです。

お礼を言って、難波海岸の方へ移動しました。

15102902.jpg.JPG

サーファーだらけです。

沖を狙うので、遊歩道へ降りて、岩場の陰から釣ります。

15102903.jpg.JPG

何度投げても、まるで北斗神拳の伝承者ケンシロウに殴りかかるザコのように、

まったくアタリません。

こうなれば、奥義の北斗百裂拳を出すしかありません。

投げては回収するの高速回転です。

アタタタタタタタタ・・・

腰に来ました。

不安定な岩場の上で繰り返し投げてたらねぇ・・・歳だし。

まぁ、次があるし、ほどほどにして移動します。

一昨年に良かった「高浜・若宮海岸」です。

15102904.jpg.JPG

風向きが良かったのか、思ったほど波がありません。

砂浜から石積みの波止まで、じっくり探りますが、キスが居ません。

『ふん、まぁ〜えぇ〜ワイ。田烏湾があるし。』まだまだ余裕のヨッちゃん。

次、行ってみよう!

と、12時前に着いたのが「田烏」です。

な、なんや?雨が降ってきました。

今日の天気予報では、風が強いものの雨は降らない、となっていたのに。

車の中から様子を見ますが、止みそうにありません。

15102905.jpg.JPG

雨の中、車から遠く離れて釣りをするのもイヤだったので、田烏の大波止は

パスすることにしました。

15102906.jpg.JPG

今年の落ちが遅れている釣姫に移動しましたが、このところの荒れた海の

影響なのか、切れ藻が大量に打ち上げられています。

濁りも思ったほど無いし、なんか、釣れそうな雰囲気でした。

若狭のヌシさんの格言「釣姫は午後1時の尺タイム」に期待して

岩場〜遊歩道〜浜〜小突堤〜港内と、久しぶりに釣姫のフルコースを

頂きました。

もう、パンパンです、足が。

ここでやっと「ヤバイよ、ヤバイよ。」の心です。

いよいよ、最終決戦の場「須浦」へ移動です。

シトシト降る雨の中、車を置いて駐車料金を払いに行くと、

いつものおじさんが「この雨の中でも行くんかねぇ?」と声をかけて来ました。

「ウン、ボク、雨が好きやねん」って、もしボクが男なら抱きしめてやりたい

ようなセリフをグッとこらえて、ニコニコ笑って500円を払いました。

アレッ?もしボクが男なら・・・?なんか表現がオカシイけど、まっいいか。

波止には先着の釣り人が居たので、浜からスタートします。

ヒュ〜ン、キリキリ、ゴキッ。

何度、根掛かりしたでしょう。

そのうち、釣れないのか波止が空いたので、さっそく移動です。

今日は「須浦対策バージョン」の短い仕掛けを用意してきています。

普段より50cm短寸です。

ヒャハハ〜、これを投げてゴンってアタったら「タンスンにゴン」って。

おやじモード全開です。

セロリは嫌いですが、ここはセオリー通り、船の係留付近を攻めます。

続いてオレンジブイの周り。

沖の航路筋。

あれ?どうしたんやろ・・・落ちギスの魔術師と言われたボクが・・・

って、誰も呼ばないが、魔術師だけにオチはないけどネタはある。

って、なんのこっちゃ。

まったくアタリません。

ミニカワハギにミニチャリコくらいです。

こりゃ〜アキまへん。

明日の「落ちギスツアー」は天候も悪いし、中止を勧める方が良さそうです。

コリヤ〜あかん、だけに中止韓国(勧告)ですなぁ〜。(これはヒドイ:本人)

車に戻ると、若狭のヌシさんから携帯が入ってました。

火曜日に釣行した際の状況から、今日は釣れてると予想していたそうです。

いやはや、残念な結果で・・・いやいや、これで終わるワケにはイカンし。

最後の気力を振り絞って、再度、釣姫に戻ってチャレンジです。

午後4時。

寒いぃ〜。冷たいぃ〜。あかんもんはアカンねん。と、つぶやくボクでした。



「なんでやねん!オレのどこが悪いねん〜。なっ、そんなこと言わんと・・・」

おねぇ〜ちゃんとの「切れ」も悪いし、お○っこの「切れ」も悪いボクは、

(ん?歳?)4時過ぎに、以前に地元の漁師さんから聞いた阿納に居ました。

15102908.jpg.JPG

なんでも、港内の川の流れ込みに落ちギスが群れている事があるそうな。

15102907.jpg.JPG

気力は、さっき振り絞ったので、後は切れの悪さだけで投げましたが、

やっぱアキマへん。

いつしか雨も止み、すこしだけ夕焼けがキレイでした。

な、泣くもんか・・・。


posted by maiduru at 23:49| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする